コンパクトプロジェクター「POKITTER Go」レビュー!200ANSIルーメンながらも大画面が楽しめる!

POKITTER Go アイキャッチ

近年、手軽に超大画面映像が楽しめるアイテムとして、プロジェクターの人気が高まってます。

そんな中、コンパクトサイズで高画質な映像を楽しめるホームプロジェクター「POKITTER go Series(ポキターゴーシリーズ)」が発売されました。

POKITTER Go 大きさ比較 デュアルセンス
PS5のコントローラーと同じくらいの横幅でした

POKITTER go Seriesは、輝度200ANSIルーメンのホームプロジェクターです。

エントリークラスながらも、しっかりとした条件が揃えば、明るくて、くっきりとした映像を投写可能。

自宅で映画館のような体験を楽しみたい方におすすめの製品です。

今回は、POKITTER Go Series の特徴や使用感をレビューします。

自宅で映画館のような体験をしたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

プロジェクターの人気が高まっている理由

POKITTER Go YouTube動画 プロジェクター

近年、プロジェクターの性能が向上し、高画質・高音質の映像を自宅で楽しめるようになりました。

また、VODといった動画コンテンツの普及により、名作を映画館のような大画面で楽しみたいという需要が高まり、近年プロジェクターが密かなブームとなってます。

プロジェクターのおすすめポイント
  • コンパクトで省スペース
  • 高画質で静音
  • 持ち運びが自由
  • テレビよりもコストを抑えられる
  • 高輝度LEDの進化により、ランプ交換も不要で、かつ非常に明るい映像を投影できるプロジェクターが登場
  • パーソナル向けプロジェクターの開発が進み、本体だけでYouTubeやNetflixなどのネット動画を楽しめるようになった
  • スクリーンがなくても壁さえあれば投影できる

最近のプロジェクターは軽くて持ち運びが便利なものから、4K高画質、高照度の高級機など幅広いバリエーションが増えてます。

私の経験上、価格は最低300,000円クラスの製品でないと見るに耐えられません。

ある意味玉石金剛なのがプロジェクターの世界なのです・・・。

最近は、購入前にプロジェクターのレンタルもできます。

「高額な機種を買ってしまったが自分には合わなかった・・・」

こんな風になる前にレンタルでお試ししてみてはいかがでしょうか?

スペック

POKITTER Go プロジェクター
項目スペック
解像度フル HD (1920×1080)
明るさ200 ANSI ルーメン
OSAndroid TV 10.0
スピーカー2 つの 5W ステレオスピーカー
台形補正自動台形補正、リモコン操作による 4 点補正
接続端子HDMI、USB、AUX、Bluetooth
サイズ200 x 200 x 100 mm
重量1.5 kg
価格39,800 円
POKITTER go Seriesの特徴
  • 200ANSIルーメンの高輝度
  • 1080PフルHD解像度
  • 2000:1のコントラスト比
  • 内蔵スピーカー
  • ワイヤレス接続もOK

開封と細部をチェック

POKITTER Go 箱

POKITTER Go Series Seriesを開封していきます。

外箱の横にYouTubeやNETFLIX、Amazon Prime Videoのロゴがチラ見えしてますが、

「あなたの期待している仕事はちゃんとこなしますよ」みたいな主張を感じます。

POKITTER Go 正面
正面

正面はコンパクトプロジェクターでよく見られるデザインを踏襲してます。

POKITTER Go デュアルファン 冷却 プロジェクター
正面下部

正面下部に見えるドットは、吸気口。

プロジェクターは、長時間使用すると内部に熱がこもり、排熱がしっかりしてないと本体の寿命を縮めてしまうことになります。

本機は、内部にダブルファンが内蔵しており、エアーフロー対策もしっかり取られているようです。

ただし、使用中のファンの音が若干気になることがありました。

POKITTER Go ハンドル プロジェクター
TERU

プロジェクターを持ち運ぶときって大体両手で持つことが多くないですか?

キャンプでプロジェクターを使ったことありますか?

女役

自動車から設営場所にプロジェクターを持ち込むときに絶対何かものを落としませんか?

ボビー

子供にお願いして車から持って来させると絶対落とすか、コケるのよね。

TERU

POKITTER Go Seriesは丈夫にハンドルが付いてて片手持ちできるのがいいですよ。

POKITTER Go 底面 プロジェクター
底面

底面にはプロジェクタースタンド用のネジが切ってありました。

また、その下には本機の定格入力57Wの記載があります。

TERU

コンパクトなプロジェクターだけどバッテリーは搭載してないのでどうしても電源が必要なので注意!

57Wならポータブル電源でも余裕で使える電気容量です。

ポータブル電源についてはこちらの記事もあわせてチェックしてみて下さい。

POKITTER Go 左側面 プロジェクター
左側面
POKITTER Go 右側面 プロジェクター
右側面

左右の写真を撮ってみました。

側面のドット孔はスピーカーのようです。

POKITTER Go プロジェクター 後部
背面

背面上部には、端子接部になっており、下半分は排風口になってます。

POKITTER Go 対応端子 プロジェクター
端子接続部

左から電源アダプター、USBポート、HDMI端子、3.5mmオーディオジャックとなっております。

このほか、Bluetoothにも対応。

ソロキャンプで大きい音を出したくないとき、イヤホンをつけてプロジェクターを楽しむこともできそうですね、

POKITTER Go HAKO mini

POKITTER Go Seriesは、海外だと「HAKO mini」という名前で販売されているようです。

この箱の中に付属品が入ってます。

POKITTER Go 付属品

内容物は必要最低限と言った具合。

これでいいんだよ!

