ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

おでかけブログ

Golf7.5のスノーチェーンを購入 野沢温泉スキー場に行ってきました

投稿日:

あけましておめでとうございます。

皆様は、お正月はどのようにして過ごされましたか?

我が家はブログタイトル通り13日~4日にかけて野沢温泉に行ってきたので記事にします。

スノーチェーンの選定〜野沢温泉までの遠い道のり

野沢温泉村は長野県ですが長野というよりも、ほぼ新潟県といってもいいくらい私にとって遠い道のりでした。

私が住む静岡県藤枝市から長野県野沢温泉村まで片道56時間かかりましたがGolf7.5に搭載のACC機能(アダプティブクルーズコントロール)レーンアシスト機能に助けられて少ない休憩時間て現地まで着くことができました。

Golf7.5のスノーチェーンはどれを買えばいいか悩まされた

私の乗っているゴルフ7.517インチの偏平タイヤ(225/45R17 )を履いています。

当初、スタッドレスタイヤを装着しようとオートバックスにゴルフを持ち込みましたが15万円。

つまり4本で20万円の見積りをもらった訳ですが、そんな金額を払える訳がありません。

仮に妻の前で20万円という単語を発しただけでどんな仕打ちにあうのか想像するだけで寒気がします。

そんな訳で作戦変更。

スノーチェーンを選択することになりましたが、タイヤ適合表に私のGolf7.5用のチェーンがリストアップされていませんでした。

仕方なくオートバックスの店員に225/45R17用のタイヤチェーンがあるか聞いたところ、カーメイトの非金属チェーン「バイアスロンQE12」を紹介してもらいました。

しかし、本当に装着できるかは実際にやってみないと分からず、店としても保証ができないとのこと。

もちろんフォルクスワーゲンのディーラーにも行って確認しました。

ディーラー曰く

「スタッドレスタイヤを装着することが前提でチェーンは対応していないどごろか、装着して走行するともしかしたらエラーのアラートが出るかもしれない」

と言われました。

結局、スタッドレスタイヤが欲しいけど買えず一か八かでスノーチェーンのバイアスロンQE12を購入することにしました。

 

 

実際に装着してみました。

私の心配をよそ目に、エラーは一度も出ることなく無事行って帰ってくることができました。

 

 

Golf7.5にスキーキャリアをつけたい

スキーキャリアもつけたいのですが今季はこれ以上予算を確保できません。

「普通のゴルフではなくてゴルフヴァリアントにしておけば」

と一瞬後悔しましたがそんなこと言っている場合ではありません。

何とかスノーボードを積み込まねばと思い色々試した結果、スキー場キャリアを積まずともスノーボードを収納することに成功しました。

 

ハッチバックを開けて後部座席の中央部分を室内側に押し出すことで長尺物を積むことができます。(分かりにくい写真ですみません)

この方法でスノーボード1枚、スキー板4セットは積むことができます。

そのままの状態で積みこむと後部座席に座った人が危ないのでボードをソフトケースで包んで積み込むといいでしょう。

 

野沢温泉スキー場の写真をアップします

行ったことがある人しか共感してもらえないかもしれませんが現地で撮った写真をアップします。

野沢温泉スキー場の頂上からの眺めです。

2日目は天候に恵まれ絶景を目の当たりにすることができました。

もちろん雪質も最高!

北海道のレベルとはまた違ったものがありますが、ロングコースと雄大な景色の2つを楽しむことができます。

外国人も多く、休憩時レストランに入った時

「ここは本当に日本?」

と思うくらい外人率が高かったです。

 

千と千尋の神隠しに出てくるような温泉がありました。

野沢温泉の地元の温泉組合で運営されているようで入浴料は原則かかりません。

ただし、入り口に賽銭箱があり「気持ち」を賽銭箱に投げ込んで欲しいと書いてありました。

入り口入ってすぐのところに靴箱と脱いだ服を置く棚があり、そのすぐ裏には温泉という完全に合理的な作りになっていました。

野沢温泉にはこのような入浴施設が村の中に10数軒点在しているとのことです。

野沢温泉は「温泉卵の発祥地」と言われています。

地元の人しか使えない煮物を漬けるための温泉があり、朝6時ぐらいから温泉卵作りをしている人を見てきました。

 

今年も宜しくお願い致します

書きたいことはもっと色々ありますが、野沢温泉とゴルフの話はここまでです。

皆様、今年もニューガジェット三昧をよろしくお願いいたします。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おでかけブログ
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.