イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

AfterShokz Open Moveレビュー ワイヤレス骨伝導イヤホンがテレワークに役立ちます

2020年10月7日

今年買って良かったものに骨伝導イヤホン「」がエントリーしていましたが今回は、継承機となる新型「Open Move」を紹介します。

結論から書きますが、価格はAfterShokzのフラッグシップモデル「Aeropex」の約半額で買え、音質や使い勝手は据え置きの素晴らしいモデルでした。

今回、AFTERSHOKZ OPEN MOVEをレビューするにあたりメーカーのAftershokz様より商品提供していただきました。

この場を借りて御礼申し上げます。

ただ安いだけの骨伝導イヤホンは買ってはいけない

骨伝導イヤフォンは最新技術のように感じるかもしれません。

でも実は、難聴の方向けと製品として、昔からあった技術なのはあまり知られていません。

しかし、一般的に販売されている骨伝導イヤフォンの弱みは・・・

  • こもったような音質
  • 音量を上げないと聞こえづらい
  • 音漏れがひどい
  • 肌と接触する部分が振動して長時間使用すると痛みを感じる

といった製品が多いです。

結論から書きますが、今回紹介するAFTERSHOKZ Open Moveはこれらの問題をブレークスルーした画期的なイヤフォンなのです。

ワイヤレス骨伝導イヤホンがWebミーティングにオススメな理由

1日中テレビ会議やwebミーティングをしているという方いませんか?

女役
でも、1日中ヘッドセットやイヤホンをつけていると頭が痛くなったり、耳元が蒸れたりと何かと不快なんだよね。

こういった問題を解決するのに役立つのがワイヤレス骨伝導イヤホンです。

ワイヤレスなので席を離れていても使用できたり、別途、普通のイヤホンを装着して音楽を流せば画面越しの相手には音楽が聞こえずに作業できたりします。

特にAfterShokz Open Moveは両耳をふさがないので、自宅にいる家族の声やチャイムの音など環境音を聞きながら使えるところにメリットがあります。

また、Open Moveはノイズキャンセリングマイクが搭載されているため、部屋のエアコンの音や生活音をカット。

クリアな音声を画面越しの相手にお届けできます。

Open Moveの紹介

付属品

シンプルな梱包でコストダウンの努力がうかがい知れます。

こちらが本体です。

充電は、USB-Type Cなので充電器を紛失してもすぐに代用がききますね。

左がOpen Moveの充電ケーブルで右の写真がAeropexの充電ケーブルです。

Aeropexの充電ケーブルは1本紛失してしまった経験があるので、充電にUSB Cを使えるようになったのがかなり嬉しいです。

AFTERSHOKZ Open Moveの特徴

特徴

● Bluetooth 5.0 通信半径は10m
●充電2時間・6時間の長持ちバッテリー
●振動が小さく音漏れしない(Airと比較して50%カット)
● IP67 完全防水、防塵性能
●USB Type-C
●中音域から高音域が聞き取りやすい
●2年間の保証付き

 

AfterShokzは「Open Move」「Titanium」「Air」「Aeropex」など様々なワイヤレス骨伝導イヤホンをリリースしているパイオニア的存在です。

フラッグシップモデルのAeropexと比較し、バッテリー駆動時間と防塵防滴機能が劣るものの音質、使い勝手に関しては同等だと感じました。

AFTERSHOKZ AEROPEXレビュー ながら族にオススメ骨伝導ワイヤレスイヤフォン

続きを見る

Aeropexとの比較

Open Moveの方が振動部やボリュームボタン付近(ツルハシ部)が若干大きく感じられました。

最初、Open Moveの方がバンド部分が短いと感じましたがAeropex(右)と同じ長さでした。

操作方法

ボタンは全部で3つ。

の音量アップボタンに電源ボタンも割り振られております。

左耳側のマルチボタンと音量ボタンの3つのみで非常にシンプルな作りとなっています。

耳栓をしながら音楽を聞く場合、音量ボタンの+と-を同時に長押しすると耳栓向けのイコライザーモードに変わります。

装着して左耳側の振動部にはマルチボタンがあり、押す回数によって曲順や再生停止などコントロールできます。

  • 1回押押す・・・音楽再生/停止
  • 2回押す・・・次の曲
  • 3回押す・・・曲の頭に戻る/前の曲に戻る

ちなみに下を向いたり首を振ったりしてもズレません。メガネを掛けていても問題なく掛けられます

使ってみた感想

使ってみてよかった点

  • 単純に音がいい
  • 音の遅延がほぼない
  • マグネットになった
  • 値段が安くなった

まず、Open Moveを装着してYouTubeを再生してみましたが音声のズレ(遅延)がほとんどない事に驚きました。

また、両耳を塞いでいないのに頭のなかで音楽が聞こえてきたのに驚きました。

TERU
頭の中で音楽がリアルに鳴っている感じかな。

また音の解像度も高く「まるでイヤフォンみたいな音質じゃん!」と一瞬感じました。

定位感はしっかりしていて音もクリアなので音楽鑑賞もできますが、やはり本気で音楽鑑賞用途にに使いたいならイヤフォン、ヘッドフォンを買った方が良いと思います。

このへんは、普通のイヤフォンと構造が違うので仕方ないことですが、少し前までの安い骨伝導イヤフォンと比較すると天と地ほどの性能差を感じました。

通勤中など電車やバスに乗っているときも外音が聞こえるので大事なアナウンスを聞き逃してしまう、電車から降り損ねるということがほぼなくなるはずです。

まとめ

いろんなメーカーからイヤホンが発売されていますが骨伝導イヤホンを試したことがある方は、まだごく少数かと思います。

今回、勘違いしてほしくないのは、「骨伝導のヘッドセットを買うと普通のイヤホンがいらなくなる」という考え方。

もっと鮮明な音を聞きたい時は正直、通常のイヤホンの方がもちろん優秀です。

しかし、骨伝導イヤホンの「頭の中で音楽が聞こえる感覚」をぜひ、1人でも多くの方に知っていただきたいというのが一番の気持ちです。

近年、スマホ、タブレット、ゲーム機など、私たちが子供の頃よりも電子機器が身の回りに増え、現代人はイヤフォンの使用頻度が格段にアップしました。

一方でイヤフォンを大音量で使い続けると難聴のリスクがあがり若年性の難聴も社会問題になっております。

でも骨伝導イヤフォンを使用すれば難聴になるリスクが激減するので若者には特に使ってもらいたい製品だと思いました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

© 2020 ニューガジェット三昧! Powered by AFFINGER5