ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

日々のあれこれ

胃カメラ初体験でアレが見つかった 俺氏辛すぎてむせび泣く

投稿日:

先日の会社の健康診断があり胃炎の可能性が疑われるため要検査という判定を受けました。

今年に入り営業所所長になり、いつしか部下と会社との板挟みになることが増え、

「俺 頑張ってんじゃん」

と思っていた矢先の出来事でした。

胃炎の原因はストレスに間違いないと思い込み指定された日に病院に行き胃カメラ検査をする事となりました。

 

胃カメラも進化してることに驚き

病院で胃カメラを勧められた時に子供の頃にテレビで医療ドキュメンタリー番組をやっていたのを思い出しました。

アナコンダみたいなケーブルを患者が剣を飲み込む大道芸人のように突っ込まれゲボゲボやっているシーンです。

俺もアレをやるのかと憂鬱になっていましたが昨今、鼻の穴から細い内視鏡カメラを入れ胃まで挿入する方法があるようなので迷うことなくこちらの方法を選択しました。

「インフルエンザの試験で鼻に検査棒を突っ込む要領」

でやるのかなーと軽く考えていましたがまさかあんな苦しい思いをする事になるとは、この時全く思っていませんでした。

 

胃カメラ検査当日

当日はもちろん、前日の21時以降から物を食べてはいけない、水もNGという状況で検査に臨みました。

まず胃の中の胃酸の泡を消すための薬を飲まされました。

小さい紙コップ一杯なのですがこれが不味くて不味くて仕方ありません。

バリウム検査薬みたくヨーグルト味あればこれからの検査の憂鬱が少しはマシになるだろうと思いましたがとにかくまずい。

そして鼻の穴に麻酔薬を注入し、しばらくしてカメラをスムーズに通すために鼻の穴を拡張すべく、鉛筆みたいな棒を鼻の穴にねじ込まれました。

麻酔薬が効いているのでそんなに痛みはありませんでしたが、○ナルプラグをされるのってこういう感覚なんだろうなと変な妄想をしてしまいました。

そんな変態野郎の私にもついに死刑執行、

じゃなかった、胃カメラ検査の順番が回ってきました。

内視鏡カメラでの検査は実はこれが始めではなく、7月に喉の調子が悪くなり入院した際にも同じような物を使っていたので少し落ち着いていました。

しかし、その時のカメラは喉まで。

今回は未知の領域の胃まで到達せねばならなく、どんな魔物が待ち受けているのやら。

私の不安をよそに先生は慣れた手つきでソレを私の鼻の穴に突っ込んできました。

次に私は、あの剣を飲み込む大道芸人にならねばと必死になっていました。

私の姿を見た医師は、私の事をさぞ哀れな道化師としてしか見ていなかったでしょう。

鼻の穴から入った深海を目指すノーチラス号。

どんどん深度を下げ、間もなく深海の底に到達するだろうというのが伝わってきます。

深海に着地したと思った瞬間、

「ゲボー」

と大きな吐き気を催し、むせこんでしまったのです。

着地したと思ったのは、まさかの胃の入り口だったのです。

「もうやめて」

横山弁護士(例えが古い)みたいな声を心の中で叫びましたが医師は手を休めるどころかガンガン奥まで内視鏡カメラを突っ込み涙まで出てくる始末。

深海調査だけだったはずのノーチラス号がついに深海の地質調査を始めだしたようです。

「もしやお前は中国船か? 俺の胃は尖閣諸島じゃありませんよ」

と少しでも気を紛らわすべく勝手な妄想をしていました。

しかし、ノーチラス号はこの時、私の胃の中である物を発見してしまったのです!

衝撃の続きはCMのあとで!

 

医者の見解は?

ショック! 俺の胃の中にある物が発見された。

胃カメラで見つかる物といえば、ポリープか胃潰瘍と思うでしょう。

「胃が荒れてますね。

胃に優しい食事をしてストレスはなるべく溜め込まないように。

あと飲み過ぎもダメですよ。」

という模範解答的な言葉を期待していたのですが次に医者から言われた言葉は、、、

「この胃の荒れ方はピロリ菌です」

との事。

胃がんの原因になると言われているアイツです。

まさか36年間ピロリ菌と一緒に生活をしていたとは思いもよりませんでした。

 

おおげさにここまで話を引っ張ってしまい申し訳ありません。

治療中

そんなわけで現在、胃の中のピロリ菌を撲滅すべく抗菌薬を処方され毎日朝晩と投薬療法をしています。

薬の名前はボノサップ。

とりあえず1週間薬を飲み続ければピロリ菌は無くなるようですが、薬がピロリ菌に効かなければ数ヶ月後に別の薬でピロリ菌を退治する事になるようです。

今回、ピロリ菌がいるのがわかったのは、そもそも会社の健康診断でバリウムを飲んで検査した結果、胃炎の診断をされピロリ菌へとたどり着きました。

バリウムがまずいから健康診断でバリウム検査受けたくないと頑なに拒否している方。

定期的に絶対にバリウム検査する事をオススメします。

 

胃カメラの費用と時間

鼻から胃カメラをやった場合の費用は保険適応で4,000円~5,000円。

検査中の時間は10分から15分位で終わった気がします。

もう二度とやりたくありませんがやれと言われたら鎮静剤を打ってもらい朦朧とした意識の中で口から入れてもらおうと思っています。

口から胃カメラを入れる場合、鎮静剤を使用する関係で自動車での通院は控えるようにと指示があるはずです。

医療関係者の方へ

バリウム検査を受けている時にVRゴーグルをつけて宇宙飛行士を体験できるシステムを作ったら受診率があがるかもです。(半分冗談です)

次にあなたが胃カメラを飲み込む時はGoPro Hero 7を飲み込んでもらうかもしれませんよ。

広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-日々のあれこれ

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.