"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ニューガジェット

ロボホンの発売日と価格が決定!

更新日:

広告

シャープが昨年末に発表したロボットとスマホが合体したガジェット『ロボホン』の価格と発売日が発表されました。

前回ロボホンの発表があった時に記事を書きましたがかなり多くの方の関心を集めたようで多くの方にロボホンの記事を読んでいただけました。

ありがとうございます。

左はロビ、右が今回発売されるRoBoHoNです。
何となくデザインが似ていますがそれもそのはず。ロボットクリエイターの高橋智隆氏のデザインだからです。
 




発売日 5月26日
 

本体価格は19万8000円(税別)

正直なところ10万円以下なら即買う予定でいましたがこの価格設定はなかなか高く普及を目的としているならば難しい価格ではないでしょうか?

本当のガジェットオタク、ガジェットライターがまず購入すると思われます。価格がか価格だけにまずはファーストロットユーザーのレビューを見てから買うべきかなと感じます。

なおロボホンの機能を完全に使うには「ココロプラン」(980円/月)の加入が必要。

その他にモバイル通信サービス(任意)+保守パック(任意)の契約が必要とのこと

ココロプランに加入することで、Wi-Fi接続やモバイル回線接続での対話、カメラ、プロジェクターなど、ロボホンの全ての機能が使えるようになるので絶対必要な項目です。




モバイル通信サービスはdocomoに対応。



pepperの契約のようにケアプランという保険に加入しなくてはならないようです。

このロボフォンには全身13個のサーボモーターが内蔵しているようでやはり、いざという時に保険は必要かもしれません。しかし、故障する事を前提にロボホンが作られているのか?それとも故障率はかなり低く掛け捨て保険的な目的で利益を上げるビジネスモデルなのかわかりませんが買ってからも普通の携帯よりお金がかかるかもしれません。

少し料金体系が難しい印象がしますね。

まずはシャープにロボホンという新しい分野の商品を作ってもらい今後はソニーやアップルといった会社が出してくれると嬉しい気がします。

もしソニーがロボケータイを作ったらAIBOスマホ、Googleが作ったらドロイド君スマホが出るのでしょうか?

もしも中華スマホメーカーが作り始めたらかなり格安のエントリーモデルを作ってくれそうですが中国国技の爆発機能付きになるかもしれませんね。

アップルの新製品発表会ではフラッグシップモデルのiphoneの発表を毎年行っていますが単なるスペックアップの内容ではなくシャープのような独創的な商品の発表をやって欲しいと願うばかりです。



広告




広告




広告

スポンサードリンク

-ニューガジェット

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.