"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

おでかけブログ

国宝の久能山東照宮へ参拝してきた 博物館素晴らしい!

投稿日:2015年10月18日 更新日:

今日は秋晴れで最高の天気でした。

せっかく天気がいいので家族を連れてどこか行こうと決め静岡市清水区の久能山東照宮に行ってみました。
静岡県民ですが近すぎるためか久能山東照宮には1回しか行った事がないため国宝に認定されて以来参拝することにしました。
静岡のカリフォルニアといっても過言ではない春はイチゴ狩で盛んな久能海岸沿い車を走らせサークルKの所を曲がって入っていきます。
サークルKの手前(名古屋方面側)の駐車場は200円なのでここが最安値でおすすめします。
商店街を通り過ぎると鳥居が現れます。
この鳥居をくぐると1159段の階段が待ち受けています。
この数がどれだけすごいかピンとこないかもしれませんが私のiphoneで計測したところ頂上まで21階ぐらいの高さを登ったことになりました。
この階段を高校時代に運動部が走りながら登ってトレーニングをしていたのを思い出しました。
今日は2歳と5歳の息子を連れて登りました。
5歳の方は問題なくスイスイ階段を上って行きましたが2歳児にはさすがにきつかったのか、登りも下りも抱っこをせがまれ何度か抱っこしましたが7割程度は自分の力で登り我が子ながら感心しました。
しばらく登ると美しい海岸線を一望できます。この美しさは写真では伝わらないのでご自分で実際に登って見てみて下さい。
山頂付近に着きました。
右側が博物館で写真正面が売店。
左に進むとロープウェイで日本平まで行く事ができます。




この売店ではビールが売ってます。
国宝の施設なのにビールが置いてあるのが疑問に思いました。
しかも家康の神廟(霊廟 )で一応、寺なのにビールなんかのんで入っていいのだろうか?
もちろん全員ビールをのんで入るとは限りませんが少し変だなと思いました。
それとあとでもう1つ疑問に思う事が後ででてきます。
売店を通り過ぎると境内の門です。
先程の門をくぐるとガンダムやプラモデルの展示があります。
タミヤ模型やバンダイ、青島文化教材社、青島など静岡には静岡発祥の有名なプラモデルメーカーがありますが徳川家康が全国から木材職人を呼び寄せ、後に木型職人となり発展したのがプラモデルと言われております。




恐らくこういったメーカーぎ寄付をしているのだからかはわかりませんが境内で家康ガンダムのプラモデルの展示をしていており、先程の売店で販売していると書かれてありました。
しかも限定と書かれており一瞬欲しくなりましたが国宝の前でなぜこんな物を売っているのか(売らなくてはならないのか )疑問に感じました。
というかガッカリでした。
ガッカリしているのもつかの間、先に進むと国宝に認定されている社殿に着きます。
日光東照宮の兄弟という事もあり豪華絢爛な建物を目にする事ができます。
ディテールに目を凝らすと配色やカラーの組み合わせがとても美しく17世紀の職人のセンスに脱帽します。
社殿のさらに奥に進むと徳川家康の遺骸が眠っている神廟に着きます。
今日は工事中とのことで近くで見る事ができませんが徳川家康の当時の権力の凄さがわかります。
最初この神廟に埋葬されて何年か後に日光東照宮と出身地の岡崎に骨を分骨したようです。
今回参拝した理由は他にもあり久能山東照宮は静岡のパワースポットの1つとして数えられています。
運気アップ、家族円満、無病息災、出世祈願、副業の事など様々な事をお願いしてきました。
出世大名家康くんというゆるキャラが浜松にいますが本当に出世できればと思います。
今回、写真が撮れませんでしたが久能山東照宮博物館も見学してまいりました。
鎧兜や刀剣、家康や歴代将軍が愛用していた品々などが展示されていました。
本殿参拝時に博物館の入館料とセットで入場料を払えますがこの時プラス300で博物館の入場料を払えますので一緒に購入する事をお勧めします。
ここは絶対ケチらないのがミソです。
300円以上の価値の物を見る事ができます。
静岡にお越しの際は久能山東照宮にぜひ立ち寄ってみて下さい。



広告




広告




広告

-おでかけブログ

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.