ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

LEGOと中華レゴのレビュー 製作工程

LEGO Technicに超高級車のブガッティシロン登場! いっぽう中華LEGOブランドのLEPINが早速コピーを発売!

投稿日:2018年8月13日 更新日:

お盆休みエンジョイしていますか?

旅行や遠出するのもいいですがどこに行っても暑くて混んでいてイライラするばかりというという方も多くいらっしゃると思います。

そんな日はエアコンの効いた部屋で自分一人の時間を満喫してみるのはいかがでしょうか?

先日、Youtubeを見ていたところLEGOのCMを偶然見て興味深い商品を発見してしてしまったので紹介します。

世界一早いと称される超高級車『Bugatti Chiron』のレゴです。

価格は65,000円と高額ながらも、W16気筒エンジンの再現、可動ウイング、ステアリング、ギアボックスなど細かいディティールが再現されており、おもちゃとはいえ所有欲を満たしてくれる商品です。

 

 

 

これまでのレゴテクニックの商品は意匠面ゴツゴツしていていかにもブロック感がありましたが今回のブガッティシロンのボディはプラモデルと見間違えるくらい滑らかで精細な作りとなっております。

 

ブガッティ社とヴェイロンの紹介

1909年にイタリア人のエットーレブガッティが設立した会社で1987年に一度経営破綻するものの紆余曲折を経てに1998年にフォルクスワーゲンによって商標権が買い取られ傘下に収まることになりました。

取り扱う自動車は超高級車のみを販売しており2005年に3億円の超高級スポーツカー『ブガティ ヴェイロン』をリリースしました。

このブガティヴェイロンはビートたけしが所有していることで有名で最高時速407km/h100km/hまでの加速2.5という驚異的なスペックです。

また最高時速での燃費800m/L100Lのタンクで80kmしか走れな胃というぶっ飛んだスペックのようです。

映画トランスフォーマーでも侍ロボットのドリフトが変形する自動車としても有名です。

 

Bugatti Chiron(ブガッティシロン)の紹介

 

ヴェイロンの発売の20年後に後継機としてブガッティシロンが発売されました。

前モデルのヴェイロンのスペックを大幅に上回り、公称の最高速は420km/h。もしくは、それを上回る理論値480km/hを超えることも可能とされるが、そのスピードに耐えうるタイヤがないため検証不可能のモンスターマシンです。

価格はヴェイロンの倍の260万ドル。

日本円にして約3億円の一般人ピープルには到底手が届かないマシンなのですがLEGO Technicを買えばお手軽にシロンオーナーの気分を味わうことができるはずです。

 

LEGO Technicの魅力とは?

小さい頃に誰しもがレゴブロック、もしくは他社のプラスチックブロックで遊んだことがあると思います。

普通レゴというと、レンガのような四角いのの上にポッチが付いてるブロックを連想すると思いますが、テクニックシリーズは全く違います。

レゴテクニックの最大の特徴としては、歯車や軸といったパーツがあり、動力を伝えて「動く」作品を作る事が出来る点です。

上の写真はエンジンの部分を作っている時の写真です。

6気筒エンジンのピストンとクランクを組付け、シリンダーに収めたところの写真です。

そのほかデフギア、ステアリング、サスペンションなどの構造を学べたりと、まるで自分が自動車工場で働いて自動車を1から作っているような気分を味わえる商品でシリーズです。

こちらが完成写真

レゴテクニックについて紹介しましたが実は上の写真は中国のレゴのコピーブランド『LEPIN ポルシェ風』と『DECOOL フェラーリ風』の商品です。

 

中華レゴブロックブランドLEPINの紹介

レゴブロックの商標は1988 年に切れており、レゴと同様のサイズのプラスチックブロックを製造しても法的に問題はないようです。

そんなわけで、各国でレゴ社との同じスケールの互換品が出ておりますがコピー大国の中国ではLEGOに訴えられても仕方ないくらいのクオリティの製品を発売しております。

過去に中国のLEGOのコピーブランドLEPINの製品についてレビューしてみました。

中国版LEGO LEPINポルシェを買ってみました! 製作レビュー4 水平対向エンジン

今日は日曜日なので時間がたっぷりあります。 午前中はポケモンを探しにお出かけし、昼過ぎからのスタートとなりました。 さあ、気合いを製作を一気に進めてみようと思います。 昨日の作業の続きはデフギアから始 ...

