ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

VR関連のレビュー

VRchatはじめました フレンド募集中

投稿日:

201810月にGPD Pocket2を購入しVRchatを始めました。

GPD Pocket2も面白いマシンなのですが、やはりスペック的な物足りなさを感じ12月にゲーミングノートを購入してしまいました。

さらに、ここでやめておけば良いものの、立て続けにHTC VIVEを購入!

・・・と財布がやばいことになっています。

今回は私を金欠におとしめてくれた諸悪の根源VRchat」について紹介していきます。

112view
GPD Pocket2が約7万円で発売中! indiegogoで買えなかった人はここで買え!

続きを見る

103view
車内時間が快適になるAUTOWIT Qi充電車載スマホホルダーの紹介(商品提供レビュー)

続きを見る

VRchatとは?

一般的にチャットというとLINEのように文字で会話のやりとりをするのが普通です。

一昔前にSecond LifePlaystation Homeというゲームが流行りました。

VRchatもこれらと、できることはほぼ同じですが決定的に違う点は

HTC VIVEOculus RiftといったVRゴーグルを使用する事で仮想空間にトリップできるという点です。

ポイント

世界中の人達と音声で会話ができる

ネットの影響で、ここ10年で電話回線を通して国際電話をかける人はごく少数になり、SkypeFacetimeといったサービスを使用して会話する人が増えたはずです。

VRchatも同様にネット回線を通して会話するので電話を使うことなく世界中の人達と会話することができます。

当たり前と言えばその通りなのですが30年前の人がタイムスリップしてVRchatのことを知ったらブッタマゲーションになると思います。

仮想空間上の物を掴んだり投げたりする事ができる

VRchat内ではVRゴーグルを装着して物を立体的に見るだけでなく専用コントローラーを使用することでVR空間上の物を掴んだり投げたりすることができます。

またモーションセンサーをつけることで身体の動きを感知でき姿勢を感知するどころかVRchat内でダンスしたりすることもできます。

この技術が発展させて出てきたのがV-tuberです。

VRchat内ではアバターを介して第2の自分を作ることが出来ます。

太っていようが、ブサイクだろうが、オッサンだろうがVRchatの世界ではアバターを介して皆平等。

あまりの居心地の良さにVRゴーグルを外すのが嫌になり、そのまま寝てまたVRの世界で目を覚ます生活をしているもいるとかいないとか。

 

VRchatの始め方

 

見出し(全角15文字)

  • Windowsパソコン(Macはできません)
  • ヘッドセット
  • Bluetoothコントローラー (任意)
  • HTC VIVE (任意)
  • OCULUS RIFT (任意)

必要なスペック

残念ながらMacではVRchatを楽しむことができませんがスペックが低いPCでもある程度楽しむことができます。

HTC VIVEOCULUS RIFTは絶対必要ではありませんが、あれば没入感がすごくハマること間違いありません。

 

 

 

ただし、これらのVRヘッドセットを買うにはかなりの初期投資が必要です。

「高くて手が出せない。だけどどんな感じか1度体験してみたい」

という方はGear VRやスマホVRを用意してRiftCat20ユーロぐらい)ALVR(無料)をダウンロードして楽しむ事も可能です。

378view
Riftcatを導入してスマホヘッドマウントディスプレイをOculus Rift化に挑戦

続きを見る

175view
Gear VR、スマホVRの楽しみ方 RiftcatでSteam VRを楽しむ

続きを見る

 

ちなみにALVRを使えばニンテンドースイッチのコントローラー”Joy-Conを認識させることもできます。

ちなみにJoy-Conを認識させ、ちゃんと反応するところまでは確認できたのですがキー設定がどうしても上手くできずHTC VIVEを再現することが出来ず、結局HTC VIVEを購入するという流れになってしまいました。

 

SteamをダウンロードしてVRchatを検索してダウンロードするだけで始めることができます。

またこちらからVRchatの専用サイトに飛び、ダウンロードすることもできます。

登録方法

VRchatを立ち上げるとアカウントを作成する画面が現れます。

VRchatの専用のアカウントかSteamのアカウントどちらかで始めることができますがVRchatのアカウントで始めた方が拡張性があるらしいです。

人に話しかけたり、話しかけられるというのは勇気がいるかもしれませんがVRchatをやっている日本のユーザーは原則いい人が多いので分からないことは聞けば教えてくれます。

ちなみに私はコミュ症にも関わらず営業の仕事をやっています。

普段お客と話をせざるを得ない環境にいるためVRchatをやっている時は仕事の反動なのか積極的に人に絡みたいとは思いません。

何をしているのかというと仮想現実の風景を眺めていたりとか人の話に聞き耳を立てていたりと基本的に無言勢です。

自分からは話しかけられませんが、やはり誰かから話しかけてもらうと嬉しいですね。

興味のある方はVRchatを始めてみてください。

 

VRchatフレンド募集中

見出し(全角15文字)

teru_

 

-VR関連のレビュー

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.