"/>

Newガジェット三昧!

あると役に立つ最新ガジェットを紹介。 静岡県藤枝市に住む多趣味な私のライフスタイルを綴ったブログです。 スマートフォン、タブレット、PC、Apple製品、中華ガジェット、ミニセグウェイ、ロードバイク、電動スケートボードなど多岐にわたる話題をお届け!

イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

Boseの完全ワイヤレスイヤフォン Sound Sport Free wirelessのレビュー これを使ったら2度と有線イヤフォンを使いたくなくなる!?

投稿日:

先週の11月22日は私の36歳の誕生日でした。

妻の誕生日にApple AirPodsをプレゼントしましたが今回、誕生日のお返しということでBoseのワイヤレスイヤフォン『Bose Sound Sport Free wireless』をもらったのでレビューします。

今回買ってもらったBose Sound Sport Free wirelessはは約3万円と、自分がこれまで買ってきたイヤフォンの中でもっとも高い部類に入ります。

何が欲しいかと聞かれた時にこの製品を妻にお願いするのに非常に躊躇しました。

これまでPistonシリーズをはじめとする小米のイヤフォンやZS Z5といった中華イヤフォンばかり紹介してきましたいずれもコスパ最強と連呼してきました。

コスパ最強とは、値段が安い割に値段以上の性能の物を意味するのですが、今回買ってもらったBose Sound Sport Free wirelessは約3万円。

そもそも私自身、10,000円円以上のイヤフォンを買ったことがなかったため、何と比べて中華イヤフォンがコスパ最強なのかよくわからずにレビューしてきたことに反省しています。

以前記事に書きましたが、Bose Sound Sport Free wirelessは御殿場プレミアムアウトレット内にあるBoseストアにて購入しました。

BOSE製品が安い!御殿場プレミアムアウトレットに行ってきました

ちなみにまだ新製品だけありBose Sound Sport Free wirelessリファービッシュ品は出回っていません。

新品で27,000円(税抜)で売られていました。

当初、QC(Quiet Comfort)20か35を買ってもらおうと思っていましたが、店頭で実物を見て急きょBose Sound Sport Free wirelessを買うことになりました。

 

Bose Sound Sport Free wirelessとは

BoseといえばQuiet Comfortの名を冠したノイズキャンセリング機能つきのヘッドフォン(イヤフォン)が有名です。

Boseは NASAや米軍と深い関わりがあり、ヘリコプターパイロットの無線を聞きやすくするためにノイズキャンセリング機能を開発、発展させてきました。

ノイズキャンセリングはインターネット技術やルンバみたく軍事品を民生化させた例の1つなのですが今回購入したBose Sound Sport Free wirelessはノイズキャンセリングがついておりません。

Bose Sound Sport Free wirelessは2017年11月に発売されたBose初の左右分離型のワイヤレスイヤフォンです。

 

以下、アマゾンの商品紹介文を引用しています。

ボーズ独自のデジタル信号処理、音量に合わせて最適化するイコライザー、独自の音響設計により音量に関わらずクリアでバランスのとれた迫力のサウンドを実現。

スマートフォンを手に持っていても、ポケットやバッグに入れていても、音割れやノイズのない安定したサウンドです。

防滴仕様なので雨や汗の心配も不要。StayHear+ Sportチップは軽量で外れにくく、長時間つけても快適にフィット。

Bose Connectアプリで紛失したヘッドホンの場所を特定できます。

1回の充電で最大5時間の連続再生。

ケースをフル充電することで2回分の充電ができ、さらに約10時間の再生が可能です。

Bluetoothのペアリングは音声ガイド付きで、SiriやGoogle Assistantへのアクセスや通話も簡単。

 

 

開封の儀

早速ですがこちらが開封してみた写真です。

 

Apple製品を意識しているのか非常にシンプルかつ高級感が漂うパッケージです。

10年前までは、”これ系”の製品はまだまだ少なかったですがこの方法で発売した方がコストが安いためだろうか最近この手のパッケージが当たり前になりつつありますね。

こちらが取説です。

中をチラッと見てみましたが3秒で閉じました。

Bose Sound Sport Free wirelessを使用するにあたり専用アプリ『Bose Conect』をスマホにインストールする必要があるみたいです。

こちらが肝心な中身です。

印鑑ケースがそのまま大きくなったようなデザインでした。

LEDランプ下にあるボタンを押すと蓋がパカッと開くのですがヒンジ部の内臓のバネが弱いのか、それとも蓋のツメの引っかかりが強すぎるのかよくわかりませんが毎回なかなかすぐに開けられずフラストレーションが溜まるのがちょっと残念でした。

おまけにイヤーピース(Sサイズ、Lサイズ)とMicro USBケーブルが入っていました。

 

使用感は?

ケースから取りだすと電源がオンになり、スマホなどの音楽プレイヤーのBluetoothが入っていれば自動的にペアリングしてくれます。

もし違う機器にコネクトしたい場合は左耳のボタンを押すと自動的に別の再生機に接続されます。

AirPodsにも言えることかもしれませんが一度、完全ワイヤレスイヤフォンを使ったら、もう2度と有線イヤフォンには戻りたくなくなるはずです。

有線イヤフォンは、使用し終わった後に保管する際にコードを巻き取る必要がありますがワイヤレスイヤフォンは巻き取りの必要がなくケースに収めるだけ。

再び使用するときはケースからイヤフォンを取り出し即使えます。
また使用中のケーブル取り回しの煩雑さから解放され音楽を聴きながら、もしくは音声通話をしながらできることが増えるはずです。

 

どんな音がするのか?

購入して3日ほどつけてみましたが「本当にワイヤレス?」と疑ってしまうくらい良くできたイヤフォンだと思いました。

まず低音から中音域がふくよかでリッチな音がします。

高音ももちろんよく鳴りますが各音域でバランスが取れていて非常に聞きやすくこれが俗にいうBoseの音かと思いました。

録音された音楽の再現性というよりか、音楽に独自の味付けをしてもっといい音楽を聞かせようというタイプのイヤフォンでしたがBeats系のイヤフォンみたいなあからさまな感じではなく、あくまでも原音に忠実でありつつもリッチなサウンドを聴かせてくれます。

低音、中音が強いのですが、さすが安いイヤフォンとは異なり、よく潰れがガチな低音(特にバスドラのキック音など)輪郭がはっきりしています。

解像度に関しては低音だけではなくほぼ全ての音域で非常にクリアで定位感がしっかり表現できている素晴らしいイヤフォンでした。

 

改善してほしい点

現在執筆中です。

 

続く。

広告




広告




広告

-イヤフォン・ヘッドフォンレビュー
-, ,

Copyright© Newガジェット三昧! , 2017 All Rights Reserved.