モバイルバッテリー

RAVPower 20000mAh(RP-PB054 Pro)レビュー 買うならACコンセント付が絶対便利!

2020年8月28日

2020年8月28日にRAVPower Japanより新製品「RAVPower 20000mAh(RP-PB054 Pro)」が発売されることになりました。

本日は、ひと足先にこの製品の魅力についてご紹介させていただきます。

RavPower Japan様は、モバイルバッテリーなど、デジタルガジェット系のパワーサプライ製品を中心に数多くの製品をリリースしており「Anker」「Cheero」などと肩を並べる世界3大モバイルバッテリーメーカーなのです。

ニューガジェット三昧でもこれまでAC100V出力搭載の「RAVPower 30000mAh」やモバイル電源の「RAVPower 70200mAh」を紹介してきました。

RAVPower 30000mAh RP-PB0055レビュー 大容量で100Vコンセントが使えるポータブル電源

続きを見る

RAVPower 70200mAh(RP-PB187)レビュー 大容量100V出力付きのポータブル電源で災害対策しよう

続きを見る

RAVPower 20000mAh(RP-PB054 Pro)の紹介

 

スペック

Amazonでチェックする

 RAVPower 20000mAh(RP-PB054 Pro)
バッテリー容量20000mAh
AC出力110V~120V/60Hz, 100W 最大/80W 定格
PD入力5V/3A, 9V/3A, 12V/2.5A, 15V/2A, 20V/1.5A, 最大PD 30W
PD出力5V/3A, 9V/3A, 12V/2.5A, 15V/2A,20V/1.5A 最大PD 30W
iSmart出力QC3.0 5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A, 最大18 W
サイズ6.9 x 6.9cm x 15.4cm
本体重量660g

いつものRAVPowerの箱を開けてみました

持ち運びの便利なケースと巾着袋が入っていて嬉しい

RAVPower 20000mAh本体

 

付属品

 

RAVPower 20000mAh(RP-PB055) 付属品

付属品

  • RAVPower ポータブル電源 ×1
  • USB-C & USB-Cケーブル(60cm)×1
  • カスタマーサポートカード ×1
  • 取扱説明書(日本語版付き) ×1
  • キャリーポーチ ×1

RAVPower 20000mAhの取説はもちろん日本語です。

RAVPower 20000mAhの特徴

大容量

ポイント

バッテリーは大容量の20000mAh

PD出力は、USB-C使用で最大30Wの高出力。

AC出力は最大80Wまで使用可能。

MacBook 12インチなら2時間で充電を完了できる。

iphone11ProMaxに約3.6回分の充電が可能です。

MacBook 12インチに約1.1回分の充電が可能です。

iSmart対応(急速充電)

USB出力には、RAVPower独自の技術のiSmartが搭載。

あらゆるデバイスを急速充電してくれます。

iSmartテクノロジーとは?

快適な充電を実現するためのRAVPower独自の充電規格です。

iSmartテクノロジーではスマートフォンや充電ケーブルなどの接続したデバイスを自動で判別して、状況に合わせて最適な電流で最大のスピードで充電が可能になります。

ACコンセントが使えるPDモバイルバッテリー

こんな感じで

MacBook、 Nintendo Switch、GoProなど様々なモバイル機器に使用が可能。

80Wの容量内でしたら下の表の製品が使用できます。

引用元 千代田デンソーより

安全設計

ポータブル電源の底部には電源使用時に本体内部の熱を強制排出するファンを搭載。

これにより動作が安定し安全に使用することができます。

気になるのが排風音ですが、会議中に足元にこのバッテリーを置いて使用しましたが、全く音は気になりませんでした。

他のモバイルバッテリーと比較

RAVPower 30000mAh

 RAVPower 20000mAh(RP-PB054 Pro)
バッテリー容量20000mAh
AC出力110V~120V/60Hz, 100W 最大/80W 定格
PD入力5V/3A, 9V/3A, 12V/2.5A, 15V/2A, 20V/1.5A, 最大PD 30W
PD出力5V/3A, 9V/3A, 12V/2.5A, 15V/2A,20V/1.5A 最大PD 30W
iSmart出力QC3.0 5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A, 最大18 W
サイズ6.9 x 6.9cm x 15.4cm
本体重量660g
 RAVPower 30000mAh(RC-PB055)
バッテリー容量30000mAh
AC出力110V~120V/60Hz, 150W最大/100W 定格
PD入力 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A, 最大PD 45W
PD出力5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/3A, 最大PD 60W
iSmart 1出力出力: QC3.0 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A, 最大18 W
iSmart 2出力出力: 5V/2.4A, 最大12 W
サイズ17.8 x 13.8cm x 4.6cm
本体重量1007.6g

ANKER PowerCore 20100mAhとの比較

RAVPower 20000mAhとAnker PowerCore 20100と比較しました。

どちらもほぼ同じバッテリー容量ですが大きさに関してはRAVPower 20000mAhの方が大きく持ち運びに不便なのは確かです。

AC電源がついているということは、DC出力からAC出力に変換するコンバーターがついており、どうしても大きさの面では通常のモバイルバッテリーに分が上がります。

しかし、RAVPower 20000mAhの方が3種類の出力端子がついているため多用途に使えるのがいいです。

出力は、ほぼ同じなのにPC、ゲーム機、タブレットを同時充電できるのがいいですね。

Amazonでチェックする

飛行機持込みOK

出張が多い人や旅行好きの人にとって、この製品を魅力を感じるはずです。

でも疑問なのが

TERU
「飛行機にRAVPower 20000mAhを持ち込みができるのか?」

ではありませんか?

近年、大容量リチウムイオンバッテリーの機内持ち込みによる発火発煙が相次いでいることから、多くの航空会社がバッテリーの機内持ち込みに対して神経を尖らせています。

結論から書きますが

RAVPower 20000mAhは機内持ち込みOKです。

リチウムイオン電池の機内持ち込みは、容量や出力によって確かに規制されています。

JALやANAの場合、100W〜160W以下のモバイルバッテリーなら2個まで持ち込みOKという規定があります。

対して、RAVPower 30,000mAhは100W出力のため機内持ち込みが可能なのです。

JALやANAに限らず、このバッテリー持ち込み規格は多くの航空会社で採用されています。

引用元

まとめ

RAVPower 20000mAhは、「モバイル電源」と「モバイルバッテリー」の中間的存在です。

ただし、出力が80Wと少な目なので、外出先でどのような機器を使うかを想定しておくことが重要となります

ここ10年でPC、スマホ、タブレットは、もはや体の一部と言っていいほど重要なツールとなりました。

日々、デジタルツールで情報を入手している現代人にとって電力は水の次に重要なライフライン。

TERU
「もし10分後に災害が起きて万が一の場合なったら、あなたのガジェットの電源確保は大丈夫ですか?」

セール情報

クーポンコード:PB054UNGA

割引後の価格:11,049円

適用対象:RP-PB054 Pro

( 下記のRAVPower正規販売店からの購入に限り15%オフクーポンが適応されます。)

有効期限:2020年8月28日~2020年8月31日 15:00まで

Amazonでチェックする

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!FacebookとTwitterもやっています!プロフィールを見る

-モバイルバッテリー
-,

© 2021 ニューガジェット三昧!