Narwal Freo 1ヶ月使用レビュー:次世代のロボット掃除機で可処分時間を手に入れろ

NARWAL FREO アイキャッチ

近年、家庭内での「掃除」の自動化と効率化は、10年前と比べて大幅に進歩しました。

特に忙しい日々を送る現代人にとって、家事の時間をできるだけ削減し、その分を自分の趣味や家族との時間に充てたいという願いは強く、このニーズに応えるべく進化を遂げてきたのがロボット掃除機の市場です。

特に、ここ1、2年の間に10万円以下で手に入るロボット掃除機においては、中華系メーカーを中心に技術革新のスピードには目覚ましいものがあります。

  1. 吸引機能
  2. モップによる水拭き
  3. モップの自動洗浄

これら3つの機能を兼ね備えた製品はもはや「当たり前」になりつつあります。

今回紹介する「Narwal Freo」は、これらの基本機能にさらに踏み込み、水拭きモップの自動乾燥や洗剤の自動投入といった、2024年の最先端技術を詰め込んだ最新のロボット掃除機です。

Narwal Freo- One robot to do it all: Vacuum, Mop, Wash and even Dirt SenseNarwal Freo- One robot to do it all: Vacuum, Mop, Wash and even Dirt Sense

この製品は、単に床を清潔に保つだけでなく、使用後のメンテナンスの手間を大幅に軽減し、常に最高の性能を発揮するよう設計されています。

Narwal Freoの最大の特徴である自動洗浄機能は、日々の忙しい生活の中で、掃除の時間を大幅に削減する解決策を提供してくれるはずです。

TERU

例えば、共働きの家庭では、仕事から疲れて帰ってきた後に掃除をする時間がなかなか取れないことが多いですよね?

Narwal Freoを使えば、一日の終わりにロボット掃除機を起動するだけで、床の掃除からモップの洗浄、乾燥までの全プロセスを自動で完了させることができます。

また、自動洗浄機能のおかげで、毎回モップを手で洗い、乾かす必要がなくなります。

従来の掃除機を使用している家庭では、水拭き掃除の後にモップを清潔に保つためには、洗浄と乾燥の両方を手作業で行う必要がありました。

この作業は時間も労力もかかり、忙しい日々の中で簡単におろそかになりがちで、ついつい休日まで後回しになりがちです。

でも、Narwal Freoを使用すれば、掃除が終わった後には自動でモップが洗浄され、乾燥までされるため、いつでも清潔な状態で次回の掃除に臨むことができます。

具体的なシナリオとして、小さなお子さんやペットがいる家庭では、床が汚れやすいため、掃除の頻度が特に高くなります。

Narwal Freoがあれば、子供がこぼしたジュースの後始末やペットの毛の掃除も、ロボットに任せて安心。洗剤の自動投入機能により、床を清潔に保つだけでなく、いい香りで家全体を満たすことができます。このように、Narwal Freoは、時間と労力を節約し、より快適な家庭生活を実現するための強力なパートナーとなるでしょう。

日々の忙しさに追われ、家事に割く時間を減らしたい、でも家は常にきれいに保ちたいという多くの家庭の悩みを、Narwal Freoは解決してくれます。

今回の記事では「Narwal Freo」実際に1ヶ月使用してみた感想とおすすめしたいポイントなどについてレビューしていきます。

この記事はNarwal様よりデモ機を提供して頂き執筆したPR記事です。

目次

ロボット掃除機を使うメリット

可処分時間が増える


もはや説明不要かもしれませんが、ロボット掃除機を使用することには多くのメリットがあり、それらはQOL(現代生活の質)を大きく向上してくれます。

Time is Money.

とくに掃除をする時間をロボット掃除機に任せることで「日々の貴重な時間」を開放してくれます。

また、スケジュール設定機能を使うことで、仕事で忙しい間や睡眠中でも、自動的に部屋を清潔に保つことができます。

手が届かないような細かい場所まで掃除してくれる

また、ロボット掃除機は徹底的な清掃を行うことができ、人間が手作業で行う以上の清潔さを実現します。

特に最新のモデルには、隅々まで届くブラシや高効率のフィルターが搭載されており、細かいほこりやアレルゲンまで取り除くことが可能です。

これにより、アレルギーを持つ家族がいる家庭にとっても安心の環境を提供できます。

さらに、ロボット掃除機は使用が非常に簡単で、高齢者や身体が不自由な方でも手軽に操作することが可能です。重い掃除機を持ち運ぶ必要がなく、複雑な設定やメンテナンスも最小限に抑えられているため、日々の掃除がストレスフリーになります。

生活感を見せない

普通の掃除機が部屋にあると何となく生活感が見えますよね?

