ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

ロードバイク&マウンテンバイク

ルイガノキャスパーにMAXXIS デトネーターを装着してみた。

投稿日:2010年5月23日 更新日:

LOUIS GARNEAU CASPER にMAXXIS デトネーターを装着してみた。

先日、私の愛車LOUIS GARNEAU CASPERにマキシス デトネイターを装着してみたので乗り心地を報告します。

マウンテンバイクのタイヤをスリックタイヤに変えてみたいと思っている方に参考になればと思います。

タイヤを変えようと思ったきっかけは、ブロックタイヤだとスピードが出ないのと、坂道を登る際に楽をしたいと思ったからです。

タイヤを変えることによってMTBをクロスバイクにすることはできますが、クロスバイクをマウンテンバイクにすることはできないのでMTBを買った自分の選択は良かったなと実感しています。

今回取り付けてみたタイヤは

 

MAXXIS DETONATORです。

P1000197.jpg

普通のタイプとFOLDABLE(フォルダブル)の2種類ありますが私は、勉強不足だったため通常の方を購入しました。

ちなみにフォルダブルの方が値段が若干高めですがタイヤの重量が軽いという特徴があるのでフォルダブルの方を装着することをオススメします。

 

ただ、パンクしにくいのは一般的に通常のデトネイターの方らしいです。
太さは1.2にしようか迷いましたがパンクするリスクを考え1.5の方を選択しました。

タイヤサイズを26×1.5にするには、今はいているタイヤ(マキシス LARSEN TT)が26×2.0のため、タイヤチューブを交換する必要があります。

こちらもMAXXISのウルトラライトチューブという軽い物があるので併せて変えてみました。

 

P1000202.jpg

IMG_0072.jpg

IMG_0071.jpg

タイヤが小さくなってフレームとのバランスが悪くなってしまわないか心配でしたが、いい感じに仕上がったと思います。

肝心な乗り心地の方ですが『少し硬い』感じになります。

ロードバイクやクロスバイクはフレームをやわらかい素材で作り『しなり』を利用して衝撃を吸収したり
スピードに変えていきます。

それに対してMTBはフレームを硬い素材で作ることにより荒地での剛性を高めて作ってあるため、スリックタイヤ交換後に少し段差のあるような場所を乗り超える場合にはっきりと違いを感じます。

巡航速度は格段に速くなります。

人にもよりますがマウンテンバイクだと通常、平均時速15~20㎞ぐらいですが26×1.5に変えたところ
平均時速は20~25㎞になりました。

広告




広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-ロードバイク&マウンテンバイク
-, ,

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.