ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

日々のあれこれ

プリンス死去 過小評価されているミュージシャン 悲しいときはパープルレインを聴こう

更新日:

4/19に尊敬していた祖父が亡くなり葬儀の準備などでブログ更新できずにおりました。

悲しい時はいつもプリンスの『Purple Rain 邦題 紫の雨』を何度も聞くと不思議と慰められる気がするので毎回聞いています。

スタジオ盤のパープルレインもいいのですが、私的には上のYouTubeに投稿されているバージョンが1番好きです。

プリンスがデビューしたての初々しさはもちろんですが、人種差別、性別のステレオタイプ、LGBTの先駆け的存在で彼らの代弁者のごとく現れた化身とも言えるべき哀愁漂うアーティストです。

 

今回もパープルレインをヘビロテしていた矢先にプリンスの訃報を聞き、奇妙な偶然を感じました。

プリンスはゲイの変態野郎みたいな風貌でナヨナヨしてそうな風貌なので、特に日本人はプリンスを見た目で毛嫌いし聞かない、もしくは過小評価されている残念な人だと思います。(実際私もその1人でした)

プリンスの性格は超完璧主義者と言われています。

またギターが超上手でファンクギターのカッティングは一流、それだけでなくダンス、ボーカルもすごい!

マイケルジャクソンと並び、まさに音楽をやるためだけに生まれてきた人だと思います。

この動画が個人的におすすめ。カッティングとギターソロがまさに絶妙!

シーラ・Eもいい仕事していますよ!|

プリンス、マイケルジャクソン、マドンナの3人は80年代のアメリカンポップスを代表する世代で確か同じ年齢だったと思いました。マドンナは正直どうでもいいですが音楽をやるために生まれてきた人たちがまた1人いなくなると思うと寂しいですね。


Lovesexy


Lovesexy [CD]


Prince

1994-10-19

-日々のあれこれ
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.