加ロボット掃除機はデザイン性が高く、見た目にも美しいものが多いため、インテリアとしての価値も持ち合わせています。

家の中で目立たないように配慮されたデザインは、部屋の雰囲気を損ねることなく、スマートな家電としての存在感を放ちます。

ロボット掃除機を使うことで、忙しい毎日の中でも清潔で快適な生活空間を維持することができます。

これらのメリットは、現代生活においては欠かせない価値を提供し、私たちの生活をより豊かなものにしてくれるでしょう。

スペック

項目スペック
サイズ本体:W350mm x D350mm x H105mm 
ベースステーション:W370mm x D415mm x H435mm
重量本体:4.5kg ベースステーション:8.75Kg
吸引力最大3,000Pa
バッテリー容量5,200mAh
充電時間約2.5時間
動作時間180分
許容障害物高さ20mm
ダストボックス容量480ml
タンク容量浄水タンク: 4,500ml
汚水タンク: 4,050ml
モップ回転速度180回/分
モップ加圧フローリング:7ニュートン、タイル:12ニュートン
動作音掃除<63dB、水拭き<51dB、掃除&水拭き<57dB

特徴

水拭き後のモップを自分で洗って乾燥させる手間は一切ありません。

NARWAL FREOは、水拭き後にモップを自動で洗浄し、40℃の温風で自動乾燥までやってくれます。

さらに、液晶ディスプレイとスマホアプリでの操作が可能で、使い勝手の良さを実現しています。

また、最大63dBの静かな動作音で日常生活においても快適に使用できる設計になっています。

ポイント

  • モップの自動洗浄機能を搭載し、水拭き後のモップを自動で洗浄し乾燥させることができます。
  • 液晶ディスプレイとスマホアプリによる操作が可能で、直感的で使いやすいインターフェースを提供します。
  • 静かな動作音で、日常生活においても快適に使用できます。
  • 複数の清掃モードが用意されており、ユーザーのニーズに応じた清掃が可能です。
  • テールスイング機能により、壁際の拭き残しもなく、部屋の隅々まで綺麗にします。
  • 洗剤自動投入機能を備え、部屋全体をいい香りに包みます。
  • バッテリー容量が大きく、長時間の動作が可能です。
  • 高い吸引力とモップの加圧機能により、床の汚れを効果的に落とせます。
  • 床材の種類を検出し、適切な清掃を自動で行うインテリジェントな機能を備えています。
  • カーペットが敷かれている部分でも自動でモップをリフトアップし、カーペットを濡らさずに清掃が可能です。

開封と細部をチェックする

開封

高さ65センチくらいの大きい段ボールに梱包されてNARWAL FREOが届きました。

女性一人で運ぶのはちょっと大変な重量でした。

Narwal Freo本体は個別包装されおり、下段にベースステーションが入ってました。

付属品

  • Narwal Freo本体
  • ベースステーション
  • 電源コード
  • モップモジュール×2
  • サイドブラシ×2
  • 床クリーナー剤
  • 清水タンクスポンジフィルター×2
  • マニュアル&クイックスタートガイド

開封すると、上記のパッケージ内容が含まれています。

特に注目したいのは、部屋をいい香りに包む床クリーナー剤です。

水拭きできるロボット掃除はこれまで何台か使ったことはありますが、最初から堂々と洗剤を使うことを前提に作られたものはありませんでした。

NARWAL FREOは洗剤を直接ベースステーションに搭載することができ、モップで水拭き掃除の際、洗剤の量を自動で測り、自動投入までやってくれます。

ちなみに今まで使っていたECOVACSのロボット掃除機は、洗剤はあくまでもオプション品となっており、自動投入どころかタンクにキャップ2杯分を手で入れる必要があります。

