\ 楽天ポイント最大10倍! /

Powkiddy RGB10Sレビュー コンパクトながら満足度が高い超コンパクトマシン登場

powkiddy RGB10S サムネイル

超コンパクトな中華エミュレーター「Miyoo mini」がスマッシュヒットしておりTwitter界隈で多くの購入報告が上がっています。

今まで多くの中華ゲーム機を試してきましたがここまで盛り上がるマシンは過去にありません。

そんななか、このMiyoo miniの大成功にあやかろうとPowkiddyが強力な刺客「RGB10S」をリリースしました。

Whatskoで購入の際、クーポンコード「teru1122」を入力すると2%オフです!

Miyoo miniは、バーチカル(ゲームボーイ型)・・・つまり縦型の中華エミュレーターでしたが、今回レビューするPowkiddy RGB10S横型

RGB10S ポケットに入るゲーム機

RGB10という名前の通りPowkiddyのフラッグシップモデルとして、おそらく歴代上位の出来だと確信しています。

TERU

個人的に歴代1位はRGB10 MAXだと思ってます。

PowkiddyといえばXYABボタンのクオリティがオモチャみたいなのが伝統でした。

ボタンを押すたびにカチャカチャするのが「Powkiddyらしさ」だったのですが、本機はボタンのクオリティを大幅に改善し、かなり使いやすいモデルに仕上がった印象です。

RGB10S

今回、先行してサンプルをWhatsko様より提供していただきました。

海外通販から購入すると発送から受け取りまでに1か月以上かかる可能性があります。

目次

スペック

製品名 Powkiddy RGB10S
システムEmuelec(RetroArch搭載)
ディスプレイ3.5インチ TFT液晶
画面解像度480×320
SoCRK3326 1.5Ghz
RAM1GB DDR3L
ストレージ本体16MB+Micro SDカード(最大128GBまで使用可能)
大きさ143mm×65mm×16mm(実寸値)
重さ143g(実寸値)
バッテリー容量3,000 mAh(8時間程度)
充電USB Type-C
素材ABS樹脂
スピーカーモノラル
イヤホンジャック
バイブレーター×
Wi-Fi

RGB10Sは2020年~2021年まで多くの中華ゲーム機に搭載されてきたSoC「RK3326」を採用。

システムはRetro ArchでフロントエンドはEmuelecです。

powkiddy RGB10S サムネイル
UIがとても見やすい!

Androidベースのマシンが主流になってきてるなか、あえてEmuelecに回帰しているのがポイントです。

このサイズでAndroid搭載だったら最高ですが、そんなマシンを発売した日には24,800円の値札が貼られることになるでしょう。

「中華ゲーム機を収集するのが趣味」という方もいますよね?

TERU

ライバル機のMiyoo miniは縦型なので脇を締めてチマチマ遊ぶ感じですが、RGB10Sは横型なのでリラックスしてプレイできる点が気に入りました。

もっと小さい機種を探している人はRGB20もオススメ

あわせて読みたい
PowKiddy RGB20をレビュー 中華エミュレーターはついにポケット戦争に突入! 秋から続く新製品ラッシュと本業が多忙になりブログ更新をサボり気味な今日この頃です。 さて、今回は私の中華エミュレーターのスポンサーであるWhatskoさんより新製品...

YouTube動画はこちら

価格

Whatskoで購入の際、クーポンコード「teru1122」を入力すると2%オフです!

RGB10Sの価格は、Amazonで11,999円です。

通常、このスペックの中華エミュレーターは6,000円〜8,000円が相場価格でしたが、さまざまな要因がかさなって高騰傾向にあります。

TERU

ちなみにWhatskoさんから送ってもらったRGB10Sには64GBのmicroカードが付属しています。

いつものことですがWhatskoさんから購入すると付属のTFカードのなかに、たくさんのゲームROMが入ってます。

全部は見てませんが今回はNintendo 64のゲームがかなり充実していました。

ただしRom入りの中華エミュレーターは違法です。

必ず消去してから使用するか、新たにmicroカードを用意してEmuelecArk OSなどフロントエンドを焼いてから遊びましょう。

RGB10Sは128GBまでのmicroカードに対応しています。

中華ゲーム機の魅力

中華エミュレーター比較
  • 数万本のレトロゲームをポケットに入れてどこでも遊べる!
  • スマホゲームよりも本格的なゲームが遊べる!
  • レトロゲームは課金要素なし!
  • いろんなマシンがあるので収集していて楽しい!
  • フロントエンドをカスタムするのが楽しい!

