ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

ミニセグウェイ

ミニセグウェイを買ってみた レビュー ②

投稿日:2015年8月21日 更新日:

2015年7月に道路交通法が改正され公道でもセグウェイが乗れるようになりました。

ただし

・道路使用許可をとらなくてはならない

・交通誘導員を配置しなければならない

などの制約がありまだまだ普及には程遠いようです。

以前、こちらの記事でミニセグウェイの話題を取り上げました。

このミニセグウェイはハンドルがなく、約10㎏と非常にコンパクトで軽量なため自動車のトランクに乗せて持ち運ぶことができます。

 

 

 

 

Racooda , kintone, yeezy walk セルフバランススクーターなどいろいろな名前で同様の商品が売っているようですが楽天かアマゾンどちらで購入しようか非常に迷いました。

楽天で買うと1年保証が付いているようで価格も安価でオススメです。

最高速度は約10km出るということでとても欲しくなりあるところから仕入れてみました。

8/16に我が家に届き、じつは夜な夜な空き地で練習しています。

開封するとこのような内容の物が入っていました。


84d69519.jpg

ちゃんと日本で使用できるプラグと変圧器が入っています。

取説はろくに読まずにレッツチャレンジ。


10df11d0.jpg

写真を取るのが面倒なため画像を拾ってきて貼り付けています。

乗るのって難しくないの?

最初は乗るのが難しくミニセグウェイが暴れてしまう感じです。

足を水平もしくはつま先を上げるような感じにして片足からボードに載せていきます。

両足が乗ったら安定するまでひたすら慣れるのみ。

自分の両サイドにイスやテーブルなど置きつかまるような形で身体をささえてバランスを取っていくのがコツです。

約5分後には何となく操作をマスターできるくらい簡単に乗れます。

乗ってみての感想は『予想以上にスピードがでる』ということです。

最高時速が時速10kmとのことですが体感時速はもう少し出ている気がします。

もっとスピードを出したい、もっと速くと身体を前傾姿勢にしているとスピードを出し過ぎだよというアラームが鳴り出しますがここでやめておけばいい物をスピードの限界を試したくなるのが人間の性。

前傾姿勢をさらに強めると今度はミニセグウェイが私の身体の傾きに追従できなくなりミニセグウェイから前のめりの状態で落ちてしまうことが多々ありました。

これは本当に怪我につながりかねません。

スピードはほどほどにしておくことをおすすめします。

歩くより断然速く、歩行と自転車の中間的乗り物の存在となり道路交通法が改正され速く日本でも簡単な手続きで解禁されることを願います。




ミニセグウェイの欠点とは?

一つだけこのミニセグウェイの商品の欠点を上げるとしたら『ホイールの小ささ』をあげます。

逆に言えばホイールが小さいためコンパクトで持ち運びが便利なのですが、ホイールが小さいため段差のところでつまづいたり、高速走行をした場合、斜体がブレて安定しないところが難点だと感じました。

また、欲を言えばこの大きさで地面からのショックを吸収するサスペンションが入っていればもう少し安定して乗りやすいかもしれません。

でもサスペンション何かつけたら重心が高くなり安定性ダウン。また、コストが上がり高い値段で買わされることになるでしょう。

欠点はこの2つと傷がつきやすいところですが総評は未来の乗り物ということで80点をあげたいです。

この商品の使用場所として大学内の教室から教室の移動、大きな公園の散策、河川敷のマラソンコースを走るなど色々な用途で楽しめそうですが原則公道での走行が禁止のため乗り場所には注意してくだい。

かなり面白い乗り物なのでおすすめです。

皆さんも楽しいミニセグウェイライフを!



広告




広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-ミニセグウェイ
-, ,

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.