"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

Android端末レビュー

海外版 Galaxy S7 edge SM-9350FDのベンチマークスコアを計測してみました

更新日:

広告

Galaxy S7 edgeを使い始めて1ヶ月経ちました。

使用感はかなり満足しており、携帯をスマホを保有して以来、一番いい機種だと思っております。
以前、購入レビューは少しだけやりましたが、まだベンチマークスコア測定の記事を書いていなかったので今回、恒例のAntutuを使って測定した結果を書きます。
私は海外版Galaxy S7edge SM-9350FDを保有しています。
この機種はスナドラ820ではなくサムスン開発のExynos8890のチップセットが搭載されています。
ちなみに9350FDとはデュアルシムを意味しています。
1回目計測のスコア
あれっ?
こんなに低いの?
たしか13万くらいスコアが出ると聞いていましたが・・・
「このザマは何ですか?ドドリアさん?」
と、どこかからフリーザの声が聞こえてきた気がしました。
今度は2回目の測定をします。
次は時間をおいて携帯の電源をオフ状態にした後、回復カプセルにギャラクシーを突っ込んでおきます。
間違えました。
正しくは冷凍庫に約10分突っ込み冷えひえになったところを電源オン!
すぐにAntutuを起動し計測した結果がこちら。
戦闘力が一気に129325にアップしました!
どうやらギャラクシーはナメック星に来た時にサイヤ人達が驚いたのと同じ技で一瞬にしてスコアを上げることができるようです。
すみません。
今回は勝手にドラゴンボールと掛け合わせてしまいました。
冗談はさておき、ベストな状態で計測すれば本来の端末が持つ力が最大限に結果に現れるようです。
Exynosバージョンはスナドラ820よりはベンチマークスコアが高く処理性能は早いと言われていますが3Dの表現に関してはスナドラ820のほうがベンチマークスコアが高いと言われています。
またDSDS(デュアルシム、デュアルスタンバイ)やプラスエリア化ができるのはスナドラ820版のみと言われています。
スナドラ版の方が市場価格が高いですがスナドラ版の方が満足度が高いはずですので予算に余裕のある方はスナドラ版を選択しましょう。


広告




広告




広告

スポンサードリンク

-Android端末レビュー
-, , ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.