"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

中華スマホ・中華タブレットレビュー

Xiaomi Mi note 2がリーク! これ完全にGalaxy note 7ですよね?

更新日:

広告

中国の情報筋よりシャオミのフラッグシップファブレット『Mi note 2』のリーク写真がアップされました。

何かに似ていませんか?
そうですGalaxy note 7です。


上の写真はGalaxy S7 edge。
エッジディスプレイ、そして背面のエッジの意匠、USB TYPE-Cポート、極め付けは楕円形のホームボタンです。
韓国と中国の2大パクリ、じゃなかったオマージュ大国による激しいコピー、リスペクト合戦はどこまで続くのかこれは笑いを超えて芸術の域まで達しております。
Xiaomiはもともとアップルの真似をしてきた企業と言われていますが、mi5あたりからサムスンに舵を切り替えたかのようです。
サムスンはオリンピックのスポンサーをやっていますがXiaomiはパクリンピックの選手として頑張っており対照的なところが面白いですね。




下らない話はさておき、噂されているスペックはこちら

WQHD(2560×1440)解像度の5.7インチディスプレイ

Snapdragon 821

6GBのRAMや128GBのストレージ

1200万画素のデュアルカメラ

4000mAhのバッテリー

ちなみに指紋認証にはいつもの円形の指紋認証ポートはなく、ギャラクシーのように楕円形のホームボタンに指紋認証ポートが内蔵される見込みだとか。



またデュアルカメラ搭載なのでGalaxy Note 7に初搭載されるアイリススキャナー(虹彩認証)も搭載される可能性も、もしかしたらあるかもです。

虹彩認証まで搭載されたら中国共産党に個人の虹彩認証データを握られサイバー犯罪に使われてしまいそうな気がするのは私だけでしょうか?
(この文言は中華スマホレビューで何度使ったものか・・・)
ディスプレイは有機ELではなく、SペンやGear VRが使えない点を除けばスペック的には単純にみてMi note 2の方が上、もしくは同等という事になります。





サムスンがGalaxy S7シリーズの発売でかなり好調のようですがXiaomiにエッジディスプレイを横流ししているのではないかとか、同じ工場で作っているのでないかなど余計な心配ばかりしてしまいます。
価格については未だリークはありませんがこれまでの流れからいくとGalaxy note 7が8万円位に対し、Mi note 2は35000円位で発売してくるだろうと推測します。
恐るべしXiaomi!!
商品の発表は2016年9月5日頃とされているようです。
Mi note Proの発売が2015年5月だったのでMi note proユーザーはそろそろ買い替えしてもいいかもしれませんね。

 




このリーク情報が正しいかは一切保証できません。
Mi maxもいいですがこちらも遊び用に1台ゲットしたい機種になりそうです。




広告




広告




広告

スポンサードリンク

-中華スマホ・中華タブレットレビュー
-, , , , ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.