"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

ロードバイク&マウンテンバイク

ルイガノ LGS-XC キャスパー

投稿日:2010年4月24日 更新日:

ルイガノ LGS-XC CASPER

LOUIS GARNEAU[ルイガノ]のマウンテンバイク
[LGS-XC CASPER (キャスパー )]

P1000200.jpg
b8b7090b.jpg

2009年の4月にもらった定額給付金で購入して、はや1年経ちました。

今回、1年乗ってみての感想を今回書きます。

 

キャスパーを買おうかキャスパープロにしようか迷いましたが予算の都合でキャスパーの方に決定。

安定したスペックを持ちバランスが良いバイクで本当にお勧めできます。

ルイガノキャスパーは5万円~6万円台で購入できマウンテンバイクのエントリーモデルとして人気があります。

購入にあたり当初はホームセンターなどで売られている2万円~3万円台の安くてカッコいいマウンテンバイクを予算の都合で検討していました。

しかし、よく調べてみるとサドルの下のフレームの部分に

≪荒地での走行は故障の原因になるのでお控え下さい≫

というステッカーを発見。

他のマウンテンバイクも見てみたところホームセンターで売られているマウンテンバイクには同様なステッカーが貼られているものが大半。

マウンテンバイクは荒地を走るために作られているのに
なぜ?と矛盾を感じました。

ホームセンターなどで売られているマウンテンバイクはルック車(見た目だけのマウンテンバイク)と言わざるをえません。

私は街乗りの他にも休日は山に出かけて森林の中をマウンテンバイクで駆け抜けてみたいとかダウンヒルにもいつか挑戦してみたいという願望があります。

その後、ネットなどでよく調べた結果キャスパーの方に決定しましたが大満足!

オシャレなカラーで街では人に注目されている感があります。

またフレームもしっかりしているので街中の多少の段差はストレスなく乗り越えられ、さらには山での使用も大丈夫でした。

ルイガノのマウンテンバイクにはキャスパーの1ランク下にLGS-FIVEという車種もありますがこちらも悪くありませんが街乗り専用という感じがします。

予算に余裕がある方は当然、

CASPER PRO・・・キャスパーにディスクブレーキを搭載したモデル。

キャスパープロとキャスパーの違いはこちらを
チェックして下さい。



2010予約特典付【ルイガノ】(LGS-XC-CASPER-PRO) マウンテンバイク 450mm ブルー

BART PRO ・・・キャスパーの1ランク上のモデル。使っている部品がキャスパーよりいい物使ってます。


2010予約特典付【ルイガノ】(LGS-XC-BART-PRO) マウンテンバイク 450mm ホワイト

の方をオススメします。

キャスパーはシマノALIVIOを使用し変速精度が非常に良く、トラブルの少ない安定した
パフォーマンスを発揮します。

フロントサスペンションにロックアウト機能を追加。


街乗りやツーリング用途でフロントサスペンションの動きが邪魔になる際に、動きをロックすることが出来ます。

一つだけつらいのはブロックタイヤのため舗装路の上だとなかなか前に進まないので体力をかなり使います。

ポジティブに考えれば、いい運動しているなと感じますが長距離のツーリングの際はクロスバイクにしておけばよかったかなと時々思うことがあります。

P1000202.jpg

P1000201.jpg

しかし、未舗装路の上はこのブロックタイヤの真価がかなり発揮されます。

先日、静岡県富士宮のふもっとっぱらにも行きましたが
ダウンヒルも難なくこなせました。

2010予約特典付【ルイガノ】(LGS-XC-CASPER) マウンテンバイク 550mm ブラック

2010予約特典付【ルイガノ】(LGS-XC-CASPER) マウンテンバイク 550mm ブラック

  • 出版社/メーカー: アキコーポレーション
  • メディア: その他

タイヤを変えることによってMTBをクロスバイクにすることはできます。

しかし、クロスバイクをマウンテンバイクにすることはできないので、やっぱりMTBを買って良かったなと実感しています。

広告




広告




広告

-ロードバイク&マウンテンバイク
-, ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.