ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

スケートボード

Boostedboardの新型が発表! 4種類のうちのどれを選ぶか悩み中

投稿日:2018年4月18日 更新日:

2018年4月17日の深夜に電動スケートボード『Boostedboard』の新型の発表がありましたのでいち早く取り上げさせていただきます。

今回新しく発表されたモデルは4種類

Boostedboardは現行モデルがV2(第二世代)となっておりますが今回発表された新型はV2の後継機なのか、それとも現行機に並行し、別のラインナップとして発売されるのかは今の所定かではありません。

私の私見ですがBoostedboard V2がセールをやっていることから、Boostedboardのフラッグシップモデルとして新たに君臨する形になると予想します。

新しいBoostedboardの紹介

Boosted mini S

最高速度 28km

最大巡航距離 11km

価格 $749

Boosted miniX

最高速度 32km

最大巡航距離 22km

価格 $999

Boosted Plus

最高速度 38km

最大巡航距離 22km

価格 $1399

Boosted Stealth

最高速度 38km

最大巡航距離 22km

価格 $1599

まとめ

いかがでしょうか?

iPhoneを意識してるからわかりませんがPlusとかXとかヒネリを感じないネーミングセンスに疑問を感じました。

Facebookの電動スケートボードのコニュニティも見てみましたが今回発表された新型のBoostedboardにたいして、Bullshit!(クソ)とGarbage(ゴミ)など放送禁止用語が飛び交っていました。

その理由はいくつかありますが、現行機と比較すると

最高速度や最大巡航距離の点で大幅なアップデートがなされなかった事

見た目がチープで中華スケボークオリティーではないか?

という点で落胆の声が上がっているようです。

中華電動スケボーをいくつか買ってきた私も新型を見たときにはデジャブ感がありました。

EvolveやRaptor2その他、中華電動スケボーでさえ最高速度40kmオーバーのマシンはいくつも出ており、最高速度40kmという数字が電動スケートボードを選ぶ1つの基準(最低スペック)なりつつありますが何故このようになってしまったのでしょうか?

価格に関してはBoosted Sで749ドルからと比較的良心的な価格で電動スケボー初心者にとってはありがたい価格だと思います。

ブーステッドボードの最高の魅力は加速やブレーキフィーリングが良く、誰でも乗りやすく設定されている点です。

中華電動スケボーなどで同性能で価格がもっと安いものがあるかもしれないと思うかもしれませんが、ブーステッド独自の乗り心地に付加価値があると感じていますので安物との価格を単純比較してしまうことだけは避けたほうがいいと思います。

追記

ユーチューバーのケイシーナイスタッドが早速ニューモデルをレビューしてくれています。

これを見たらやっぱり欲しくなってしまいました。

日本に発送してくれないかな。

広告

  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』『レンタル』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-スケートボード
-,

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.