"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

ミニセグウェイ

ミニセグウェイを買ってみた レビュー①

投稿日:2015年8月10日 更新日:

先日のニュースでレクサスが 映画『バックトゥザフューチャー』に登場したホバーボードを開発したというニュースがありました。


00-top_m.jpg

このホバーボードは超電導の技術を応用したスケートボードのような乗り物です。

レクサスが初開発のように報道されている感がありますが実際のところは米国の企業など様々な企業が同様の原理で開発されているようです。

このホバーボードは超電導の原理を使うためリニアモーターカーのようにレールがないと実際は走行することができないようです。

現在、開発段階のため今後の改良でレールなしで走れることに期待したいところです。

ホバーボードが開発されるよりずっと前にセグウェイという乗り物が話題になりました。

小泉総理大臣が在任中にセグウェイに乗ってPRなどされていましたが販売価格が90万円と高額、また日本の道路交通法で行動を走行することができないため日本ではいまいち普及しておりません。

(セグウェイは米国発祥ですがオーナーがセグウェイに乗って事故死したり中国企業に買収されたりと不運な状況になっています。)

ちなみに2015年7月に道路交通法が改正されセグウェイが乗れるようになりました。

しかし、以下の条件付です。

・走行時には最寄りの警察署に道路使用許可を取らなければならない。
・走行時には交通警備員を配置しなければならない。

こんな条件で誰が好き好んで乗る人がいるのだろうかと疑問に感じます。
本当に規制緩和をして解禁する意思があるかと・・・

セグウェイやホバーボードを町で乗れるようになれば体の弱った高齢者や障害者の手助けになるはず。

一方でセグウェイが売れることで自動車やバイクが売れなくなるので自動車、二輪メーカーが今後も利権を維持すべく、あえてややこしい規制を作っているのは事実としかいいようがありません。

中国ではフルアシスト電動自転車がそこらじゅうに走り回っており、アメリカ、韓国では電動スケートボードが一部の州で解禁され始めるなどミニセグウェイを始めとするパーソナルモビリティは世界各国で普及の傾向にあるのに日本はまだ原付きレベル。

日本は電気産業が凋落しつつあり、最後の砦の自動車産業にあぐらをかいている状態ですが本当にこのままでいいのでしょうか?

道路交通法でセグウェイが禁止されているためレクサスが開発したホバーボードが果たして日本の道路を走行することができるのかかなり疑問で滑稽に思えます。

前置きが長くなりましたが私の今ほしいものはこちら!

ミニセグウェイです。

セグウェイというと大きいタイヤにハンドルというイメージがありますがこれはコンパクトで重量は10KG程度とのことです。

この商品が気になる方は、ミニセグウェイ、電動スクーター、ホバーボード、セルフバランスホイール、ユニサイクルホイールなどで検索(英語含む)するとたくさんの情報が出てきます。

 

中国企業が商品を出しているようで日本でも5万円台で買うことができるようです。

日本ではまた乗っている人がほとんどいなく、報道もされないため。これを見た時の衝撃は相当なものでした。

逆に言えば先行者利益で日本法人を立ち上げて早期に独占契約をすればビジネスになるかもですが道交法が改正されない限りまだまだ普及は厳しいです。

現在、公園や私有地内でしか乗ることができませんが誰よりもいち早く未来を感じたいのであるルートでポチってしまいました。

後日、搭乗レポートをしますので乞うご期待!

追伸

今回、中国企業からこのような魅力的な商品を開発され非常に残念です。

そんななかでレクサスがホバーボードを開発したことはチャレンジングで評価したいのですが、この現象は日本企業がiPhoneを開発できなかったことに匹敵するのではないでしょうか?

現在、日本の電機メーカーは新興企業にとって代わられ、以前のような勢いは皆無でどちらかというと守りと堅実な経営姿勢を貫いているかのように思えます。

自動車産業や一部の部品メーカーのみが現在、景気好調ですが言い換えればこれらの業界が日本企業最後の砦といっても過言ではありません。

自動運転技術もしかりですが、道路交通法の関係で米国のグーグルやアップルに開発の遅れをとっているのが現状です。

日本政府には利権がらみのくだらない道交法を見直していただき各メーカーからはぜひチャレンジングなプロダクトを開発していただきたいと切実に祈るばかりです。



購入後のレビューをこちらのブログにアップしたのでチェックして下さい。

ミニセグウェイを買ってみた レビュー ②

広告




広告




広告

-ミニセグウェイ
-, ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.