ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

ロードバイク&マウンテンバイク

タイヤ交換・パンク修理の方法をレクチャーしてみます。

投稿日:2014年1月3日 更新日:

タイヤ交換・パンク修理の方法をレクチャーしてみます。

久しぶりのブログ更新になってしまいました。

空白の期間に実はルイガノキャスパーを手放しその代わりにtrekのロードバイクを購入しました。

今回ロードバイクのバイクのタイヤ交換の方法を書きますがマウンテンバイクも構造が一緒なので参考になればと思います。

まずは自転車を逆さまにしてタイヤ交換をしやすい状態にします。

2ad38d8d.jpg

クイックリリースレバーを引きタイヤを外します。

今回は後輪のタイヤ交換をします。

be6d6a42.jpg

タイヤレバータイヤのリムの内側に差し込みテコの原理で持ち上げタイヤのリムからタイヤを抜き取って行きます。

タイヤレバー2本をホイールのハブにかけもう一本はリムに沿ってレバーをかけタイヤを外して行きます。

b193c08b.jpg

タイヤレバーを一周させリムからタイヤから外れたあとタイヤの中からチューブを抜き出します。

この時にチューブのどこに異物が刺さっているか確認。

目視で見つけることができたら今度はタイヤにも異物が刺さって無いか確認します。

74ae4595.jpg

もし目視でどこが原因でパンクしているかわからない場合はタイヤチューブを抜きだしたら空気入れでチューブに空気を入れてバケツの中に浸します。

この時に穴が空いている箇所から気泡が浮き上がって来るはずです。

もっと正確に場所を知りたい場合はただの水ではなく、石鹸水に浸してみるともっと分かりやすくなります。

cc534450.jpg

ママチャリですとこのあとごむのりをつけてパッチテープで穴を塞ぐのですがロードバイクやマウンテンバイククロスバイクの場合は空気圧が通常の自転車より高めに設定されているのでパッチテープで穴を塞ぐと同じ箇所から再び空気もれを起こす可能性が高まります。

なのでパンクしたらいっそのこと思いきってタイヤチューブを新品に交換してしまいましょう。

このパナレーサーのチューブのシリーズが大変安いので毎回使っています。あとミシュランのチューブも比較的安価なのでオススメです。

工程を省いてしまいますが今度は今までと逆の手順で組み付けをすれば
タイヤ交換の完成です。

この時に注意するのがタイヤチューブをタイヤに収める際にチューブをリムに噛ませてしまわないようにすることです。

これをやってしまうと空気を入れた際にまたパンクしてしまいます。

交換できましたか?

始めてタイヤ交換する時は不安だと思いますが一回タイヤ交換をやってみると次回は意外とスムーズにできるようになるはずです。

自転車屋さんにパンク修理にだすお金で今度はいいタイヤを買いましょう!

次回は自分で挑戦してみてください。

広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-ロードバイク&マウンテンバイク

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.