本体をチェック

本体は、一般的なロボット掃除機と同程度の大きさでモップは着脱可能。

裏面についている、かき出しブラシは2枚羽のブラシでした。

ブラシを2枚にしている理由は、ベースステーションに格納した際にブラシが前方にはみ出ないよう、美しく格納するためだと思います。

メインブラシは取り外して絡まった髪の毛を除去することも可能です。

また、本体を開けるとメンテナンスブラシが収納されてます。

メインブラシに絡まった髪の毛を除去するためのカッターや、次に紹介するダストボックス内を清掃するのに便利なブラシが搭載されてます。

本体上部をポップアップするとダストボックスを取り出すことができます。

ダストボックスは480mlと大容量。

部屋の大きさや家族構成、ペットの有無にもよりますが、2、3日ゴミを捨てなくても連続使用できます。

プッシュボタンを押すとボックスの底がパカっと開き、ゴミやホコリを直接触ることなく捨てることができます。

ダストボックすの上部はHEPAフィルターがついており、本体から出る排気は、理論的に空気清浄機と同じクリーン度ということになります。

ベースステーションをチェック

ベースステーションのサイズは、W370mm x D415mm x H435mmです。

設置する場合には最低これだけのスペースを確保する必要があります。

ベースステーション上部には、右下あたりにタッチセンサー対応の液晶パネルが搭載されてます。

操作方法は簡単でiPhoneのような操作感覚で使うことができました。

ベースステーション内部には、モップ洗浄用のタンクが入ってます。

タンク容量は以下の通り。

  • 浄水タンク: 4,500ml
  • 汚水タンク: 4,050ml
NARWAL FREO ベースステーションの底部を洗える

本機を触っていて感心したポイントは、ベースステーション内の底部が外せる点です。

この部分って結構ホコリが溜まりやすいんだけど、こうやって取り外して定期的に清掃できる機種って少ないと思います。

TERU

以前レビューした”ECOVACS“のベースステーションは、この部分が外れないのでダイソンのスティッククリーナーで掃除するのが大変でした。

ペットを買っているお宅の床は水拭きした方がいい理由

ペットを飼っているご家庭は、飼い主が知らないあいだに「獣臭」が部屋に染みついてます。

TERU

来客は獣臭について気づいてても遠慮して絶対に指摘してくれません。

女役

洗剤を使って床を水拭きすることでニオイがかなり軽減されます。
定期的にやりたいですがけっこう大変。でもロボット掃除機ならカンタンですね。

レモン&バジルの香りがする洗剤と、毎分180回転するモップ。

さらに最大12ニュートンのプレッシャーを床にかけることでフローリングに染みついたニオイや油汚れもごっそり撮ることができます。

使用方法

セットアップは直感的で、日本語マニュアルに沿って簡単に行うことができます。

セットアップを始める前に、掃除機を使う予定の部屋を少し整理しておき、ロボットがスムーズに動けるようにしておくことが重要です。

ベースステーションを選んだ場所に設置し、電源コードを接続して電源を入れます。このステーションは掃除機の「家」となり、充電やモップの洗浄・乾燥を行う場所です。

次に、ロボット掃除機本体にサイドブラシを取り付け、モップモジュールを装着します。これらの部品は非常に簡単に取り付けることができ、特別な道具は必要ありません。

その後、清水タンクに水を入れ、必要に応じて床クリーナー剤を追加します。これにより、水拭き清掃時に床をより効果的に清潔にすることができます。

セットアップが完了したら、Narwal Freoの電源を入れ、初回の使用に備えます。

Narwal Freo

Narwal Freo

Yunjing Intelligence Innovation (Shenzhen) Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

