ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

ロードバイク&マウンテンバイク

自転車映画『メッセンジャー』を鑑賞 バイク便の仕事に脱帽です

投稿日:2010年5月29日 更新日:

雨が降ったり、暑かったり、寒かったりと一年には「絶対に自転車には乗りたくない」シーズンが何回かきます。

こんな時期、皆さんはどうして過ごしていますか?

この時期を境に自転車にまったく乗らなくなってしまう方も多いかと思われます。

今回は、自転車に乗るモチベーションを高める自転車の映画を紹介します。

自転車映画『メッセンジャー』とは?

自転車映画というと「弱虫ペダル」を想像するかもしれません。

でも実は隠れた自転車映画があるのをご存知でしょうか?

メッセンジャーという映画です。

20年近く前の映画のため、少し古さを感じさせるかもしれませんがメッセンジャーは1999年に公開された映画です。

自転車映画メッセンジャーのキャスト

  • 飯島直子
  • 草薙剛
  • 矢部浩之

など当時、人気絶頂期だった豪華な俳優人達が登場します。

3人とも最近あまり見かけないのが少し残念です。

あらすじ…

自転車で書類を運ぶ自転車便がテーマの映画です。

輸入アパレルブランドのプレス(広報)をやっていた清水尚美(飯島直子)が突然、ブランド本社の倒産に見舞われ無職になってしまいました。

さらに不幸なことに人身事故まで起こしてしまいます。

その人身事故の相手は自転車便『TOKYO EXPLESS』の社員の横田(矢部浩之)。

清水尚美は示談を図ろうとするが、相手の条件はなんと自分に代わって自転車便で働いてほしいというものでした……

最初は嫌々仕事をこなしていくが、あることがきっかけで自転車便の魅力に目覚めます。

続きは映画を見て下さい。

メッセンジャーを観た感想

私見ですが、この映画の登場はあと10年遅かったほうが興行的に成功したんじゃないかと思いました。

なんせ今が自転車ブームですからね。

全体的見ていて楽しい映画ですが、いきなり自転車が有料道路を走っていたり、自動車の走行レーンを走っていたりとツッコミどころは満載です。

でも時速50㎞で走る自転車の爽快感や疾走感。

そして派手な自転車アクションを見ていて楽しめます。

この映画に登場している自転車は当時としてはかなりいいモデルだと思います。

映画に出てくるようなバイク便の仕事は普段接することがない方も多く、フィクション感を感じるかもしれませんが日本では最近「Uber Eats(ウーバーイーツ)」なる、自転車出前サービスが首都圏を中心に人気です。

Uber Eatsの人たちも普段なこんな気持ちで働いているのかなと思わせるような内容の映画です。

スペシャライズド、ジャイアントなど映画情報の詳細はこちらのリンクの映画公式サイトをご覧ください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!FacebookとTwitterもやっています!詳しく見る

-ロードバイク&マウンテンバイク
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.