あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

話題のビットコインを買ってみた!初心者5日目の収益は!?

最近ビットコインの話題をよく耳にするようになってきました。

ビットコインに関してはすでに高値圏内で今買ったら暴落するとか言われていますが、新しい物好きの私としては、この流行にのらないわけがありません。

8月14日にビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BTH)を合計28万円分購入してみましたが、今回ビットコイン購入に関して、なぜ買ったのか、ビットコインの将来性、それと5日目の収支を記事にしてみました。

ビットコインの今後はどうなるのだろうか?

2017年8月19日現在、1ビットコイン47万円となっており、わずか8か月のあいだで価値が5倍に上昇しているようです。

一方、過去のマウントゴックス事件の影響もあり日本ではビットコインに対してあまりいいイメージがない方も多いはず。

ビットインバブルの記事がヤフーで出てくると『信用できない』とか『いつ暴落してもおかしくない』という意見も必ず出てきます。

しかし、ビットコインで決済できる環境は日に日に増えていっており日本で有名なところだとビックカメラ、DMM、マルイなどでビットコイン決済ができます。

ちなみに日本ではあまり知られていませんが米国のAmazon.comではビットコイン決済が可能なのです。

米国のアマゾンでビットコイン決済ができるということは、将来的に日本のアマゾンでも対応する日がやってくることは間違いないはずです。

また今後、楽天の三木谷社長がビットコイン決済に対応することを示唆しております。

もしそうなった場合、ビットコインが一気に流通しだし、今よりもっとビットコインの価値が上がると多くのアナリストが予想しています。

日本でビットコインを使用できるお店(サービス)

https://jpbitcoin.com/shops




有事の金買いならぬビットコイン買い!?

戦争、世界的な経済危機、ネガティブニュースが発表された時に買われるのが金で『有事の金買い』という言葉があります。

その他にも国際的に信用の高い日本円なんかも買われたりしますが、金と日本円の他にこれからビットコインが買われると密かに言われております。

ビットコインは大きな戦争や大不況など誕生してからまだ経験していませんが2013年のキプロス危機時には、一時的にビットコインの価格が上昇しました。

8月初旬から北朝鮮情勢が怪しく先日のトランプ大統領と安倍総理の電話会談の際に9月9日の北朝鮮の建国記念日に北朝鮮を攻撃しようかと相談したと言われています。

また北朝鮮は北朝鮮の祝日の前後にミサイルを撃つパターンが常態化しており米国と北朝鮮双方で9月9日まで挑発と牽制の応酬が予想されます。

ヒートアップするごとに中国と韓国人がビットコインを購入しさらに高騰していくと予想されます。



ビットコインをなぜ買ったのか?

先行者利益という言葉をご存知でしょうか?

新たな市場にいち早く参入したり、新製品をいち早く導入したりすることにより得られるメリットのことです。

冒頭にも書きましたがビットコインはまだまだ通貨としては信用がなく、投資としてはネガティブなコメントが多いです。

どちらかというと投資ではなく投機といった方がいいかもしれません。

ビットコインを買うのはもう遅い?

まず私は、ビットコインを買う以前は株も経験しておりFXや先物以外に関して多少知識はありました。

今回ビットコイン購入ということで書店に行き情報を周してみましたがビットコインに関する本は2冊しか置いておらず、その他は投資雑誌の特集で幾つか見た程度でした。

情報を集めようとしても書店には本がなくネット中心の情報集になってしました。

つまり、それぐらいしか情報が少ないので短期的に見て今の1BTC(1ビットコイン)47万円は高いかもしれませんが、長期的に見たらまだまだ上昇の余地は考えられます。

ビットコインの購入方法は? 取扱い大手3社とは?

1.ビットフライヤー

2.コインチェック

3.Zaif

私はビットフライヤーというオンラインの取引所で購入しました。

仮想通貨でビットコイン(bitcoin)イーサリアム(Ethereum)など、安定性のある通貨を取り扱うなら、手数料も安いbitFlyer(ビットフライヤー)が初心者から上級者にオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

特に仮想通貨をはじめて持つ方はビットフライヤーが一番オススメしたい取引所になります。

ビットフライヤーは2014年創業と比較的新しい仮想通貨の取引所ですが、GMOや三菱UFJ、SBIなど大手の企業から出資を受け取っております。

そのため現在は他の取引所に比べて急成長を遂げており日本の取引所のなかでは資本力はトップクラスになります。

■コインチェックは取扱っているいる通貨が多いのが特徴。

■Zaifは今年10月に上場すると言われているCOMSAの会社でZaifコインという独自のトークンを発行しています。

また合わせてNEM(ZEM)という通貨も取扱っているので上場に合わせてこの2つをZaifで買っておくといいかもしれません。

 

開始5日目でどれくらいの利益が出たのか?

日本円で28万円を入金し、0.5BTCと1BTH(ビットキャッシュ)を購入しました。

ビットキャッシュに関しては詳しく解説しませんがビットコインの兄弟みたいなものです。

購入2日目からBTCは値下がりしだし、代わりにBTH(ビットキャッシュ)が購入時の価格の2.2倍になり5日目でプラス4万円の利益がでました。

逆のことを言うとマイナス4万円になっていた可能性もありますが今この時期、BTCかBTHを買えば比較的利益を出しやすいかと思われます。

株もそうでしたが買うのは簡単です。

問題はいつ利益確定をするかが重要でかつてこの選択が遅かったり早かったりで何度も失敗した経験があります。

ビットコインの売買でのスプレッド(売買手数料の差)が意外に高く、そこも計算して取引しないと利益が出ないのでなかなか難しいと初心者ながらに思いました。

ビットコイン始めるなら今がチャンスです!

※最後に投資はご自身の判断でおねがします。


関連記事



by
静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。□◆理念◆□日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』『レンタル』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。FacebookとTwitterページもやっています!
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事
No articles