"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

Android端末レビュー

iphoneの次に売れているサムスン端末の魅力とは? Galaxy S6レビュー

投稿日:

Gear VRの購入をきっかけにSAMSUNGのGalaxy S6を買いました。

SAMSUNG製というと日本人はなんとなく嫌悪感を覚えるかもしれませんが全世界でGalaxyシリーズはiphoneの次によく売れている機種で国産スマホにひけをとらない、
いや、おそらくそれ以上のブランド力、製品力、コンテンツ力を持った製品だと私は思います。
今回私が買ったGalaxy S6は、まもなく発売されてから1年経とうとしている機種にもかかわらずスペックは現在でも上位で非常に満足度の高い機種となっております。

液晶は2560×1400の2Kディスプレー。
ちなみに2Kとはキツイ、キタナイ、キケンではありません。ってそれは3Kか。
今回私の購入したS6はエッジディスプレーではありません。
ホームボタンは指紋認証も搭載されています。
背面はガラスで覆われており角度を変えると光の反射によりキラキラと色が変わりとても綺麗です。
背面もゴリラガラスで割れにくいそうですがガラスなので割れるのが怖いです。
ヤフオクで中古品を探しましたが安い物は一概にディスプレーか背面ガラスが割れているものが大半だったため保護カバーは必須と言えるでしょう。
せっかく、背面がこんな綺麗なのに手帳カバーをつけるのは何となくもったいない気がします。





これまでのGalaxyシリーズはプラスチック製でしたが今回のS6シリーズからガラスで筐体に変更。
メデイアの露出を増やし雑誌でモデルにギャラクシーを持たせたりするなど高級化路線にシフトしようとしているのが伺えます。
ちなみにワイヤレス充電とおサイフケータイに対応しております。
また、このデザインのためバッテリー交換はできないため
カメラが少し出っ張っているのが残念ですが4K動画や非常に綺麗な写真が撮れます。

中華スマホにすっかり慣れてしまった私はですが当たり前の様に中華スマホについていたdual simが付いてないことに違和感を覚えてしまいました。
というかこれが普通でしたね。
Note5 Galaxy S6シリーズはSDカードが使えませんでした。
ベンチマークテストのAntutuを試してみました。
最初のムービーも然りですが今まで中華スマホで試してきた中で1番ヌルヌルサクサク進行していきました。




ベンチマークは77634。
こんな数値は今まで体験した事がありませんでした。
この数値は決して偽装されたものではなくアプリの立ち上げが非常にキビキビしています。
SAMSUNG製スマホの魅力とは?
私の個人の思っていることですがGalaxyにはコンテンツ力が他社製スマホと比べて豊富だと思います。
こちらはギャラクシーアプリというサムスンが自社開発や他社のアプリを改造したりオリジナル特典をつけたものを配布しているアプリサイトです。
アマゾンと手を組み電子書籍が読めます。
電子書籍は、どれでも選べるというわけではなく月に3-4冊の中から1冊ダウンロードする事ができます。
それってアマゾンプライムのブックライブラリーと同じだろ?
と感じるでしょうが根本的に違うことはダウンロードする事ができ、自分の所有物になる点です。
次月には、また一冊とダウンロードする事ができるので毎月月初に何を選ぼうか楽しい選択が選べます。
写真に載っているEvernoteアプリは3ヶ月間プレミアムを無料体験できるようです。
Adapt soundという音質をアップさせる項目が本体から選べます。
音楽を聴く人の不可聴域の音をブーストさせて聴きやすく、また迫力のある音楽を楽しむ事ができます。
なお私は個人的にはGalaxy Note3の時のAdapt soundの音の方が好きでした。
S6でAdapt Soundをオンにしてみたところミドルとバスがブーストした感じの音になりました。
国内メーカーでここまで完成度を高めたスマホを作っているのはソニーのXperiaシリーズ位しかいなく大変残念に思いました。
日本の消費者は韓国製品だから嫌いなどではなく、本当に良いものは何なのか?を見極めて使っていただきたいと思います。
また国産ケータイもいつまでも誰得な無駄なコンテンツを作ったり日本の技術力という言葉にふんぞり返る事なく、ワクワクする売れる商品を作っていただきたいと思います。




4月よりケータイ一括0円が廃止となるため国内ケータイ市場は中華スマホを始めとする海外メーカーの製品が躍進する年と私は見ております。

広告




広告




広告

-Android端末レビュー

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.