"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スケートボード

Boosted Boardにそっくりな電動スケボー『Maxfind』を買ってみた

更新日:

広告

電動スケボーのレビューも早いもので3台目となりました。

これまでBackfireやBenchwheelといった中華電動スケートボードを紹介してきましたが今回紹介する電動スケボーももちろん中華です。
名前はMaxfind。
本当はBoosted Boardsが欲しくてebayで2回落札しebay pbi (global shipping )で発送、商品が届くのを待ったのですがなぜか2回とも途中で紛失させられてしまうという悲劇にあい、ヤケになり購入した物です。
価格は60000円位だったのでもし、このMaxfindが本家Boosted Boardsと同等性能だったら儲けものだと思います。
では早速が届いたのでレビューしていきます。
このような箱に入ってきました。
早速開けてみるとどこかで見たことのあるボードでてきました。
そうですBoosted Boardです。
2つ画像を並べるとどちらが本家のBoosted boardsかわからなくなります。
1つだけはっきり違うのはコントローラーです。



任天堂Wiiのヌンチャクコントローラーみたいな形状ですね。
親指をかけるところのレバーは前進とブレーキです。
ちなみに上下の操作でアクセルとブレーキがかかりますが左右にレバーを倒しても何も起こりません。
親指レバーの下の左右2つのボタンはハイスピードモードかノーマルモードの切替ができるそうですがどちらを押してもスピードの変化を体感することはできませんでした。
またこのボタンを押すと前進、後進の切替ができます。
ここでMaxfindのスペックの紹介をしていきます。

重量  5.5 kg(バッテリー含む)最大速度  32km/h ( 20mph)

最大荷重  100 kg

最大航続距離  平均13 ~ 16km

登坂能力  20%

最小旋回範囲  5 M

デッキ材質  メイプル

サイズ  965*254 mm

地上からの高さ  107 mm

トラック材質  アルミ

サイズ 245mm (length)

ウィール材質  ポリウレタン (PU)

バッテリー Samsung 18650 Lithium


容量  2.2AH;36V

充電時間  約60分

モーター型式 N5060

Motor power  360W (Two Motors)


デュアルドライブ、ホイールインモーター
リモコン

材質 ABS

容量 450 mA/h

充電時間 約30分

 
Boosted Boardsと形が非常に似ていますがバンブーデッキではないこと、ベルトドライブではなくデュアルモーターホイールインドライブであること、そしてモーターパワーが本家Boosted Boardsと異なります。
 
肝心の乗り心地ですが次回報告しますのでお楽しみに。
 

広告




広告




広告

スポンサードリンク

-スケートボード
-, ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.