ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

アップル製品・サービス関連のレビュー

iPhone6s 6s plus発表! 新型にあなたはガッカリしませんでしたか?

投稿日:2015年9月10日 更新日:




div>

目次


ローズゴールドを含めた4色

iPhone 6s/6s Plusは噂になっていた新色「ローズゴールド」を追加した4色カラーラインナップです。

シルバー、スペースグレイ、ゴールド、ローズゴールド。

iPhone大好きの日本人ですが学生や若い女性に新色のローズゴールドうけそうですね!


ちなみに本体のアルミの素材も『7000シリーズのアルミ』に変更。

航空宇宙産業でも使用されているアルミを使用という謳い文句がいかにもアップルらしくて好きです。

こういったこだわりがブランド化に貢献しています。

 

 hero_6s_medium
CPUの性能アップ

CPUもA9チップを搭載しており、これまでに比べてタスク処理が70%早く、GPUは90%早くなっています。さらに、

モーションチップもM9にアップグレードされています。

M9_inside_medium

過去のプロダクトを否定して次の製品に買わせようとするアップル得意のスペックアップの

説明、私は好きです。こんな書き方をされると現状で満足しているのにニューモデルを買いたくなってしまいます!

iSightカメラ(背面)が12メガピクセル 内部カメラは5メガピクセルにアップ


iSightカメラ(背面)がこれまでの8メガピクセルから12メガピクセルへと、Face Timeカメラ(前)が同1.2メガピクセルから5メガピクセルへとアップグレード。

セルフィー向けに、ディスプレイを光らせるRetina Flashが実装され自撮りをきれいにとれるようです。

また内部カメラの向上によりFACETIMEもきれいに見ることができるようです。

 
camera_medium
 

ライブフォト機能

3Dタッチと組み合わせたものとして、ライブフォト機能が搭載されました。写真をタッチすると、

なんとその写真を撮影した瞬間の映像が再生されるのです。

つまり、より臨場感が増します。

特別な操作をする必要はなく、ライブフォトモードからこれまで通り写真を撮るだけで映像も一緒に保存されます。

 

3D感圧タッチ搭載

アップルウォッチにも搭載された技術で画面をタッチする強さに応じて反応がかわる技術をiPhoneに初搭載されることになりました。

アップルウォッチを依然持っていましたが画面がボタンのようによく反応します。

 

価格 

  • iPhone 6s(16GB):86,800円(税別)
  • iPhone 6s(64GB):98,800円(税別)
  • iPhone 6s(128GB):110,800円(税別)
  • iPhone 6s Plus(32GB):98,800円(税別)
  • iPhone 6s Plus(64GB):110,800円(税別)
  • iPhone 6s Plus(128GB):122,800円(税別)
6Sで16GB、6Sプラスで32GBからのラインナップです。
少し高いですですが6Sプラスの32GBを買っておいたほうがコスパが高い気がします。
 
重量
 
iPhone6 → iPhone6S +14グラムUp
iPhone6PLUS → iPhone6PLUS S +20グラムUp
 
LTE通信速度
 
最大150Mbps → 最大300Mbps
通信速度がこれまでより2倍速くなったようです。
 


がっかりな点は・・・

  1. バッテリーの持ちがアップしていない、メモリも相変わらず1GB
  2. 防水に非対応
  3. スペックアップデートのみでサプライズがこれといってなかった

バッテリーの持ちに関しては昔からそうですが1日12時間の使用しか持たないようです。
国産のandroidと比較されがちですが驚きがなかった。

防水に関しては、防水にできる技術が完成しているが実はわざと防水にしなかったと推測します。
なぜならばアップルにはAPPLE CARE PLANという保険サービスがあり製品購入時に高い掛け金を求められます。

当然、保険を使わない人もいるわけでそれが儲けにつながるのですが防水性能をiPhoneに持たせることでアップルケアの加入者すうが減ることを見据え、あえて防水にしなかったと推測します。

スペックアップデートに関しては他のプロダクトもそうですがiPad pro, Apple TVなどすでに
どんな製品が発表されるか事前にリークされており、やっぱりなーと対して驚きはありませんでした。
自分的にはジョブズが生きていた2006年~2010年頃までの秘密主義を貫いていた時代が一番良かったなと懐古しております。

明日以降アップルの株価がどうなるか非常に楽しみです。
おそらく下落を予想します。


ヤフーニュース ITライター 篠崎修司氏の記事を一部引用しております。

アップルのHPを見る。



 

 

 

広告




広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-アップル製品・サービス関連のレビュー
-, , , , ,

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.