続きを見る

中国版LEGO LEPINポルシェを買ってみました! 製作レビュー5 外装骨格部分の組立

この記事もあっという間にパート5となりました。 さて前回まではエンジン周りから、フロント、リアサス、ハンドルまでといったシャーシ(プラットホーム)の部分を製作してまいりました。 今回はボディーの骨組み ...

続きを見る

中国版LEGO LEPINポルシェを買ってみました! 完成編

製作レビュー6からかなり時間が空いてしまいましたがLEPIN ポルシェが完成したので報告させていただきます。 外装がかなりついてきて車っぽくなってきました。 メーターパネルです。 よくできているなーと ...

続きを見る

中国版LEGO 通称DECOOLを仕入れてみた

今日も我が家に中国から荷物が届きました。   いかにも怪しげな袋ですが開けてみると。 以前発注した中国版のLEGO、通称DECOOLが届きました。 DECOOL 3333と3335という商品 ...

続きを見る

中国版LEGO 通称DECOOLを作ってみた③

今回でDecool 3334の組立てレビューは終了です。 今回はエンジン部分の組立てから再開です。   前回作ったLEGO耐久レースのマシンのようにエンジンのピストンがポコポコと上下に動きま ...

続きを見る

スーパマリオブラザーズ30周年記念にLEGOで初代マリオを作ってみた 作り方の紹介

今日はレゴ耐久レースを作るのを休憩しています。 理由は後日報告します。 突然ですが今年マリオが発売されて30周年。 思い起こせば小学校の頃、ファミコンをやりすぎて親にファミコンを何度も隠されました。 ...

続きを見る

 

コピーとはいえど組み立て工程、ブロックの内容は本物のレゴと一緒でクオリティの高さに感動してしまいました。

そんな中華ブロックのLEPINですが「さすが!!」と唸らせるほど仕事が早い!

早速LEGO Technicのシロンをコピーし販売しています。

 

 

 

中国の通販サイトALIEXPRESSですでに14,000円前後で販売されているのを早速確認しました。

本物のLEGO Technic シロンが65,000円に対しコピー品は4分の1の価格で製品クオリティは同等なのでかなりお買い得といえます。

 

 

また、安さの秘密はブガッティとライセンス契約をしていないのと開発コストがほとんどかかっていないからです。

決してコピー品の購入を推奨しているわけではありません。

  • 1つは正規品のLEGO Technic 42083 ブガティシロンを購入し、永久保存版としてキープ。
  • もう1つはLEPINシロン風を組立て飾って楽しむと面白いかもしれません。

 

前回作ったLEPIN ポルシェ風は2726ピースあり完成までに約半年かかりました。(個人の作業スピードにもよりますが途中仕事が忙しくなり進捗が遅れてしまったため)

今回発売されたLEGO Technic 42083 Bugatti Chironは4031ピース。

LEPINポルシェ風の約2倍の内容でもし私が買ったら完成までに約一年くらいかかる計算になります。

レゴテクニックの魅力はプラモデルと違い、『工具不要』『塗料不要』とお手軽でリアルな乗り物を作ることができるところにあります。

あなたもレゴテクニック始めてみませんか?

 

 

広告



  • この記事を書いた人

TERU

静岡県藤枝市在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! 夢は商売人になること。 いつか独立を目指し副業や趣味を通じて将来を模索中です。 □◆理念◆□ 日本ではまだメジャーではない最新のガジェットの『紹介』『販売』を通じ、毎日がワクワクするような豊かな暮らしと新しい日本人のライフスタイルを提案します。 FacebookとTwitterもやっています!

-LEGOと中華レゴのレビュー 製作工程
-, ,

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2018 All Rights Reserved.