"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

ドローン関連レポート ニューガジェット

DJIの新型ドローン PHANTOM 4発表!

投稿日:2016年3月2日 更新日:

ドローンのパイオニア的企業のDJI からニューモデルのドローン、Phantom4が発表されました。

昨年までphantom3を持っていましたが旧モデルと比較すると何となくUFOぽくなっており独特なデザインになりました。





プロペラのモーターの高さが高くなりました。

これは高速で進行する際に機体が前傾姿勢になりますがその時にカメラにプロペラが映りこまなくするための改良です。
ちなみに速度は時速72キロまで出るそうです。
 

  以下スペック紹介






 公式ストアより

先行発売 3/15より順次発送

  • 衝突回避機能:障害物回避センサーにより周囲の状況を感知し、障害物を回避します。
  • 自動追尾機能:被写体を認識し、動く被写体を常にフレームの中に捉えながら自動的に追尾、撮影します。
  • 簡単タップ操作:お使いのスマートフォンのタップひとつで手軽に空撮ができます。
  • スマートリターン:ボタン一つで自動帰還。障害物をよけながら安全に帰還します。
  • 長時間フライト:最長飛行時間は28分、最大2kmの長距離撮影ができます。
  • ハイスピードフライト:フライトシステムがさらに進化。スポーツモードでは最高速度、時速72kmのハイスピードフライトが可能です。
  • プロレベルの映像美:4Kカメラと3軸Uフレームによるカメラスタビライザーシステムでさらに滑らかな空撮が可能です。
  • ビジョンポジショニング:システムの最適化で、測位可能高度が最大10メートルに。
  • DJI 賠償責任保険付き

  • 最大飛行時間28分
  • やはり1番の目玉は衝突回避機能が搭載され安全性が更に増した点です。

    様々なセンサーを用いて15m先の障害物を事前に察知し自動停止。

    自動リターン中やコース設定をした状態でも衝突回避機能が働き最善のルートを自分で考えて進んでくれます。


    昨年姫路城にファントムが激突しニュースになりましたが、もしあと1年Phantom4yが発売されていたら未然に防げた事故かもしれませんね。

    もう1つの目玉は自動追尾機能ではないでしょうか。

    他社のドローンだと追尾される側に発信機を取り付けなければ使えない物がほとんどではないでしょうか?

    Phantom4は端末でターゲットをワンタッチで設定しておけばあとはphantom4が自分で考えて対象物を追ってくれます。




    先に紹介した衝突回避機能と自動追尾機能でもしかしたら今後ドローンオペレーターという職業やテレビ局のスポーツ番号を撮影するカメラマンなど失業する可能性もないとは言いきれません。

    これだけ安全に使用できるのだから私自身たいへん欲しいのですがやはり国交省に申請したり周囲の目を気にして使うことができないので見送ります。

    価格は189,000円でDJIのページから先行予約できるそうです。

    今までの機種や他社とドローンと比較してもかなり安いので大変魅力的な商品なのではないでしょうか?

広告




広告




広告

-ドローン関連レポート, ニューガジェット
-

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.