"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

中華スマホ・中華タブレットレビュー

Chuwi Hibook Proレビュー ?キーボード開封編

更新日:

広告

Chuwi Hibook Proのキーボードも購入しましたので開封レビューをササっとやってみます。

本体のレビューの方でも書きましたが左側の箱にキーボードが入っています。
こちらの商品も本体と同様にGearBestにて約4,000円で購入したものです。

Chuwi Hibook Pro のみならずChuwi Hi10にも使用できるキーボードのようです。



箱を開けるといつものビニールに入ったキーボードが入っています。





なんかピザの箱みたいですね。
箱の中には本体のみ入っており取説や付属品は入っておりませんでした。
キーボードを取り出してみて1番最初に思った感想が『高級感があってMacBookみたい』、『重たい』という点です。
もしかしてバッテリーが内蔵されていて本体とドッキングした時に駆動時間がアップするんじゃないかととか、MacBookのようにキーボードを点灯させるためにわざとバッテリーや電装パーツを入れて重たくしているのかと思いましたがそんな訳ありませんでした。
キーボードを拡大してみた写真をアップします。
トラックパッドがついていますがMacと同様にスワイプや拡大ができます。



底面の写真をアップしました。
アルミニウムで構成された美しい筐体です。




この部分だけ見ればアップルの新製品のリーク写真のように見えますが、ただの中華タブレットの拡張キーボードの底面なので悪しからず!

写真では分かりにくいですがキーボードのエッジ部分も綺麗にダイヤモンドカッティングされており、iPhone,iPad のように高級感があります。
左右にはUSB端子がそれぞれ2箇所ついていてトラックパッドを使う以外にも、マウスを接続したり、ゲームパッドをつけることができたりと拡張性があります。
アルミニウムでできているのになぜこんなに重たいのかが最初疑問に思いましたが本体とドッキングさせてみてなぜ重いのかすぐに理解しました。
なぜならChuwi hibook Proも同様に重たいためキーボードを重たくしないとドッキングして使用する際にバランスが取れないからです。

4,000程度の商品にあまりケチをつけても仕方ないので辛口レビューはこの辺で終わりにします。

次回はChuwi Hibook Proを1ヶ月使用してみた感想をアップする予定です。




広告




広告




広告

スポンサードリンク

-中華スマホ・中華タブレットレビュー
-

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.