ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

Amazon端末 サービスレビュー

30代男性におすすめのアマゾンプライムビデオ 4選

投稿日:2017年2月23日 更新日:

アマゾンプライム会員になって一年たちましたがプライム会員になって本当に良かったと大満足しております。

アメリカではプライム会員費が日本の約2倍ですができるなら日本でも価格据置で今後も対応してもらいたいところです。

しかし昨年あたりからネットショッピングの格安配送、人材不足の問題などが急に叫ばれ始めており運送業界の状況改善が世論となり今後アマゾンプライム会員費が値上がりする可能性があると私は推測しています。

これはアマゾンにとってもプライム会員費を値上げする格好の言い訳となりアマゾンがこのチャンスをみすみす逃すわけがありません。

話が脱線しましたが最近私が見たアマゾンプライムビデオのビデオのおすすめを紹介していきます。

おもしろい順、おすすめ順ではありませんのでどれを見ようか迷っている方は騙されたつもりで見て下さい。


1. Wood Job

 

まずは邦画から紹介していきます。

「泣かせて、恋して、強くなる」的な作り方をするのが大半の邦画の作り方です。

どうせ邦画なんてどれも同じだろうと思ってなかなかこのWood Jobを見るのに躊躇していました。

内容はまさに今紹介した邦画王道の作りなのですが見終わったあと非常にスッキリとした気分にさせてくれます。

俳優の伊藤英明の演技はもちろんなのですがマキタスポーツの演技がいい味が出てます。

 

2. Joyful Noise

街の小さなゴスペルソングチームが少しずつ成長していく過程を見れるお話です。

ミュージカル映画ではありませんが映画中にいろいろな歌がちりばめられていて見ていてウキウキさせられる映画です。

映画の冒頭でマイケルジャクソンの名曲『Man in the mirror』が歌われますがこの部分がなかなか聞きごたえがあります。

この映画をボクシングで例えるならボディーブローです。

ボディーブローは最初の数発受けても大した事ありませんが、何度も食らうと段々効いてきて致命傷につながります。

この映画は他にも様々な名曲がボディーブローのように繰り出され、映画を見終わる頃には誰もがすっかりノックアウトさせられているはずです。

映画を見ていた時に酔っていたせいもあるかもしれませんが最後は泣かされてしました。

 

3.イップマン 最終章

イップマンは中国の武術家でブルースリーの師匠であります。

ブルースリーといえば燃えよドラゴンのイメージ。

燃えよドラゴンはもう見たし、イップマンも似たような映画だろうと思いこみウォッチリスト入れてからずっと放置プレイしてました。

正直見てからもっと早く見ておけばと後悔しました。

なぜなら他にもイップマンの映画は作られていて以前までアマゾンプライムビデオで無料で見れていましたがいつの間にか有料になっていたからです。

このイップマン最終章は2016年2月23日現在も無料で見れます。

さて話の内容ですが、40歳位になったイップマンが香港に来て道場を開き弟子達との交流を描いた映画です。

アクションシーンがすごいのは当たり前。

少し脚色している箇所も散見されますがイップマンの人柄の良さが伝わるいい映画です。

特にイップマンを演じている俳優のアンソニーウォンの表情が素敵でとても素晴らしい演技をされています。

この人はイニシャルDの主人公の父親役をやっていたり、おバカな香港映画に出演していたそうですがシリアスで深みがある演技ができる点が驚きです。

 

4.きっとうまくいく

この映画は2010年頃公開のインド映画です。

学生の自殺世界一というインドの社会問題を取上げたもので、インド国内の映画賞を総ナメにしたそうです。

この話題は国内だけでなく海外にも広がりスピルバーグやブラッドピッドも太鼓判を押すほど有名になったようです。

この物語はエンジニアを目指す3人のインド人大学生の学生生活描いています。

インドと言えば中国に次ぐ経済発展を続けている国でITを始めとするエンジニアリングが盛んな国です。

高度経済成長期の日本社会問題もこんな感じだったのかなと思いました。

この映画の中でいろんな人が数多くの名言を話します。

 

どれも素晴らしい事ばかり言っておりメモを取りながら見たくなりますが、できれば2回、3回と繰り返し見る事で名言の意味をより深く咀嚼して理解できると思います。

インド映画を本気で見たのは初めてでしたが途中、お約束のミュージカルみたいなシーンが出てきて喜怒哀楽、恋愛といろんな要素が濃縮されたハリウッドならぬボリウッドクオリティな映画です。

インドの言語と言えば英語とヒンディー語ですがこの映画は2つの言語がチャンポンで話されていますがインド人ってこんな感じで会話しているのでしょうか?

劇中に挿入されている『Give me sunshine 』の歌が映画を見終わった後もずっと頭の中に残り爽やかな余韻に浸っております。

私もかつて過ごした大学生時代に戻ってやり直したい、大学卒業以来、離れ離れになった友人にまた会いたいといったように回顧病を発症させられる映画です。

この映画は3時間の作品なので時間がある時に集中してみる事をおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?

忙しい限られた時間の中でどの映画を見ようかと悩みますよね?

ハズレのない映画を見るためにレーティングが高い作品を探し出し、いつか見ようとウォッチリストに登録したけど、いつの間にか映画を見るという目的よりも見ようと思っている映画をウォッチリストに登録する作業で満足している方も多いと思います。

もちろん私もその1人でした。

今年はウォッチリスト溜める作業よりもウォッチリストを消化する事に重きをおいていきたいと思います。

(アマゾンプライムビデオの作品は公開期限があるようで現在見れないものもあるかもしれませんので悪しからず)

広告

  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』『レンタル』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-Amazon端末 サービスレビュー
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.