ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

ロードバイク&マウンテンバイク

ストライダー経験者の息子 練習開始10分で補助輪を外して自転車に乗れるようになった話

投稿日:2015年10月4日 更新日:

今日は今年5歳になる息子の自転車の特訓を公園でしてきました。

息子の補助輪つきの自転車に乗っています。

最近同い年の子が補助輪を外して乗っている子を見たのか対抗心があったのかやる気に燃えていました。

ネットで『子供 自転車 練習方』で検索するといろいろなやり方があることがわかりました。

片方の車輪だけをつけてトレーニングするとかいろいろな方法が載っていましたが我が家は普通のやり方で挑戦することにしました。

ちなみに通常のトレーニング方法とは、ハンドルを持って走り慣れたら肩、荷台に持ち替えてやる方です。

最近の自転車はコスト削減のためか荷台が付いてない物ばかりで補助輪を外して練習するときに苦労します。

補助輪なしの練習開始

公園に行き、練習開始しましたが何と驚くことに開始10分で乗れるようになってしまいました!

「実は友達の家でコッソリ練習していたんだろう?」

とか思いましたが、補助輪付きの自転車をもらう4歳まで『ストライダー』というペダルなしの脚で進む自転車に乗っていたことを思い出しました。

 

by カエレバ

 

 

最初の漕ぎ出しを手伝い何度か練習していくうちに前に少しずつ進める距離が伸びてきました。

まっすぐ走れるようになったら次は曲がる練習

次に自転車に乗れる距離が伸びてきてからやったことは曲がる練習です。

自転車を乗っている息子の前に私がいきゆっくり走りながら私を追いかける練習です。

これも1発で出来るようになり息子は上機嫌でした。

練習のやり方は色々ありますが日本人のほとんどが自転車に乗れるので少し練習すれば誰でも乗れるようになると思います。

将来、息子とロードバイクやバイクに乗ってツーリング出来ることを想像すると楽しみでなりません。

自分の自転車を息子に譲るというのを口実に家計で私のニューマシンを手に入れられないかと妻に相談してみましたが光の速さで却下されました。

伊豆修善寺サイクルスポーツセンターでストライダーコースを見てきた

広告

広告

スポンサーリンク



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』『レンタル』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-ロードバイク&マウンテンバイク

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.