ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

VR関連のレビュー

Riftcatを導入しましたが使えません。 誰か接続方法教えて下さい

投稿日:2016年5月11日 更新日:

先日、スマホVRでPCゲームを楽しもうと意気込んで私のパソコンにRiftcatをインストール。

そしてスマホにはVRidgeをインストールしてスマホとパソコン同士でリンクするところまでできました。

質問1 Riftcatアプリの映像がスマホ側に送られない問題



その後、Riftcat内のストアにて無料のRiftcatアプリをダウンロードしました。

下の写真は現在ダウンロード中のものです。


その後、Playのボタンを押しても下記の画面となりスマホ側は先に進みません。





このあと、パソコン側は普通に操作できるのですが、スマホ側が同調せずピンクの文字が出たままです。

その後、


ちなみに私のパソコンのスペックです。

macですがwindows8.1をデュアルbootして使っています。

MacBook Pro (13-inch, Mid 2012) - 技術仕様



ディスプレイ

  • 13.3インチ(対角)LEDバックライトクリアワイドスクリーンディスプレイ、数百万色以上対応
  • 対応解像度:1,280 x 800ピクセル(標準)、アスペクト比16:10で1,152 x 720、1,024 x 640、800 x 500ピクセル、アスペクト比4:3で1,024 x 768、800 x 600、640 x 480ピクセル、アスペクト比4:3(拡大)で1,024 x 768, 800 x 600、640 x 480ピクセル、アスペクト比3:2で720 x 480ピクセル、アスペクト比3:2(拡大)で720 x 480ピクセル

プロセッサ

  • 2.5GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)、3MB三次キャッシュ
  • 2.9GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、4MB三次キャッシュ

メモリ

  • 2.5GHz
    4GB 1600MHz DDR3メモリ
    オプション:8GBに変更可能
  • 2.9GHz
    8GB 1600MHz DDR3メモリ

ストレージ1

  • 2.5GHz
    500GB 5,400rpmハードドライブ
    構成オプション:

    • 750GB 5,400rpmハードドライブ
    • 128GBソリッドステートドライブ
    • 256GBソリッドステートドライブ
    • 512GBソリッドステートドライブ
  • 2.9GHz
    750GB 5,400rpmハードドライブ
    構成オプション:

    • 1TB 5,400rpmハードドライブ
    • 128GBソリッドステートドライブ
    • 256GBソリッドステートドライブ
    • 512GBソリッドステートドライブ
  • グラフィックスおよびビデオ
  • Intel HD Graphics 4000
  • デュアルディスプレイおよびビデオミラーリング:本体ディスプレイで標準解像度、外部ディスプレイで最大2,560 x 1,600ピクセル表示を同時サポート(数百万色以上対応)

 

グラフィックがIntel HD Graphics 4000だからダメなのでしょうか?

グラフィックは最新にバージョンアップしてあります。

それともwindow8.1なのが原因なのでしょうか?

質問2 Steam VRがインストールできない。(パスの通し方が分からない)

steamアカウントを取得しパソコンにSteamをインストールさせました。



Steamは起動させずにSteamVRをインストールしてみました。

下の写真のClick Here to Install StemVRをクリック。


するとパスを通すと思われるファイル選択画面となります。


いろいろ探しましたがSteamのフォルダーのどのファイルを選択すればいいのかがよくわかりません。

本来ならば自動的にファイルを選択してくれるようで、もしそれでもブランクだったらSteamVRというフォルダーを選択するよう出てきますがこれがなぜか出てこず見当たりません。

心優しい詳しい方がいたらアドバイスお願いします。

追記

パソコン側のSteamにSteamVR をインストールしていませんでした。

Steamを立ち上げてStoreからSteamVRを検索します。

するとSteamVRのダウンロードをを選択できるのでインストールします。



この後、SteamVRのセットアップアイコンがデスクトップに出てきますのでクリックし導入していきます。





写真がブレてしまいましたがHTC VIVEと同じ設定画面です。

Viveは持っていなくスマホVRしかありませんが同じ土俵に立てている気がしてなんとなく嬉しくなります。

室内のポジショントラッキングの設定の画面がありますが出来ませんのでその場でのキャリブレーションを選択します。

最後にヘッドホンの設定を完了させたら完成です。

いろいろ試しましたがなぜか私のGear VRでRiftcatが出来ないかわかりました。

それはやはりビデオチップがインテル製だったのが原因でNvidiaのビデオチップが搭載されていないとできないような内容のポップアップが出てきてやっと理解しました。(英語です)

macbookのビデオボードはほとんどがインテル製なのでどうやらパソコンを買い替えないとスマホvrde

PCゲームやVIVEのコンテンツが楽しめないことが理解できました。

残念。

という訳でパソコンが欲しくなったので愛のクリックを頂けると助かります。

Riftcatの導入に際し手順が書いてあるこのサイトが役に立ちました。

英語ですが

http://blog.riftcat.com/2016/04/dev-update-7-one-with-steamvr.html?m=1

-VR関連のレビュー
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.