"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

広告

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ドローン関連レポート

編隊飛行もできる!? Zerotechの新型ドローンHESPERが今夏発売とリーク

更新日:

広告

Dobbyドローンで一気に有名になった中国のドローン企業のZerotech社ですが今夏に新型ドローンの『HESPER』を発売するとリークがありました。

価格は999ドルなので日本で発売となると129800円くらいになりそうですね。

この新型ドローンのHesperは折りたたみ式で4K撮影が可能。

飛行時間は約18分と伝えられておりDJI社の折りたたみドローンのMAVIC PROの強力な対抗馬になると予想されます。

またDJI社も同様に現在発売されているZerotech社のDobbyドローンに対抗すべく、近日中に『DJI SPARK』というポケットドローンを発売する見込みとなっておりドローン業界は熾烈な争いが繰り広げられております。

今回発売されると噂されているHESPERですが形はMAVIC Proにそっくりですが胴体がMavicよりも若干薄く見えます。

Mavicのフライトタイムは24分ですが、Hesperの胴体の薄さでバッテリーの搭載量に差が出てしまっているのではないでしょうか。

現行のDobbyの重量は199gとドローン規制対象をギリギリクリアしていますが、さすがに新型Hesperは200gを超えてしまうのではないかと予測します。

Hesperのは折りたたみ式、フライトタイム18分で4K撮影可能!

すでにMavicが発売されておりこれだけのスペックでは所詮mavicの二番煎じと思われインパクトに欠けるのではないでしょうか?



Mavic Proとの差別化は?

新型Hesperの凄いところは最大10台のドローンと編隊飛行(同時飛行)ができるところです。

出典を見ると2、4、8台のHesperあるいはDobbyをアプリ経由で同時制御可能。

4台使で使用した場合、2.5m✕2.5mの範囲内で同時飛行。

8台で使用する場合 5m✕5mの範囲で同時飛行するようです。

10パターン程度、動き方の選択をできるようですがパターンに関しては一部有料ダウンロードで販売となるだろうとのことです。

ヘスパーは個人使用の他に、テーマパークなど法人でのシェアを獲得したいのではと推測されます。

本当は日本企業にこんなおもしろいドローンを開発して欲しかったというのが本音ですが、今後世界中から新しいドローンが発表されおもしろい商品が出てくれるのを楽しみにしたいところです。

出典はこちら

http://www.prnewswire.com/news-releases/zerotech-leaks-new-pocket-drone-hesper-and-introduces-zerospace-drone-formation-dance-set-300444030.html


広告




広告




広告

スポンサードリンク

-ドローン関連レポート
-,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.