"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

LEGOと中華レゴのレビュー 製作工程

中国版LEGO 通称DECOOLを仕入れてみた

更新日:

広告

今日も我が家に中国から荷物が届きました。

いかにも怪しげな袋ですが開けてみると。
以前発注した中国版のLEGO、通称DECOOLが届きました。
DECOOL 3333と3335という商品です。
フェラーリカラーというか形がフェラーリとほぼ同じ意匠です。
流石にフェラーリの跳ね馬を真似すると商標登録に引っかかるのでエンブレムは違うデザインとなっております。
しかしどう見てもフェラーリ599 GTB フィオラノです。
3333のフィオラノもどきは1322ピース、F1もどきは1242ピースで本物のLEGO顔負けのボリュームがあります。





LEGOとDECOOLは遠くから見ると文字が似て見えますよね?
作り方や開封動画はyoutubeを参考にしてみて下さい。

中国人なら文字数が違うので全く別商品だと言いはりそうですが実はレゴでも同様の商品が発売されており現在プレミア化しています。
どちらか1台は自分用に、もう1台は転売用に仕入れましたが果たしていくらで値が付くか楽しみです。
中国版のレゴは精度が悪く、ブロックすぐ外れてしまったり収まりが悪いと聞いたことがあります。
果たして完成するのでしょうか。。。

今後も誰も買わないようなクレイジーな物を仕入れて報告していきたいのでクリックでの応援よろしくお願い致します。



広告




広告




広告

スポンサードリンク

-LEGOと中華レゴのレビュー 製作工程
-, , , , , ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.