イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

coumi ANC860レビュー 低価格でノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホンが登場

2020年9月22日

TERU
Hey Guys!

前回、Coumi を紹介しましたが今回は同社製のANC(アクティブノイズキャンセリング)を搭載したワイヤレスイヤホン「Coumi ANC860」を紹介します。

本記事を執筆するにあたり、メーカーの「COUMI」様より商品提供いただきました。

商品提供とはいえ、いいことばかり書くと私の耳を疑われるので正直にレビューを書かせていただきます。

TERU
すみませんcoumiさん

Coumiについて

CoumiはDunggum Koppo Electronicsというメーカーのオーディオブランド。

価格勝負ながらも音質にはそこそこ定評のあるオーディオブランドです。

スペック

付属品

Coumi ANC860

開封したところ丁寧、かつシンプルな梱包で収められていました。

Coumi ANC860 付属品

付属品

  • シリコンイヤーチップ: S/M/L
  • Type C充電ケーブル
  • クイックスタートガイド
  • 取扱説明書(日本語含む)
  • 品質保証カード

Coumi ANC860の特徴

coumi ANC860は、クラムシェル型の充電ケースにソラマメ型の完全ワイヤレスイヤホンが収められています。

このイヤホンの形状ですが某社のイヤホンとそっくりといえばそれまでですが、BOSE社のイヤホンを非常によく研究しており、実はフィット感に優れたカナル型イヤホンでした。

Coumi ANC860

長時間再生

coumi ANC860はイヤホン単体で通常使用8時間、ANCオンで連続5時間使用が可能。

さらにケースからの充電を使用することで最大41時間使用できるので遠方への旅行やスポーツ中の使用に便利です。

-28dBのANC(アクティブノイズキャンセリング)機能

ノイズキャンセリング

coumi ANC860は6000円台の製品にも関わらずノイズキャンセリング機能がついています。

50Hz~1kHz帯の音域に対して正反対の波形の音をぶつけることでノイズキャンセリングが発生し、最大-28dBのノイズキャンセリンを実現。

ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンは通常15,000円以上の価格帯にしか存在しません。

TERU
でも、coumi ANC860なら6,000円台で購入可能なんです。

アンビエントモード(外音強調)

アンビエントモードとは、外音取り込み機能でAirPodsでも搭載されていることで有名です。

イヤホンをつけていると構造上どうしても外音が聞こえず、

ボビー
「音楽に夢中になっていて電車で降りる駅を逃してしまった」
女役
「他人から話しかけられているのに気づかなかった」

なんて経験が誰もが1度や2度あるはずです。

でも、この外音取り込み機能を使用することで、こんな「うっかり」を防止することができます。

操作方法

Coumi ANC860

電源を入れる充電ケースからLとRのイヤホンを取り出す
電源を切る充電ケースにLとRのイヤホンを戻す
再生/一時停止どちらかのイヤホンを2回タップ
音量アップ右のイヤホン側面を1回タップ
音量ダウン左のイヤホン側面を1回タップ
次の曲右イヤホンを2秒タップ
前の曲左イヤホンを2秒タップ
通話の応答どちらかのイヤホンを1回タップ
通話の終了どちらかのイヤホンを2秒長押し
着信拒否着信時にどちらかのイヤホンを2秒長押し
通話の切り替え通話時にどちらかのボタンを2回押す
音声アシスタントの起動どちらかのイヤホンの側面を1秒長押し

Coumi ANC860を使ってみた感想

装着感と使用感

BOSEのTWSイヤホン「Soundsport Wirelessfree」と同様のイヤーチップを採用しておりフィット感が非常にいいのが好印象でした。

人間工学というか、人の耳の形状にあったイヤーチップのため運動など多少激しい動きをしてもズレ落ちたりすることがなく、イヤホンの大きさにふさわしくなく、しっかりとしたホールド感が素晴らしいです。

操作に関しては、左右のイヤホン側面に見える円形部分がタップ部です。

多少、慣れが必要なのかもしれませんが一発でこのボタンをタップすることが難しくミスタップする場面が何度かありました。

音質

ポイント

  • 高音 
  • 中音 
  • 低音 
  • 音場 
  • 解像度 

音質については、「ザ・5,000円前後のイヤホンの音」といった感じで値段相応でした。

低音が強めで、激しい曲のハイハット音は、割れてしまう傾向なのが少し残念です。

また、このイヤホンのウリである低音も若干ブーミー。

高音と中音域とが混ざってしまい解像度が殺されてしまっておりました。

単純に音質に関しては、前回紹介した同メーカーの「coumi Ear Soul TWS-817A」の方が一枚上手な印象です。

Ear Soul TWS-817A
Ear Soul TWS-817Aレビュー

続きを見る

気になるノイズキャンセリング性能は?

左側のイヤホン側面を2回タップするごとに、「ノイズキャンセリング」→「アンビエントモード(外音取り込み)」→「ノーマルモード」に切り替えができます。

気になるノイズキャンセリングモードの効果ですが、騒音をかき消す能力はあまり強くありません。

ただし、耳に聞こえるか聞こえないくらいのノイキャン特有のツーンという音が聞こえ、確実にノイズキャンセルがかかっていることは分かります。

周囲からの雑音は確実に減少することは事実ですが、感覚的にはA4用紙を両耳の当てて音を聞いている程度のノイキャン性能でした。

まとめ

coumi ANC860

今回のcoumi ANC860のレビューかなり厳しめに書きましたが、音質に関しては、普通の人が使う分には全く支障なく良い音で楽しめるはずです。

このイヤホンに向いている曲はEDM系の楽曲。

低音のビートは聞いていて必ず心地よさを感じさせてくれるはずです。

ワイヤレスイヤホンの入門機として知人へプレゼントしたり、予備用としてキープしておくのもいいかもしれません。

セール情報

  • クーポンコード:TXGSMYD5
  • 現在販売価格:6,399円
  • 割引後販売価格:3,839円
  • 割引き率:40% OFF
  • 開始日:2020-9-21 17:00
  • 終了日:2020-10-1 23:59

※1購入者あたり1回のみ有効。他のクーポンとの併用はできません。

Amazonでチェックする

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! FacebookとTwitterもやっています! プロフィールを見る

-イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

© 2021 ニューガジェット三昧!