"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

スマートウォッチ・スマートバンド

Huawei talkband B2を1ヶ月使用してみたレビュー

投稿日:2016年3月9日 更新日:

Huawei Talkband B2を買って約1カ月経ちましたが毎日ほぼ欠かさず身につけております。

Talkband B2を購入する前はAsusのZenwatch2を使用していましたがあっという間にtalkband B2に主役の座を奪われてしまいました。

Huawei talkband B2の最大の魅力とは?

単刀直入にいうとヘッドセットになるからです。
電話の着信やLine、メールなどの通知が来たら腕もとでブルブルッと震えて教えてくれます。(2台までペアリンク可能)
バッテリーの持ちは通話の多い私の場合、最大で2日が限界でした。
最後に電池がなくなってきた時には少し焦るかもしれませんが急速充電に対応しているようで約40分程度で満充電になります。
電話がかかってきたとき、ハンズフリーで通話するにはそのままバンドから外すだけで自動的にハンズフリーに切り替わります。
私は営業職で自動車での移動が多いですが普段から運転の多い職業の方に特におすすめします。
以前携帯電話の使用を警察に見つかり罰金7000円を払った事があります。
警察に見つかった時に罰金だけで済めばいいですがもし人身事故を起こしてしまったらハンズフリー装着の有無で判決結果が大きく変わるのだはないでしょうか?
アマゾンで15000円くらいで売っています交通事故防止のためにも2回警察に捕まったつもりで買ってみてはいかがでしょうか?
車を運転されない方でもハンズフリーを使えば電話中も作業できるので仕事を効率よく進める事ができます。
もう1つの魅力としてフィットネスアプリとの連携があげられます。
やはり自動車の運転ばかりしていると日常的に歩く事が減るためつい運動不足になりがちです。




Huawei talkband B2をつけることで1日の歩数が気になるようになり運動不足の日やもう少しで目標の10,000歩を達成できそうな場合は帰宅後ウォーキングするなど健康を意識するようになりました。
ちなみに以前はXiaomi Miband Pulseを保有していたときはMibandの歩数カウントがあまり正確ではなかったためモチベーションが下がり気味でした。
Talkband B2を使用する場合ファーウェイ謹製アプリの『Huawei wear』を介してJawbone Upアプリにデータを送る事ができます。
このJawbone upのアプリは運動、睡眠の管理のほか、食事栄養バランスやユーザーの行動をもとに生活のアドバイスなどをしてくれます。
Huawei talkband B3に期待したいこと

Talkband B3はまだ発売されていませんが改善してほしいこと、これから購入を検討しているユーザーにお伝えしたいことは2つあります。
1.傷がつきやすい
液晶ディスプレイ部分ですが時計のようなサファイヤクリスタルガラスは使っておらずプラスチックでできています。
仕事中に商品を積み込む事がありましたがうっかりディスプレイ部をこすってしまい傷がついてしまいました。
(見にくいですが写真中央下あたり)
どうせ使うなら長く使いたいので液晶保護フィルムを貼ることにしました。

2.少し厚みが気になる
ディスプレイ部分がヘッドセットになる構造上ある程度は仕方がないのですが欲を言えばあと5ミリ薄くなってくれればいと思います。
ファーウェイウォッチ程厚くないためワイシャツの袖に引っかかることは、まずないですがもう少し薄ければFitbitやJawbone Up3と見た目が変わらないのでスポーツするときにもっと身につけたくなる回数が増えるはずです。




もっと早く買っておけばという商品に久しぶりに会えた気がします。

ブログランキング参加中!
あなたのクリックでランクが上がります!

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ SIMフリー端末・その他キャリアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ デジモノ・ガジェットへ
にほんブログ村

広告




広告




広告

-スマートウォッチ・スマートバンド
-, , , , , ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.