"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ニューガジェット

Surface Pro 4を入手。1週間使ったレビュー

更新日:

広告

ついに買ってしまいました!
Surface Pro 4を!
と書きたいところですが

会社のケータイがスマホになった記事を以前書きましたが、それと同時に実は2015年11月に発売されたばかりのSurface Pro 4も会社から支給されました。





画面上部左右にスピーカーが内蔵されておりステレオサウンドが響きます。
タブレット特有の平面的な音ではなくサラウンドスピーカーのような広がりのある音が聴けます。

支給品のため試せませんが動画や音楽の視聴は間違いなくiPad proよりもsurface pro4の方が適していると思います。

本体のサイズはiPad Proと同じくらいの大きさですがiPadはホームボタンやベゼルがある分、画面サイズはSurface pro4
と比較して小さい気がします。

image 

Surface Pro 4はSSD搭載で普通のラップトップと比べ起動が超早いです。
新品だからかもですがおそらく電源を入れて30秒も立たないうちにデスクトップ画面まで行けてそこからすぐに使えます。
比較してみました。


こちらはいつも営業時に使っているスケジュール帳。



スケジュール帳はA4くらいの大きさです。Surface Proの方が若干大きいかな。


比較すると同じくらいのの厚さ。

ちなみにタイプカバーもついてこの薄さなので驚きです。

この手帳は入社以来同じ大きさの物を使ってます。
サーフェスも同じくらいの厚さなので外出する際に営業鞄が膨れずに済みとてもたすかります。




手帳と同じサイズなのに使用時はラップサイズ。
この差に嬉しい違和感を覚えます。 

使用感はタブレットでもノートパソコンでもない
新しい何かという表現が似合うのではないでしょうか。 

Surface ProとiPad Proどちらを選ぶべき?

不毛な議論ですがこの話はあと2、3年は決着がつかないでしょうが私なりに思ったことを書きます。

そもそも、元の商品のコンセプトが違います。
SurfaceははパソコンでiPad Proは所詮キーボードがついたタブレットと言うことです。
iPad ProはiPhoneが派生してできたものでSNSやデザイン、音楽をやっている人に強い商品です。
Excelやwordのアプリを入れて作業ができるとはいえマウスやトラックパッドが使えないので書類を作成する時に使うのは操作性が悪いと思います。
セルの指定など画面をタッチして操作する場面を想像してみて下さい。
それとフォルダーの定義がパソコンと若干違うので書類の出し入れが面倒かもです。
ただしマシンがiosでキビキビ動く点はwindowsが真似出来ないところです。
iPad Proはブログの記事を書く書類の閲覧などに向いているかもです。




一方、Surfaceはマイクロソフトが販売しているだけありこれまでwindowsを使用してきたビジネスユーザーむけにチューニングしてあります。
Surfaceのいい所はマウスやトラックパッドが使えるので文書を作成する際にマウスを使って思い通りの作業が、できると思います。 

ノートパソコンを買うかSurfaceを買うか迷った場合、もしあなたが出張が多く営業系の仕事をしているようなら間違いなくSurface Proを強く勧めます。
 




広告




広告




広告

スポンサードリンク

-ニューガジェット
-, ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.