ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

おでかけブログ

バンコクの新名所「キングパワーマハナコン」に行って来ました

投稿日:2019年5月26日 更新日:

バンコクから戻り1週間がたちましたがまたバンコクに帰りたい「バンコク病」を発症しております。

しかも、今回は悪質で5月病とバンコク病を同時に併発してしており毎朝、目ざめの瞬間が一番キツイです。

今回はバンコクのマハナコンタワーに行った時の記事を書きます。

多分、これがバンコク最後の記事になるかと思います。

タイで一番高いビルキングパワーマハナコンに行ってきた

この上の写真は「キングパワーマハナコンタワー」。

通称、マハナコンで有名ですが今回の旅で絶対訪れよう思っていました。

このマハナコンは2018年の12月にオープンしたばかりで高さは314m(地上77階建て)です。

日本人からすれば、

「東京スカイツリーの高さ634mに比べれば大したことないよ」

と思うかもしれません。

デザインスケッチからこの奇抜なデザインをどうやって実現させ、施工していったのかが気になります。

マハナコンはタイ語で「偉大なる都」の意味があるらしいです。

そういえばバンコクの正式名称は「クルンテップ マハナコン〜」と世界一長いということで有名ですがこの2番目に出てくるマハナコンをビルの名前に冠しています。

ちなみにこのビルのオーナーは免税店を運営している「キングパワー」という会社らしいのですがよくこんなビルを建てられるほど資金を調達できたなと感心してしまいます。

マハナコンへの行き方

場所はBTSチョンノンシー(Chong Nonsi)駅です。

バンコク中心部からすぐ。3番出口からペデストリアンデッキで結ばれ、展望台行きのチケット売り場へと行くことができます。

エントランス

こちらがエントランスの写真。

現地人料金と外国人(観光客)料金の2つが設定されているらしいです。

ちょっと人種差別かとも思いましたが入場料の800バーツぐらい(約2,500円)を払いました。

ちなみに通常は1000バーツらしいのですが私がいった時は何故か安く入場できました。

現地の友人と一緒に行ったからなのかそれとも閑散期だからなのか・・・

いずれにせよクリスマスなどムーディーなシーズンの時は値段が上がるなどこれがキングパワーなのかと納得せざるを得ません。

セキュリティゲート

マハナコンの入り口で入場券を購入し進むと、空港並みの持ち物検査が始まります。

タイは基本的に仏教国ですがイスラム教信者も一定数いるためBTSの入り口などテロ対策を至る所でやっています。

ここでは空港で見かけるのと同じセキュティ体制でした。

エレベーターに乗り込む前に記念写真を強制的に撮らされます。

驚いたのが最上階で記念撮影をするのではなく1Fで写真撮影するということ。

CG映画を撮影する時みたく何もない部屋で「ここを指差して」みたいな指示をもらい写真を2カットとりました。

買えるときに写真を見せられましたが見事に合成され屋上で撮影したのと遜色ない写真自分が写っていました。

ちなみに高かったので買いませんでした。

マハナコンのエレベーターの速さに驚く

写真撮影が終了したらエレベーターで最上階へGO!

エレベーターの内部は全面液晶になっており僅か50秒足らずで屋上に到着しました。

マハナコン屋上からの眺めは最高!

最上階に到着後、もう一つエレベーターを乗り継ぐと(無料)ルーフトップテラスに出ることができます。

視線の先には何やらガラス製の透明な床があり多くの観光客がポーズをとっています。

通称スカイウォーク!

私も例にもれず写真をとりました。

このスカイウォークはガラス製のため衝撃に弱く、立ち入る際には靴に布の袋をかぶせて床に乗ります。

最初の一歩はかなり怖かったです。

ちなみにスカイウォーク内はスマホ持ち込み禁止なので写真は誰かに撮ってもらいましょう。

(スマホ落下によりガラスが痛んでしまう可能性があるから)

マハナコンに行くなら夕方がおすすめです

マハナコンに行くなら絶対に夕方に行くことをおすすめします。

サンセットを拝み、空がオレンジ、紫、黒とグラデュエーションで変化していく様は必見です。

少し前までバンコクで’一番高かったビル「バイヨークスカイビル」も少し低い位置に見えました。

下の写真に写る川はチャオプラヤー川です。

夕方

夜はバンコク市内の夜景が綺麗に見えます。

まるで生きているかのように所々で煌めくネオン。

地上では白と赤のライトが大河のように連なり渋滞しているのがよくわかります。

普段はイライラしてしまうけど渋滞も悪くないなと思え、「神様は毎日高い所からこうやって人間の営みを見ているんだなー」とロマンチックな雰囲気を感じてしまいました。

まとめ

バンコクにきたら絶対にマハナコンに行きましょう。

私が行った時には日本人はほとんどおらず欧米人や中国、韓国人で溢れかえっていました。

新しいビルなのでまだガイドブックにもそんなに掲載されておらず日本人が少ない今が狙い目!

マハナコンで撮る写真は全てインスタ映えすること間違いありません。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!FacebookとTwitterもやっています!詳しく見る

-おでかけブログ

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.