イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

Mu6 Ringレビュー 骨伝導を上回るオープンイヤー型ヘッドセット

2021年8月14日

TERU
Hey Guys!

皆さんは普段どんなイヤホンで音楽を聴いていますか?

ドライバー搭載型イヤホン(普通のタイプ)や骨伝導イヤホンなどが一般的ですが、今回は第3のウェーブである・・・

指向性スピーカー搭載を搭載したイヤホン「Mu6 Ring」を紹介します。

皆さんは、指向性スピーカーのイヤホンで音楽を聴いたことをありますか?

商品名の「Mu6 Ring」は、ミューシックスと読みます。

これはラッパーみたく音楽のミュージックと同じ韻を踏んでいてネーミングセンスも秀逸!

気になる音質や使い心地はどんな感じなのでしょうか?

(Mu6 Ringはイヤホンでもあり、ヘッドセットでもありますが、文中ではイヤホンでネーミングを統一させていただきます。)

今回の製品レビューにあたりメーカー様より商品サンプルを送っていただきました。

この場を借りて御礼申し上げます。

Mu6 Ringを開封

製品仕様

  • Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.0
  • Bluetooth通信距離:10m
  • バッテリー容量:190mAH
  • フル充電時間:1時間30分
  • 最大連続通話/再生時間:9時間
  • 充電ケーブル:Micro-USB
  • サイズ:157*121*20mm
  • 重量:35g
  • 色:ダークブルー
  • 待機時間:200時間

指向性スピーカーがついた製品で身近なものは、Boseのサングラス(Bose Frames)です。

サングラスのレンズを透明なものに交換することもできますが、四六時中メガネをつける必要はないですよね?

Mu6 Ringは単純にイヤホン(音を聞く)に特化した製品で軽量、耳を塞がない、音がクリアといった無駄を省いたシンプルな製品となっています。

Bose Frames Altレビュー

Mu6 Ringの特徴

  • 耳を塞がないオープンイヤー型。
  • 骨伝導ではない空気伝導式ヘッドセット(指向性イヤホン搭載)。
  • Google Assistant、Siriが使える。

パッケージ

Mu6 Ring aftershokz似てる

Mu6 Ring パッケージ

パッケージは某骨伝導イヤホンメーカーで見たことがあるようなデザインです。

裏面には製品の特徴が書かれています。

Mu6 Ring 箱

側面にはMu6が役に立つであろう使用場面(ランニング、ウォーキング、運転、オフィスワーク、家庭内)が書かれていました。

付属品

Mu6 Ring 付属品

こちらが付属品一式です。

Mu6を入れる巾着袋が入っているのが地味に嬉しい。

Mu6 Ring 充電

充電はmicroUSB。

Mu6 Ring 反射シール

ライトに反射するリフレクターシールが付属していました。

夜間のウォーキング時など、後方から自動車が来た時に反射し歩行者の存在を知らせてくれます。

Mu6 Ringの特徴

本体

Mu6 Ring

こちらが本体です。

指向性スピーカー搭載

Mu6 Ring 指向性スピーカー

イヤホンのスピーカーにあたる部分は指向性スピーカーとなっています。

通常、スピーカーから出る音は周囲に拡散されますが、指向性スピーカーは、ある一方向、一定角度にだけ音を飛ばすことができます。

そのため指向性スピーカーのイヤホンを使えば、うるさい場所でもダイレクトに自分の耳に音を届けることができるのです。

柔軟性

Mu6 Ring 強度

Mu6 Ring 強度

本体はプラスチック製ですが柔軟性に優れています。

そのためどんな頭のサイズにもフィットし、使わない時は丸めて付属のポーチにしまておくなど、携帯性がいいのも嬉しいポイントです。

Mu6 Ring

また、イヤホン部分は上の写真のように折り曲げることができます。

Mu6 Ring 装着感

リング部分にあたる後頭部は膨らみがないので装着した時にスッキリしたシルエットなのがいい。

私はメガネ使用者なんですがメガネのツルの部分にイヤホンが干渉しないのでストレスなく使うことができました。

Mu6 Ring 装着感

Mu6 Ringはリング部分の角度調整ができます。

髪の毛を結んだ女性でも使いやすいようにカチューシャのようなフォルムで使えるところが素晴らしい。

Mu6 Ringの使い方

Mu6 Ring 操作方法

Mu6のデザインは至ってシンプル。

本体側面に1つのボタンしかありません。

正確にはボタンがシーソー式のスイッチになっております。(中央のボタンと左右に+とーのボタンが一体化してます。)

