"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

中華スマホ・中華タブレットレビュー

redmi note2を日本語化させてみた more locale2の導入

投稿日:2016年1月14日 更新日:

公式カスタムROMを導入したことでGoogleサービスを初めとする多くのアプリが英語表示になってしまいました。

それだけならまだしも、Amazonプライムビデオ、Kindle、AmazonプライムミュージックなどアメリカのAmazonアカウント専用のコンテンツが表示されるようになってしまいつい最近までredmi note2はお蔵入りしDoogee F5に長らくサブ機の座を奪われていました。

image

ところが先日、more locale2を導入したことで使いやすくなりサブ機のどころか一気なメイン機として昇格してしまったのです。

Xperia Z3やGALAXY NOTE3をメインで使っていた時期もありましたが基本的に今までiPhoneユーザーでした。

今回またandroid端末に戻った理由はもうひとつあり、zenwatch2を日常に取り入れたいと考えよりによって中華スマホをメイン端末にしてしまいました。

中華スマホはセキュリティが国産の物と比べて甘いと噂されています。

なのでこredmi note2でのクレジットカード払いはなるべく避けるつもりでおります。

もし不正使用されてもクレジットカード会社に申告すれば救済されるようです。

というか大した情報はないので深く考えないことにしました。

さてmore locale2の導入方法に付ついて解説して行きます。

用意する物

中華スマホ

PC

USBケーブル

根気

以上です。

①まずはGoogleプレイからmore locale2をダウンロードして下さい。無料です。

ダウンロードして日本語を追加しようとしてもパーミッションを求められるのでこのままでは導入できません。

root化してmore localeの権限を与えるか、ADBコマンドと言ってパソコンを介して導入の権限を与える方法があります。

②Windows PCを用意しAndroid SDKとJAVAをインストール。
Android SDKをインストール後パスを通す。
設定の仕方は後日、参考にしたリンクを貼り紹介させていただきます。
③Windowsのすべてのプログラム→ システムツール→コマンドプロンプトを立ち上げる。
端末をUSBで接続。
④ADBと入力。その後ADB SHELLと入力。

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

と打ち込む。

more locale2を立ち上げると日本語が選択できるようになっているはずです。

設定画面を押して見ましたがこの項目は日本語になりませんでした。
image

まあ簡単な英語なのでとりあえず気にしないで使うことにします。

後日、記事を追記と編集をしていきます。 

Androidハックに詳しい方から見たら間違っている点があるかもですが悪しからず。

 


広告




広告




広告

-中華スマホ・中華タブレットレビュー
-,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.