初めて使用する際には、アプリをダウンロードしてスマートフォンとロボットをペアリングすることをお勧めします。

これにより、遠隔からでも掃除のスケジュール設定やモードの変更、現在の掃除状況の確認が可能になります。

Wi-Fi設定が完了したら自動的にペアリングが完了します。

Narwal Freoを起動すると、最初に部屋のマッピングを行い、最適な掃除ルートを計画します。

このプロセスは、ロボットが部屋の形状や障害物の位置を学習し、効率的に掃除を行うために必要です。

マッピングが完了すると、指定したモードに基づいて掃除を開始します。

吸引から水拭き、モップの自動洗浄まで、一連のプロセスを自動で行い、床を徹底的に清潔にします。

使用後は、Narwal Freoが自動的にベースステーションに戻り、必要に応じてモップの洗浄と乾燥を行います。

この全自動のメンテナンス機能により、ユーザーは掃除機のお手入れにほとんど時間を費やすことなく、常に最高の状態でNarwal Freoを使用することができます。

掃除モードの紹介

掃除モード

  • FREOモード・・・水量や吸引力などの設定はロボットにお任せで、汚れ検知テールスイングの2つの機能でより賢く念入りに掃除してくれるモード。
  • 掃除モード・・・吸引のみ。
  • 水拭きモード・・・水拭きのみ
  • 掃除&水拭きモード・・・吸引と水拭きを同時に行う時短モード
  • 素地・水拭きモード・・・部屋全体を吸引後に水拭きを行うモード

Narwal Freoには5つのモードが用意されており、部屋の汚れ具合によって使い分けることができます。

中でもFREOモードは特徴的で床の汚れに応じて吸引力、水量を自動調整してお掃除。

さらに汚れ検知機能で汚れがひどい箇所は徹底的に何度も掃除をしてくれるのが他社製品にない特徴です。

使用感

良い点
ちょっと残念な点
  • モップの自動洗浄&自動乾燥機能
  • テールスイング機能により壁際の吸い込みと水拭き掃除力が抜群。
  • 壁際などギリギリのところを攻めて掃除してくれる。
  • 掃除音が静か。
  • 洗剤の自動で投入してくれるので水拭き掃除はタンクの水を入れるだけと簡単。
  • スマホ連携で外出先から掃除の指示ができる。
  • カーペットとフローリングを自動判別し、カーペットの場所ではモップが自動的にリフトアップする。
  • クリーニングトレーを洗えるなどメンテナンス性に優れている。
  • ベースステーションとセットで使う必要があり1Fと2Fで頻繁に使い分けるのが大変。
  • 段差の走破性能が若干弱い気がする。
  • カーテンを壁と認識するためカーテンの下は掃除できてないときがあった。
  • 障害物センサーが弱く床に落ちている小さい物を回避せず、そのまま吸いに行ってしまった時があった。
TERU

ここからは、Narwal Freoを実際に1ヶ月使用してみた感想を書きます。

Narwal Freoを実際に使用してみて、最初に感じたのはセットアップの簡単さでした。

1枚のクイックマニュアルを読むだけでアプリまでのペアリングが簡単にでき、詳しい使い方はアプリ内で教えてくれました。

アプリのUI¥も非常にシンプルで日本企業が同様の製品を作った場合、もっと複雑なものになってたんじゃないかと想像します。

また、Narwal Freoは非常に静かで、テレビを見ながらや、昼寝しているそばで稼働していても騒音が気にならないレベルです。

ただし、動作音が静かなのは通常モード、もしくは静音モードで掃除をした時のみで吸引力のレベルを「強力」もしくは3,000Paの「超強力」にすると、さすがにうるさく感じる場面がありました。

また、モップを洗浄したり、乾燥させている時の動作音はそこそこするので、騒音に関しては、本当に使い方によるところがあります。

清掃性能に関しても、期待以上の結果を見せてくれました。

上の写真はダストボックスに詰まっている我が家1Fのホコリの量です。

汚くて中を詳細にはお見せできませんが、こんな環境の家に住んでいたのかと思うとゾッとしました。

特にモップ機能が光ります。水拭き後の床がきれいになるだけでなく、モップ自体の自動洗浄と乾燥機能によって、いつも清潔な状態で次回の使用に備えられる点は非常に魅力的です。

また、モップが壁際までしっかりと清掃するテールスイング機能も素晴らしく、これまで掃除がおろそかになりがちな壁際まできれいにしてくれました。

ちょっと残念な点

ネガティブの面よりもポジティブな面の方が多い本機ですが、あえて難点を挙げるとするなら、①走破性の悪さ ②障害物センサーの弱さが気になりました。

①の走破性に関してですが、けっして段差を乗り越えられないわけではありません。

小さい段差につまづくことが多く、何回か侵入角度を変更してやっと乗り越えるといった感じで、頑張っている姿を見るとつい応援したくなるレベルです。

使っていて実際につまいづいた箇所は、キッチンに敷いてあるキッチンマットです。

薄手で軽めの素材のため、Narwal Freoが通過する際にキッチンマットをめくり上げそうになったりしてました。

また、床に落ちているレゴブロックみたいな大きさの物も障害物センサーで捉えることができずそのまま突っ込んでいきスタックしかけそうになるような場面もありました。

いずれにせよロボット掃除機を使うために普段から「荷物の床置き生活」を極力やめ、モノを減らす生活ができるのが理想ですね。

Narwal社ってどんな会社?

