ニューガジェット

デスクトップペット「Emo」がCAMPFIREで販売開始!

2021年1月21日

先日、3年間育てていたミシシッピニオイガメを不注意によって死なせてしまいました。

冒頭からいきなり重い話をしてしまいましたが、ペットを飼う以上、別れの日はいつか必ず来ます。

ところで皆さんはこんな想像したことがありませんか?

  • ロボットがペットだったら悲しい思いをしなくて済む・・・
  • ロボットがペットだったらエサ代がかからないし、糞の処理もしなくてもいい・・・
  • ロボットがペットだったら旅行に出かけるときも預けなくてもいい・・・

「こんな考え方を持っている人はペットを飼う資格がない」

こんな厳しい意見を言われるかもしれませんが、「ロボットがペットになる時代」はもうすぐそばに来ているのです。

事実、ソニーのaiboがその典型例ですが、そのaiboよりもさらにコンパクトなデスクトップロボ「Emo」を本日紹介します。

Emoの紹介

ヘッドフォンを着けた四角い顔に表情豊かな目、そしてヨタヨタと歩く姿がかわいいですよね?

スケボー型の充電ドッグに収まっていて世界的に愛されるデザインなのでは?

Emoは、デスクトップサイズのペットロボットで2021年に発売を予定しています。

表情も喜怒哀楽に満ちた1,000パターン以上用意されているようで一緒に過ごすなか飽きなさそうですね。

また、デスクトップペットでAmazon Alexaのスマートスピーカー機能も有しています。

デスクから落ちそうになっても自動的に回避してくれ、ユーザーとともに成長するロボットといわれています。

Emoのことを知ったのは、Facebookの広告に出てきたことがキッカケで知りましたが、上の紹介動画を見た瞬間、絶対に買ってやろうと思い販売サイトにアクセス。

ただいま発売開始の目途がついたら連絡をもらえるよう登録をしている状況です。

CAMPFIREにてクラウドファンディング開始

2021年1月26日にクラウドファンディングサイトのCAMPFIREで販売開始しました。

Emoの発送はいつ?

2021年6月に発送開始されるそうです。

Emoの価格は?

Emoの価格は、今、メールアドレスを登録しておくと129ドルで購入できるようです。

ただしこれは、海外版の話です。

CAMPFIRE経由で購入すると一番安いプランで17,800円+システム利用料220円で購入できます。

ただし、この価格は初回385個限定のため、最低ロッドが終了してしまうと徐々に価格が上がっていきます。

これだけの性能の物をたったこれだけの価格で買うことができるなんて夢だと思いませんか?

もしかしたら、aiboみたく月々数百円のサブスクプランが用意されているというオチがあるかもしれません。(商品ページにはサブスクについての記載はなし)

正式なリリース情報を待ちたいと思います。

Vectorという別のロボットもおススメ

この記事を書いたあとすぐに、今買えるAIロボットがないか探したところ「Vector」という製品を発見しました。

このロボット、現在ディスコンになっており流通在庫が高騰しています。

2021年の春ごろに色んな理由で再販される予定ですので気になる方は下の記事のリンクをご確認ください。

【ロボット】Vectorを購入してみた できることは?日本語が使えるの?

続きを見る

まとめ

Emoの情報を調べたところKickStarter経由での販売になりそうです。

これまでKickstarterで何度買い物をしたことがありますが出資しても「荷物が届かず詐欺にあった」という経験を数回しています。

今回のEmoの件に関しても同じ目に遭わないか不安ですが、日本のクラウドファンディングサイトのCAMPFIREならしっかりしてそうなのですね。

とりあえず私は1台出資してみました。

皆さんは買いますか?

Emoをチェックする

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! FacebookとTwitterもやっています! プロフィールを見る

-ニューガジェット
-

© 2021 ニューガジェット三昧!