ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

多趣味・やってみたブログ

ルミノックスの時計を格安で買う方法

投稿日:2012年8月26日 更新日:

時計はスイス発祥のブランドがかなり多いですが1989年にルミノックスはアメリカにて創業しました。

ルミノックスはラテン語で「明るい夜」という意味で、アメリカ海軍Navy SEAL部隊などにも正式採用されている本格的なミリタリーウォッチの製造メーカーです。

ルミノックスの時計の特徴は何と言ってもルミナイトシステムではないでしょうか。

これは時計の文字盤や針に内蔵されているカプセルで通常の発光型腕時計と比較して100倍の光度を、昼夜を問わず25年以上も持続させることができます。

蓄光型の夜行性塗料とは根本的にことなります。

このカプセルの中にはトリチウムという放射性物質が入っておりこれが発光します。

国によってはこのトリチウムの規制がない国があるので一部トリチウムの表記(T25)が時計の文字盤に書かれていない物もあると聞いたことがあります。

 

格安で買うには?

通常、日本国内で買うとネイビーシールズモデルですと35,000円前後で販売しているところが多いです。

なぜこの金額かというと日本にあるルミノックス正規販売店が価格統制しているからです。

もっと安く買う方法があります。

それはヤフーオークションやアメリカのe-bayというオークションサイトで仕入れるという方法です。

ヤフーオークションで購入すると、ルミノックスネイビーシールズモデルだと現在の円高の効果もあいまって14,000円前後が落札の相場になっています。

e-bayだと140ドル前後が落札の相場なので日本円にして約12,000円くらいで購入できます。

ただその後の配送費の事や相手との連絡のやりとりの手間を考えるとヤフーのほうが最初の敷居が低くて便利かもしれません。

海外から仕入れたルミノックスは1つ注意する点があります。

それは日本の正規代理店を通さないで売っているため日本国内での保証を受けられないという点にあります。

時計の電池がなくなった場合の交換のサービスが受けられない。

ルミナイトが10年以内に発光しなくなってしまった場合など万が一のときのリスクがあります。

並行輸入がいいか正規店での購入かは一長一短があるのでよく検討してから購入して
ください。

次回は電池交換の方法を紹介しようと思います。
(並行輸入で買うと電池交換やってもらえないため・・・)

広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-多趣味・やってみたブログ
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.