Narwal社は、2016年に中国広東省で設立された新興のロボット掃除機メーカーです。

MicrosoftやDJI、HUAWEIなどの有名企業出身の優秀なエンジニアたちが集結し、革新的な技術とユーザーフレンドリーな製品設計を武器に、短期間で世界的な注目を集める企業へと急成長しました。

同社は、「世界中の人々を大変な家事から解放し、より自由で快適な生活を実現する」というビジョンのもと、ロボット掃除機の開発に情熱を注ぎ続けています。

特に注目されるのは、世界初となるモップ自動洗浄機能を搭載したロボット掃除機「T10」の開発に成功したことです。

この革新的な機能により、ユーザーは手間のかかるモップの洗浄と乾燥をロボットに任せることができ、常に清潔な状態で床掃除を行うことが可能になりました。

Narwal社の製品は、その高い技術力と使い勝手の良さから、多くの家庭で高い評価を受けています。

また、Narwal社は国際的なデザイン賞やイノベーションアワードを数多く受賞しており、そのデザイン性と機能性の高さが認められています。

2020年には、TIME誌が選ぶ「年間ベスト発明」にも選出されるなど、その実力と革新性は世界的にも高く評価されています。

怪しい人

唐揚げグランプリやモンドセレクション金賞とは訳が違う!

日本市場への本格的な進出も果たし、日本のユーザーにもその優れた製品を提供し始めています。

Narwal社は、技術革新とユーザーの生活向上を目指し、ロボット掃除機市場に新たな価値を提供し続ける企業として、今後も多くの期待が寄せられています。

Narwal Freoの価格

Narwal FreoのAmazonでの販売価格は144,800円(税込)です。

ただし、-30,680円のクーポンが(ほぼ)常時配布されているため、実際は、114,120円で購入できます。

また、Narwal社の公式サイトでも販売されており、こちらでも114,120円で販売されているほか、消耗品のブラシ、モップといったアクセサリーキットや製品の延長保証などを購入することができます。

女役

なお、同価格帯の競合機として、「Roomba J9+」が挙げられます。

TERU

Roomba J9+はダストステーションを搭載してますが水拭きには対応してません。
まあ、水拭きするには子分ロボのブラーバ君を買わないといけないですんですがね・・・。

まとめ


Narwal Freoを深く掘り下げてみると、この革新的なロボット掃除機が現代の忙しい生活にどれほどマッチしているかが共感していただけたかと思います。

共働きの家庭、小さな子どもやペットがいる家庭、そして何よりも時間を大切にしたい全ての人々にとって、Narwal Freoはまさに生活の質を向上させる解決策を提供してくれます。

自動洗浄機能や洗剤の自動投入機能といった特徴は、日々の掃除の手間を大幅に軽減し、私たちにとって貴重な「時間」を解放してくれます。

Narwal社が提供するこの製品は、ただの掃除機を超えた、家庭生活のパートナーと言えるでしょう。掃除の質と効率を同時に高め、忙しい中でも清潔で快適な生活空間を維持することを可能にします。

144,800円(税込)という価格は、その提供する価値と比較すれば、決して高いとは言えないでしょう。時間はお金では買えない貴重な資源ですが、Narwal Freoはそれを最大限に活用するための投資と言えるのではないでしょうか。

最終的に、Narwal Freoはただのロボット掃除機ではなく、私たちの生活を豊かにするためのツールです。

その革新的な機能は、私たちがより多くの時間を家族、趣味、そして自分自身のために使えるようサポートしてくれます。

技術革新とユーザーの生活向上を目指し続けるNarwal社のビジョンにより、今後も期待以上の製品が市場に登場することを楽しみにしています。

NARWAL FREO アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次