あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

1か月間の使用で音が激変!?中華イヤフォンKZ ZS5レビュー

4ドライバー搭載で価格が3,000円の驚異の中華イヤフォンKZ ZS5を1か月使用してみました。

このイヤフォンは結論から書きますと、使えば使うほど、聞けば聞くほど音が良くなってくるスルメのようなイヤフォンでした。

前回の購入、箱出しレビューはこちら

高コスパ中華イヤフォン KZ ZS5を買ってみました

前回記事にも書きましたが、箱出しの状態での音は

『中音域がスカスカ』、『音が若干曇っている』といったネガティブな印象な反面、『空間の広がり、位相感が良く分かる』『低音の鳴りがいい』という微妙な反応のイヤフォンだと感じました。

あれから1か月使用していますが初期の頃よりも良く鳴るようになったのか、今では箱出し時に感じたような不満はほとんど感じなくなりました。

 

使用環境

毎日、約1時間半ほどポッドキャストを聞きながら往復通勤しています。

時々、音楽なども聞きましたが基本的にポッドキャスト放送をメインに2週間ほど聞き始めた頃から少しずつ音の変化を感じるようになりました。

ちなみに車から離れている時や休みの日はイヤフォンを車内に置きっぱなしです。

夏場はイヤフォンにとって実際のところ本当はあまり良くない環境なのかもしれません。

暑い環境に置いておけばギターの木材の乾燥が進みよく鳴るようになる原理でイヤフォンも乾燥してよく鳴るようになるんじゃないかと勝手な理論に期待していまいましたが今のところ故障することなく普通に使用できています。

いくら壊れていないとはいえ、オーディオ専門家が見てこんな使い方をしていて本当に大丈夫なのでしょうか?

 



どんな音になったのか?

 

音の透明度に関しては当初、曇り感がありましたが、使っているうちに曇りのベールが徐々に取れてきてほとんど気にならないくらいウォームで艶のあるサウンドが鳴るようになりました。

前回、聴き比べてみたミュージカル『RENT』の冒頭で歌われる曲『Seasons of love』を改めて聞いてみました。(アマゾンプライムミュージック版で実際は聴き比べしています)

あまり関係ありませんが下記のYouTube動画はアメリカのミュージカルドラマ『glee』のカバーバージョン。

レイチェルの彼氏のフィンが本当になくなり追悼で歌ったseasons of loveです。

本家のseasons of loveは、アクター達が左から右に一列に並んで立って歌っています。

相変わらず定位感に優れており、左から右までの距離(ステレオ感)がよくわかります。
目を閉じると、あたかも本当にブロードウェイのミュージカルシアターに来ているかのような臨場感を味わえます。

また音の分離と解像度がいいためか、それぞれ立って歌っている人たちの息継ぎの音が聞こえてきたり、合唱している声がミックスにならず一人一人の声の違いがなんとなく聞き分けられました。

箱出し直後では、中音域がスカスカだったと指摘しましたが1ヶ月使用し2週間目あたりくらいからは徐々に鳴ってくるようになり全く気にならない程度になりました。

全体的な音としてはウォーム感があり音のキレはそんなにありませんが、高音と低音に関しては相変わらずよく鳴りゴージャスな音です。

クラッシュシンバルの音に伸びを感じないのと低音の輪郭が若干あいまい、立上がりの鋭さが足りないところだけが残念でした。

例えば私の持っているXiaomiのPiston2ならハイハットを叩くドラムステック先端のチップの打音からハイハットシンバルの硬さや重みが伝わってきます。

またギターのコードストロークといった高音域で発生する音までしっかり表現してくれます。

KZ ZS5ももちろんこれらの音は聞こえるのですが繊細な表現ができずどうしても雑さを感じてしまいました。(Galaxy S8 plusで再生しています。オーディオ機能のadapt soundをオンにしている影響も若干否めませんが……)



総評

音の傾向は弱ドンシャリで、音色はウォーム系です。
2DD+2BAドライバ構成が織りなすゴージャスなサウンドが魅力的な一本となっています。

KZ ZS5は音楽制作者やプロデュサーが本当に意図した音楽、表現を見事に具現化してくれるイヤフォンではないでしょうか。

世の中には『大器晩成』という言葉がありますがまさにこのKZ ZS5がその言葉にふさわしいイヤフォンだと思います。

今後リケーブル、アップグレードケーブルに交換することで今までの1ヶ月聞いてきた音よりもさらに素晴らしい音になる可能性も秘めています。

つけにくい点、外れやすい点、耳周りのコードの収まりの悪ささえ解消すれば、どこでも気軽に使用できる最強イヤフォンとしてトップに君臨しもっと普及するはずだと思います。

 

今回は、たかが3000円のイヤフォンに辛口レビューをしてしまいましたが3000円の割には及第点というよりも、それ以上の満足度を感じる本当にいいイヤフォンだと思います。

KZ ZS5は間違いなく1人1つ持っていて損のないお得なイヤフォンです。

 


関連記事



by
静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。□◆理念◆□日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』『レンタル』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。FacebookとTwitterページもやっています!
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です