Mu6 Ring 本体

  • 中央のボタンを1回押すと再生/停止
  • 中央のボタンを2回押すとGoogleアシスタント or Siri
  • ボリュームボタン1回押すと音量アップ/ダウン
  • ボリュームボタン長押しで曲送り/曲戻し

ノイキャン性能が抜群で最近人気のBoseのQuiet Comfort earbudsやソニーのWF-1000XM4には音量調整ボタンが実はついてません。

これらと単純に比較してしまうのは酷ですが、普通に音量調整ができるのは素直に喜べます。

使ってみた感想

Mu6 Ring

メリット

  1. 骨伝導イヤホンより高音質で立体感のある音楽を聴ける。
  2. 耳を塞がないので運動中や自転車に乗る際に使っても大丈夫そう。
  3. メガネをしていてもツルの部分と干渉しにくくできている。
  4. テレワークで1日中イヤホンやヘッドホンをしてると耳が疲れるけどオープンイヤー型なので疲れにくい。

デメリット

  1. 大音量で音楽を聴くと音漏れがするので電車のような公共交通機関の中で使う場合、注意が必要。

世の中にはいろんなイヤホンが出ていますが、Mu6 Ringは使う場所やシチュエーションによって非常に便利です。

ただし、オープンイヤーという特性のため「耳を塞がない快適さ」「音質」はどうしてもトレードオフになってしまうことを理解していただきたいです。

Mu6 Ring 箱

Mu6 Ringの特徴を最大限に活かせる場面として、パッケージにも書かれている、各種屋外スポーツ、テレワーク、運転時などに役立ちます。

また、ネックスピーカー(首に装着するタイプ)と使用できる場面が似ているのでネックスピーカーの購入を検討されている方はMu6 Ringもいい選択肢になると思います。

ただし、ネックスピーカーのように音質、臨場感を求めるのは間違いなので、そこだけは勘違いしない方が良いです。

軽量、コンパクト、オープンエア、完全ワイヤレス、音漏れが少ないという点から音質の点を差し引きしてもいい商品だと思います。

装着感

側圧はそんなに強くないんだけど運動しながら使っても全然ズレない。

TVの報道を見ていると最近のアスリートはAirPodsを着けているなと感じます。

たしかに操作感含め、iPhoneとの相性は抜群なんだけどやっぱり耳を塞がずに使えるMu6 Ringの方がアスリートに便利だと思いました。

イヤホン部分を耳に近づけたり角度を変えて装着すると、よりイヤホンに近い音質で聴ける。

音質について

最初にYouTubeを見てみたけど遅延が少ないのが良かった。

音楽は低音が少し弱いけど音楽を聞くには十分の性能。

骨伝導イヤホンと比べて断然音はクリア。

現状、AfterShokzで満足している人は、一度Mu6 Ringを使ってみるともっと音楽を楽しめると思います。

音漏れについて

オープンイヤーなの周囲の音が聞こえるので「〇〇しながら作業」に最適です。

ただし音量を上げすぎると周囲の音が聞こえなくなったり、音漏れするので注意が必要です。

音漏れは、人が近くに来ないと音が聞こえないレベル。

ラジオとか聞いていても、かすかに音が聞こえる程度で実際なんて言っていっているかよく分からないくらい静か。

ある程度距離が取れる位置で聞けば全然問題ないです。

 

まとめ

Mu6 Ringは、先述したとおり音質を追求する方には向いてない製品です。

骨伝導イヤホン<指向性イヤホン(Mu6 Ring)<一般的なイヤホンという序列になってしまいます。

オープンイヤー型の特性を活かし、Webミーティングや運動をする場面で役立つほか、骨伝導イヤホンを大きく上回る満足度を得られるのが特徴です。

Mu6 Ringが気になる方はぜひチェックしてみてください。

お得なクーポンコード

  • Amazon クーポンコード:GOHW9Q4T
  • 楽天(1500円off) クーポンコード:CNTJ-W3HP-PIMY-NDYV
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住、ブロガー歴6年のサラリーマンです。 ニューガジェット三昧は月間11万PVのガジェット系ブログ。 レビュー依頼も募集中です! FacebookとTwitterもやっています! プロフィールを見る

-イヤフォン・ヘッドフォンレビュー

© 2021 ニューガジェット三昧!