ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

日々のあれこれ

後続車のヘッドライトがまぶしいくてイライラしたことありませんか?

投稿日:2015年9月9日 更新日:

私は普段、自動車通勤で片道30km通勤しています。

渋滞にハマることは度々ありもう慣れてしまいましたが、

「これをやられるとどうしても腹がたつ」

という事がひとつあります。

そうです。

今回の記事のタイトルの通り後続車の ヘッドライトがまぶしかった時です。

こうなる原因として・・・


  • ヘッドライトがハイビームになっている
  • 光軸が合っていなくてまぶしい
  • 明るすぎる電球を使用している
  • 道を譲れと煽られている

のどれかが該当してきます。

道を譲れとイライラしてパッシングされることは仕方ないにしても、残りの理由は自分の力ではどうすることできず、これをやられたら車線変更をするかミラーを動かして眩しさを軽減するぐらいしか手だてはありません。

後方からの強烈なヘッドライトの光対策には防眩ミラーをつけておくのが一番無難かもしれませんがこういった稀なケースに備えて自前でミラーを購入するのは馬鹿馬鹿しいと思います。

女性蔑視をしているわけではありませんが、ハイビームからロービームに切り替えるのを忘れて走行しているのは、女性ドライバーが多い気がします。

さらに厄介なことに女性ドライバーに対して、

「ハイビームが眩しいこと」

でジェスチャーや合図をしても伝えてもほぼ気づくことがなく、天然ゆえの悪質さに苛立ちを覚えることが多々あります。

(ハイビーム問題にかかわらず、運転全般・・・)

ということで突然ですが今回あなたならこんな時どうするかということでアンケートを集計したいと思います。

選択式ですが、もしもあなたの選びたい選択肢がこの中になかったらすみません。

本日より財団法人バックが眩しくて迷惑仕返し連盟、略して・・・

(財)爆マブ仕返し連盟

を結成しようと思います。

広告




広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-日々のあれこれ

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.