ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

日々のあれこれ

LINE再流出? ゲスの極みベッキー騒動と小保方晴子氏との意外な共通点とは?

投稿日:

タレントのベッキーとゲス極の川谷とのやり取りが週刊文春によりリークされるという記事があり魔女狩りの様相を呈しています。




週刊文春をセンテンススプリング、卒論など隠語を駆使したやりとりが問題となっており、友達がどうこうなど記者会見の時の発言とは裏腹に反省のカケラも感じない内容が物議を醸し出しております。










あの記者会見の涙は何だったのか?


この記者会見を見て2年年の今頃やってた小保方晴子氏のSMAP、、、




じゃなかった、STAP細胞論文の弁解記者会見の姿と重なりました。




別に泣くのが悪いと言ってはおりません。




私なら泣くだけでなくオシッコをもらしてしまう自信があります。





2人は同じぐらいの年齢ですがかなりの数の記者に囲まれてプレッシャーは相当なものだったと察します。

 








しかし、本音と建前はありますがあそこまで言い訳して事実と異なる事が点があるのはいただけなく、そこが問題の争点となっております。




ベッキーの相手のバンド名が残念。


ジャンヌダルクとかレミオロメンとかカッコいい名前のバンド名ならまだしも、よりによって『ゲスの極み乙女』




これはベッキーの事を指しているんじゃないかと思うくらいです。




『ゲスなベッキー』




というイメージが今後つきまとい小保方晴子氏のように業界から干されることは不可避でしょう。




すでに残念ながら小保方晴子氏はゲス認定されてしましましたが彼女の見た目は芋っぽく嘘とは無縁のイメージでした。





いつもニコニコ明るい印象がベッキーの売りです。




人間なら喜怒哀楽があって、当然で無理してあのキャラを作らなくてもいいし、もういい歳なんだから手段は別として色恋沙汰の1つや2つあってもいいと私は思います。(性格が悪い事を知っていること前提)




しかし残念ながら視聴者やスポンサーはいつしか『処女懐妊 聖母マリア』のイメージをベッキーに求めており本人はかなり無理をしていると思います。






もっとありのままで今後も細く長く活動を続けていただければいいと思いました。




ちなみに私は中立でファンでも何でもありません。




ただ伝えたかった事は


人は見かけによらないという事です。

広告

広告

  • この記事を書いた人

-日々のあれこれ

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.