POKITTER Go 取扱説明書

取説はフルカラーで印刷されており日本語で書かれてます。

変な日本語は一切なく、しっかりローカライズできてますね。

POKITTER Go リモコン プロジェクター

こちらがPOKITTER Goのリモコンです。

Amazon Fire TV Stickのリモコンを彷彿とさせるデザインです。

OK Googleボタンがついてるほか、Netflix、プライムビデオのボタンも付いておりダイレクトアクセスすることができます。

TERU

ネトフリやプライムビデオのボタンをつけるとメーカーにキックバックが入り製造原価が下がるという話は有名ですよね。

ちょっと残念なのがリモコンが光らないという点。

まあ、エントリークラスのプロジェクターなのでコストを削っているのは仕方ないことですね。

起動!

POKITTER Go 設定
まずは言語設定

電源を起動してみました。

上の写真は、曇りの日の午前11時ごろに撮影しました。

200ANSIルーメンなので、さすがに日中カーテンなしの状態で使用するのはきついです。

POKITTER Go 底面

POKITTER Goは、自動台形補正機能はついてるけど、オートフォーカス機能は省略されてます。

本体上部のダイヤルを手動で回すことでピント調整ができます。

POKITTER Go Google Android10搭載 プロジェクター

POKITTER GoはAndroid TV 10.0のOSが搭載されてます。

普段お使いのGoogleアカウントを使うことで簡単にログインできるほか、いつもみているYouTubeなど好みなども自動的にチューニングしてくれます。

女役

iOSユーザーはこれを機にGoogleアカウントを作ってみては?

POKITTER Go 内蔵アプリ

こちらが本体に内蔵されているアプリです。

下の方を見てみると・・・。

POKITTER Go プロヘクターでゲームも遊べる

Drastic(Nintendo DS)、FPse(プレイステーション0、PPSSPP(PSP)といったゲーム機のエミュレーターがプリインストールされてました。

怪しい人

どんだけゲーム好きやねん!

Android TV 10.0のGoogle Playストアでもゲームをダウンロードできるんだけど、あまり面白そうなゲームがないのが特徴。

TERU

そんななか、エミュレーターを通してレトロゲームを遊べるなんて最高じゃないですか!

POKITTER Go 画面UI

こちらは、Android TV 10.0のGoogle Playストアの画面です。

日本でお馴染みのアプリを簡単にインストールできるので安心です。

POKITTER Go フルHD動画 プロジェクター

プロジェクターを置いたデスクから壁まで2.7m距離を置いた時の画面寸法

  • ヨコ:2,400mm
  • タテ:1,380mm

いつも通り、この条件で画面投影したところ、画面サイズは110インチサイズで投影できました。

シアターハウス様のHPを参照

以前、10万円越えの高級プロジェクター「Dangbei Mars」という機種をレビューしましたが、同じ条件で測定した時は、90インチでした。

同じ焦点距離でもPOKITTER Go Seriesの方が大きく投影できるのでここは一押しのおすすめポイントです。

POKITTER Go 内蔵ストレージ

ストレージ容量は初回起動時の段階で4.4GBでした。

実質6GB程度と言った感じでしょうか。

もし容量が足りないと思ったらUSB端子にUSBメモリやSSDを接続するのもありだと思います。

POKITTER Go サウンド設定

サウンド設定についても色々いじれるみたいですが今回は試せてません。

使用感

POKITTER Go プロジェクター
ここがGood
ここがイマイチ
  • コンパクトで軽量なので、持ち運びがしやすい
  • 自動台形補正機能が便利で、設置場所を気にせずに画面を調整できる
  • 距離2.7mで110インチの大画面を投影できた
  • Android TV 10.0のOSに対応しているためアプリの拡張性に富んでいる
  • シンプルなリモコンが使いやすい
  • ゲームもやろうと思えばできる
  • Wi-Fi 6に(多分)未対応。4K動画など重い動画を再生すると動画がつまる
  • スピーカー音がピーキー

39,800円ながら必要最低限の性能を備えている良いプロジェクターだと思いました。

200ANSIルーメン、オートフォーカス機能なしなのが少しだけ残念ですが、プロジェクターをいつも定位置で見る人や屋外で使いたいという人にとっては満足いく性能だと感じました。

また、スピーカーに関しては、大きい音を出そうとすると音が若干割れてしまいます。

ワイヤレスイヤホン、スピーカーを使うことでさらに迫力ある音を楽しむことができるはずです。

価格

POKITTER Go Seriesの価格はAmazonで39,800円(定価)です。

まとめ

Pokitter Go
総合評価
( 4 )
メリット
  • コンパクト
  • Android TV 10.0搭載
  • ゲーム機のエミュレーターがプリインストールされている
デメリット
  • 200ANSIルーメンよりもう少し照度が欲しい

POKITTER Go Seriesは、200ANSIルーメンの明るさながらも、自動台形補正機能やAndroid TV 10.0のOSなど、必要最低限の性能を備えたコンパクトプロジェクターです。

特に、2.7mで110インチの大画面を投影できるのは、コンパクトプロジェクターとしては大きなメリットです。

また、ゲーム機のエミュレーターがプリインストールされているのも、レトロゲーム好きには嬉しいポイントです。

TERU

Wi-Fi 6未対応や、4K動画再生時の動画の再生がつまる感じがする点は残念ですが、39,800円という価格を考えれば、十分満足できるプロジェクターです。

自宅や屋外で気軽に大画面を楽しみたい方におすすめです。

POKITTER Go アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次