ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

VR関連のレビュー

Nintebdo Labo VRキットが発売 汗・湿気からダンボールを長持ちさせる方法

更新日:

2018年4月20日に初代Nintendo Laboが発売されてから約1年が経ちました。

  • 『Nintendo Labo』は、いろいろな形に組み立てたダンボールとNintendo Switchを合体させ、自分だけのコントローラー「Toy-Con」をつくってあそぶ、これまでにない体験ができるキットです。
  • 動く組み立て説明書を見ながらToy-Conを「つくる」。
  • Nintendo SwitchのJoy-ConとToy-Conを合体させて「あそぶ」。
  • 作ったToy-Conの仕組みを理解してさらなるあそびをつくる「わかる」。
  • 「つくる、あそぶ、わかる」を体験しているうちに、いつのまにか自分だけのあそびを発明できるかもしれません。Amazonより引用

Nintendo Laboはダンボールを組み立てて仕組みを理解しながら様々な遊びをクリエイト出来る素晴らしいツールだと思います。

我が家には4月生まれの息子がおり誕生日プレゼントとして発売日に買いましたが我が家のNintendo Laboは現在、朽ち果て遊ばれずにおります。

鳴り物入りで登場したNintendo Laboですが皆さんのお宅のNintendo Laboはまだご健在でしょうか?

ニンテンドーラボは「かさばり片付けしにくい」とか「壊れやすい」という弱点があります。

2019年4月12日にNintendo Labo VR Kitが発売

初代ニンテンドーラボ発売から1年がたち遂にVRキットが発売されることとなりました。

これは私の推測ですが1年前から発売できる環境でしたが対応ソフトの準備などで今年発売になったと予測。

先日、任天堂のプレスリリースで「スーパーマリオオデッセイ」「ゼルダの伝説BotW」が無料でVRへアップデートされるとアナウンスがありました。

これは過去のバーチャルボーイの失敗の轍を踏まぬよう秘密裏に、かつ周到に準備を進めてきたと予測し今後PSVRキラーな製品になるかもしれません。

VRキットってすぐ壊れそう

今回発売されるNintendo Labo VRキットですが普通に使っていたらすぐに壊れるんじゃないでしょうか。

VRゴーグルのレンズ周り以外は、もちろんダンボール製です。

ダンボールが顔に密着し汗や皮脂を吸い込むことで確実にVRゴーグル部分は劣化してしていくはずです。

また、これから梅雨に入り汗をかく夏がまっていますが数回遊んだら壊れて燃えるゴミ・・・なんてなったら流石に泣きます。

任天堂にとってはダンボールキットや設計データを再度買ってもらえるため願ったり叶ったりなのかもしれませんが、

ニンテンドーLABO VRキットを長持ちさせる方法

  • ニンテンドーラボのダンボールはすごく薄く強度的に不安…
  • 今回発売されるVRキットも果たして何日持つのだろうか?

子供が遊ぶのであればとくに加減が分からずにすぐさまクラッシュ!なんてこともあり得ます。

少しでも長く使うための方法をいくつかまとめてみました。

Nintendo Laboの防水・湿気・汗対策にアクリルスプレー

アクリルスプレーは100円ショップで購入することができます。

これを吹き付けるとでダンボールを防水加工することができます。

アクリルスプレーを使用するデメリットはにおい。

有機溶剤を使用しているため吹き付け直後に使用すると気分が悪くなるので小さな子供が使用する場合は特に注意が必要です。

ビニールテープを巻いて防湿対策、補強

ビニールテープもしくはガムテープ(布テープ)でVRキットの外側をグルグル巻きにすることで強度も増し長く使うことが出来るようになります。

ただし、デサイン性は皆無になるので家族には嫌がられるはず。

プラダンで作る

プラダンは引越し屋さんが養生で使う材料なので見たことがある人もいると思います。

プラダンはダンボールみたいな構造のプラスチック板なのでニンテンドーラボに付属するダンボールのように折り曲げ、カットが容易なはずです。

ポイント

1.ニンテンドーラボのダンボールをカラーコピーしてプラダンに貼り付け。

2.貼り付けたものを元にカッターで切り出し組立。

少し手間がかかりますがこの工程で作っていきます。

仮にプラダンで作ったVRキットが壊れてしまっても手元に原本であるダンボールが残っているので理論上無限に作ることが可能です。

まとめ

今回のニンテンドーラボの発売が成功しサードパーティーが増えてくればプラスチックで製品化される可能性もあります。

現行版のNintendo Switchの画面は6.2インチサイズで解像度1280×720ドットの液晶パネルですがVRゴーグルのレンズを通して実際に見る画面解像度はその半分程度になると思われます。

ちなみにGear VRは有機ELディスプレイでNintendo Switchと比較して解像度が約2倍というスペックです。

Gear VRを使用してみたところ画面の粗さがが気になりさらに2倍程度解像度が欲しくなります。

2019年度中にNintendo Switchの新型が出るというリーク情報がありますがNintendo LaboのVRキットに対応すべく解像度2倍のモデルが発売されることを期待したいですね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-VR関連のレビュー
-

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.