"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Amazon端末 サービスレビュー

MacBook Proを使って電子書籍を初めて作成!アマゾンKindleストアで販売してみた。

更新日:

広告

私は普段営業の仕事をしています。

この度アマゾンにてKindle向けの電子書籍『口ベタ営業マンのための20のアプリ』を出版いたしました。

電子書籍の執筆は実は今回が初めてでして、取り掛かりから完成まで約1年の時間かけて執筆した大作となっております。

この本は電子書籍となっておりAmazon Kindleで読むことができますが、Kindleを持っていない方はAndroidまたはiOSのアプリストアでKindleアプリを入手すれば読むことができます。

皆様ぜひ買って下さい。



制作工程の紹介

この電子書籍を出版するにあたり機材はMacBook Proで作成しました。

原稿を作る段階ではiPad miniを使い仕事中にエバーノートで文章を考え記事をまとめる際にはアップル謹製のPagesというアプリを使用。

最終段階でePub形式に変換して出版とツールやアプリを多岐にわたり使用し完成させました。

一つ残念だったのはpagesのepub変換がひどく変換後の修正作業を行うなど手間が二重三重とかかりました。

ウィンドウズで電子書籍を制作する場合ワープロソフトの『一太郎』を使用するといいです。

今回製作にあたり最も苦労したことは本を書くという内容よりも電子書籍の表示方法を計算して改行の位置の調整、ページのボリュームをどこまで増やすか非常に頭を使いました。

タブレットで電子書籍を読む際に縦画面で見るか横画面で見るかによってページの表示の仕方が変わってくるところが一番難しいところでした。

ジャストシステムの『一太郎』を使用すれば縦画面や横画面にした時にどのように表示されるか確認しながら本を書くことができるため最終校正が非常に楽になるようです。

残念ながらマックユーザーなので試すことができませんがMacを使って電子書籍を作成する際にこれを使ったら便利だよというものがあれば誰か教えてください。


広告




広告




広告

スポンサードリンク

-Amazon端末 サービスレビュー
-,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.