ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

日々のあれこれ

遺品整理、特殊清掃の現場に遭遇

投稿日:2015年9月11日 更新日:

私は営業の仕事いますが本日客先に会うため指定されたアパートへ訪問しました。

車を置こうとアパート前の駐車場に置こうとしたところ荷物を積んだトラックで満車で入れずこんな時期に引越しかー程度に思ってました。

自分の車を置いて周囲を見回すとそれがすぐに引越しでないことがわかりました。

まずタンスや引き出し衣装ケースなどトラックの荷台に積んでいましたが中に何が入っているか一切確認せずに無造作に積み上げられていて窓からビニールに入ったゴミと思われる荷物を慣れた手つきで放りなげていたので引越しではなく、孤独死か自殺か家賃滞納者の強制排除かと思いました。

作業員をよく見てみると防毒マスクのようなものをつけており玄関入り口には他の現場でも使っていたものだろうか造花の大きい花が置かれており何をしているのかすぐに理解する事ができます。

こういう現場は臭いがキツいとよく聞きますが薬剤散布をした後なのかそんなに強烈な臭いは感じませんでしたが汗の臭いを強烈にしたような臭いがほのかに香りこれが死臭なのかと思いました。

多分もっとすごいものだと思いますが。

現場で遺品のマットや生前使っていただろう生活用品を見て亡くなった方はどんな人生を歩んで来たのだろうか感慨深いものがありました。

私もあなたも死ねば肉体は腐り放置しておけば異臭を放ちます。

それは人間だけでなく他の生物も自然界共通の事です。

また死は誰しもが免れる事はできません。

好きで遺品整理、清掃の仕事をしているわけではないでしょうがこれから独居高齢者が増え需要は高まりつつある業界です。

今までは何となく特殊清掃に対して偏見や奇異の目で見ていましたが生で清掃の現場をみて彼らの仕事ぶりにただただ脱帽するばかりでした。

広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-日々のあれこれ

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.