"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

LEGOと中華レゴのレビュー 製作工程

中国版LEGO LEPINポルシェを買ってみました! 完成編

更新日:

広告

製作レビュー6からかなり時間が空いてしまいましたがLEPIN ポルシェが完成したので報告させていただきます。

外装がかなりついてきて車っぽくなってきました。
メーターパネルです。
よくできているなーと感心するばかりです。



組み合わさってダッシュボードになります。
ゴーカートみたいです。
助手席に本当に乗っているみたいです。
助手席のダッシュボードの下にナンバープレートみたいな物がついていますが本物のLEGOはこの番号が一台一台違うという噂を聞いたことがあります。




事実上シリアルナンバーですね。

カーズのマックイーンが遊びにきました。
このスペースはトランクになるところで最後にバッグを格納する場所になります。
息子達がこのスペースを大変気に入り毎日トミカを入れて遊んでいます。
こうやって遊ばれたせいでパーツがいつの間にか一部紛失してしまいました。
フロントグリルがつきました。
まだまだ製作途中でしたが写真を撮らず一気に完成させました。




カッコいい!
リアウイングを持ち上げるとエンジンが見えます。
過去にピストンや歯車の部分も作りましたが1番かっこいいメカの部分が見れなくなってしまったところが1番残念でした。
中はこんな感じで複雑な機構となっております。
前進、ニュートラル、更新をシフトレバーで変えることができます。
モーターユニットを組み込めばラジコン化ができそうですが私にはそんなテクニックはありません。
ドアが開きフロントトランクが開きます。
このキットを作っていてコピー品のLEGOではなく本物のLEGOを作っているのではないかと錯覚してしまいました。
写真では伝わりませんが完成した時の迫力は本物のレゴに勝るとも劣らない出来でした。
こんなことを書くとLEGOフリークに怒られてしまいますが本物は永久保存版にして自分で組み立てて楽しむ方はLEPINが1番だと思います。




パーツが本当に足りなかったのか?それとも間違ってパーツを使ってしまったのかわかりませんがパーツが足りず困った事がありました。

以前、本物のレゴの耐久レースカーを作った事がありますがこの時もパーツが足りない事があり、サポートに連絡し本家デンマークから取り寄せました。
本物はこういった時の対応が当然しっかりしているので安全、安心を取るか価格重視で選ぶかはユーザー次第です。( 普通偽物を進んで選ぶ人はいませんが)
本物のLEGO technic 42056ポルシェが欲しい方はこちらからから↓

広告




広告




広告

スポンサードリンク

-LEGOと中華レゴのレビュー 製作工程
-, , , , , ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.