"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

アップル製品・サービス関連のレビュー

iphone Xではなく初代のiphone 2Gを購入しました

投稿日:2017年10月12日 更新日:

11月のiPhone Xの発売が近づき連日メディアではiPhone Xに関する報道が増えてきました。

読者の皆さんはiPhone X』を買いますか?

私は現在、iPhone 7Galaxy S8+を使用しており、満足しているので今回はiPhoneXの購入は見送る予定でいます。

しかし、そんななか!先日新しいiPhoneをヤフオクで買ってしまいました!

iPhone 8でもSEでもありません。

『iPhone 2G』です。

2Gと書くとiPhoneの新型やプロダクトコードネームだと思ってしまいますが、実はそうではなく初代iPhoneのことです。

日本におけるPhoneの初代は、iPhone 3G』から始まるのですが本物の初代はアメリカで発売されたiPhone 2Gなのです。

レトロスタイルであえてiPhone 2Gを日本で使用してみるのもカッコ良いかなと思いました。

しかし、残念ながらアメリカ(GSM)と日本では通信方式が違うためiPhone 2Gは日本SIMカードを挿して使うことができません。

iPhoneは今年2017年に発売10周年を迎えました。

iPhone Xは発売価格約12万円と、これまで最も高いiPhoneとして騒がれていますが、iPhone高騰化の裏側で密かiPhone 2Gが値上がりしていることは一部の人しか知られていません。

 

前回、初代iPhoneが高騰しているという記事を書きました。

いつの間にか初代iPhone がとんでもない価格になっているの知ってますか?

 

これはもしかして将来とんでもない価格になるだろうと思い、投機目的も兼ねて初代iPhoneをいつか買おうと思っていました。

今回、ヤフオクでiPhone 2Gを落札することができたので紹介していきます。

外観の紹介

 

まずは外箱です。

現行(iPhone 7)の箱と比べるとかなり背が高いです。

箱を開けるとこんな感じでiPhoneが入っていました。

何だか懐かしいですね。

握りやすく手に馴染みます。

大きさも程よく非常に持ちやすいです。

初期のiPodを彷彿させるデザインですね。

最近iPhoneを持ち始めた中高生には信じられないかもしれませんが、現在のフラットデザインになる前のUIはこんな感じでした。

何となくアメリカ人っぽいデザインですね。

2007年はインスタやFacebookなどのSNSが今ほど流行していませんでした。

当時はセルフィーという概念が今ほどなく当時のiPhone 2Gにはインカメラまだついていませんでした。

 

iPhone 2Gを購入するには?

iPhone 2Gを購入するには大きく分けて2つ方法があります。

ヤフオク、メルカリで購入するパターンとアメリカのオークションサイトebayで購入する方法です。

私は今回iPhone 2Gをヤフオクで手に入れました。

iPhone 2Gに関しては国内販売されなかったため並行輸入されたものがメインです。

発売から10年たち玉数もかなり減ってきており付属品が揃ってなかったり、壊れているものなどが多いのが現状です。

完動品や状態がいい物を探すならやはりebayから購入した方がベターかもしれません。

玉数も多く新品未開封品などが高くて50万円くらいで売られております。

英語でのやり取りが必要になってくるのでヤフオク、ebayのどちらも一長一短があるのではないでしょうか?

 

iPhone 2Gを買うときのポイント

  1. 本体と外箱のIMEI番号が一致しているか確認

  2. 付属品が全て揃っているか確認

  3. 傷の有無やディスプレイが故障していないか確認

iPhone 2Gは発売から10年経っているめ現存しているものは状態が良くないものが多いです、

上記のことに気をつけて買うようにすれば、いつか自分が買ったPhone 2Gが大化けするくらいの資産価値になるかもしれません。

iPhoneのIMEIを調べるには外箱の裏側に記載されているIMEIと、本体の設定項目から見れる番号を照会してください。

もし番号が違っていた場合、前のオーナーが故障修理に出したか、箱だけ別の物を用意したということが考えられます。

iPhone 3Gの思い出

初代iPhoneが発売された2007年はガラケー全盛期でした`。

宣伝上手なアップルが2016年発売のiPhone7におサイフケータイ機能や防水機能を世界初でスマホに実装させたみたいなPRをしていましたが日本では、この頃、既にガラケーに実装させて発売していました。

iPhoneが発売された当初は、液晶画面に指紋がつく、指で画面が見えなくなる、そんなに画面を大きくする必要がないなど、絶対に流行らないという意見が多数を占めておりました。

あれから10年。

日本人の約7割がiPhoneユーザーといわれるようになり、誰がこんな未来を予想していたのでしょうか?

私はソフトバンクのiPhone 3GからiPhoneを持ち始めたのでiPhone歴がもうすぐ10年になります。

それ以前はウィルコムZero 3esというスマートフォンの元祖のような機種を使っていました。

iPhoneを含め当時はまだスマホが珍しく、私のスマホを見て「10人中10人がすごいね!」と言いつつも、どこかオタク的な目で見られているような気がして発言を正直に受け取れないモヤモヤしている時期でもありました。

まとめ

iPhone Xの次期モデルの名前はiPhone イレブンになるのでしょうか?

macOSはここ10年くらいXなのでiPhone X2という名前になるのか、それともiPhone以外の新しい名前がつくかもしれません。

iPhone 2Gは故スティーブ・ジョブズが手がけたApple社最初のスマートフォンです。

今後、間違いなくiPhone 2Gの玉数は減る一方です。

投機目的として持つのもいいかもしれませんがスティーブ・ジョブズの功績と情熱を感じる逸品としてコレクションしておくといいかもしれません。

広告




広告




広告

-アップル製品・サービス関連のレビュー
-,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.