"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

VR関連のレビュー

Gear VR、スマホVRの楽しみ方 RiftcatでSteam VRを楽しむ

更新日:

広告

あれから数ヶ月いろいろいじって見たら使えるようになったので報告させていただきます。

 

まずは私のPCのスペックですが2012年モデル i5 メモリ8G、MacBook Proを使用しております。
もちろんMacだとRiftcatをインストールできないのでブートキャンプでwindows8.1に切替えております。

 

前回、riftcatをインストールしたところ、Riftcatは立ち上がるもののVRidge、いわゆるスマホVRの方に映像が飛んでこなくて悩み、結論としてパソコン側のグラフィックがNvidia製ではなかったためできなかったのだと自己解決しておりました。

 

現在使用しているパソコンのグラフィックはインテル4000というシリーズが入っており、一時は、Nvidiaがはいっている新しくパソコンを買おうか、また自作パソコンに挑戦もいいかもと思っておりました。

 

結局お金がかかるので諦めておりましたが最後にもう1度自分のPCでRiftcatが使えないかチャレンジすることにしました。

 

私と同様につまずいている方のお役に立てればと思います。

 




①パソコンのグラフィックドライバーを最新に更新する(インテルグラフィックの方)

 

そもそもNvidia製のグラフィックチップを入れていなくてもriftcatが使えるようです。

 

インテル 4000以上の物が対象らしいので私はギリギリセーフです。

 

まずはパソコンの電源を入れ、インターネットを立ち上げます。

 

『インテル グラフィックドライバー 更新』

 

で検索しインテルのサイトに入る。

 

今、自分のパソコンに入っているグラフィックを調べバージョンが最新かどうかを調べてくれるソフトが下段にありますのでインストールします。(無料 登録不要)
インストールした物を立ち上げ自分のパソコンのグラフィックのバージョンを確認。

 

古かったらアップデートファイルをそのままインストールし導入して下さい。

 

Riftcat導入につまずいている方。
パソコン側に最低まずはこれだけやっておいて下さい。

 

② VRidgeの再生設定を見直す

 
初期設定だと再生クオリティがVery highになっている可能性があります。

 

またグラフィックを選定する画面がありますがNvidiaになっているのでインテルに変えましょう。

 

上記の2点を変更したところ私のパソコンでもRiftcatが使えるようになりました。

 

インテルのグラフィックが入った物を使っている方、Nvidiaなのにできないと悩んでいる方はこれらの設定を一度見直してみてください。

 



広告




広告




広告

スポンサードリンク

-VR関連のレビュー
-, ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.