中華エミュレーターは、人それぞれの楽しみ方ができるのがポイントです。

他にどんな中華ゲーム機があるか知りたい・・・

そのほか中華ゲーム機の魅力について下記のリンクで解説しています。

あわせて読みたい
【2021年版】中華エミュレーターカタログ あなたのおすすめゲーム機は? 近年、レトロゲームの良さが再評価され、Nintendo Classic Mini、ミニスーパーファミコン、ネオジオミニなど多数のハードが復刻されています。 しかし、1980年~1990年...

細部をチェック

もはや見慣れたセットになってきましたがこちらがRGB10Sの箱と付属品です。

中華ゲーム機ってメーカー名が違うけど実は全部同じ工場で作ってるんじゃないの?

と思っちゃいますよね。

RGB10S
本体

こちらが本体です。

電源を入れるとEmuelecが起動し上の写真のようなUIが表示されます。

デフォルトは英語ですが設定から日本語化も可能です。

もはや説明不要ですが下はファミコン、ゲームボーイ。

上はドリームキャスト、PSPまでこれ1台で遊べます。

RGB10S インターフェイス
上部

RGB10Sの上部の写真。

各ボタンの並び順は左から以下の通りです。

  • 電源ボタン
  • リセットボタン
  • TF(Micro-SD)カードスロット
  • データ用USB-C端子
  • 3.5mmオーディオジャッ
  • 充電用USB-C端子
  • Wi-Fi On/Offスイッチ

左から紹介

RGB10S 背面
背面

背面はツルツルで手触りのいいRGB10やRGB10 Maxと同じプラスチック素材です。

RGB10S ショルダーボタン
L1、R2ボタン
ボビー

L2,R2ボタンは何かに似ていると思いませんか?

そうです。

NintendoSwitch Liteのショルダーボタンと激似なんです。

RGB10S ショルダーボタン
ボタンの押し心地

このL2とR2ボタンは押すと真下に沈みこむと思いきや、外側に折れ曲がるような感じ。

通常のボタンよりもストローク量が増えるのでL2、R2を連打するようなシーンや瞬発力を求められる場面では少しつかいにくい印象でした。

RGB10S 底面
底面

底面と両サイドには何も付いてませんでした。

使い方

コンビネーションキーの使い方
  • ゲーム終了・・・セレクト+スタート
  • 音量調整・・・セレクト+↑↓
  • 新しく入れたゲームファイルの読み込み・・・セレクト+L1/R1
  • ROMファイルにアクセス・・・セレクト+←→
  • RetroArchにアクセス・・・セレクト+X
  • ゲームリセット・・・セレクト+B

アナログスティックとXYABボタンの上についている2つのボタンはデフォルト状態では使用しません。

キーコンフィグ画面でボタンを振り分けることができるようです。

使ってみた感想(Miyoo miniとの比較)

RGB10S
Mario Kart 64
TERU

Emuelecということで、ぶっちゃけ最初は、RGB10Sにまったく期待していませんでした。

でも実際にRGB10Sを開封してMiyoo miniと一緒に並べてみたところ同じようなサイズ感に感動してしまいました。

人によって縦型ゲーム機と横型ゲーム機は好き嫌いがハッキリ分かれますが、私の場合は絶対に本機のような横型でないと使いたくないです。

RGB10S ゲームボーイ

その理由は、RGB10Sのスペックの項目でもお伝えしましたが、縦型よりも横型のマシンの方がリラックスした姿勢でプレイできるから。

MIyoo Mini rom

いっぽう「画面解像度」に関してはMiyoo miniに軍配が上がります。

Miyoo miniの画面解像度は640×480(画面サイズは2.8インチ)。

これに対しRGB10Sの画面解像度は480×320(画面サイズは3.5インチ)。

RGB10Sの方が画面サイズが大きい。

でも単純に解像度を比較するとMiyoo miniのほうが優れており、3分の2程度の差があります。

操作性やサイズ感に関しては個人的にRGB10Sの方が好みですが、画面解像度の満足度はMiyoo miniの方が高いです。

TERU

結論!両方買え!以上!

Mario Kart 64とスーパーファミコンのマリオカートはCartridge Readerで吸い出しました。

あわせて読みたい
Cartridge Readerをレビュー レトロゲームを吸い出して名作を後世に残そう! コロナで自宅で過ごす時間が増えた結果、1980年代〜1990年代のいわゆる「レトロゲーム」が再評価されつつあります。 過去にファミコンやメガドライブといった、ゲームの...

ショルダーボタンが押しにくい

先に紹介した通り、XYABボタンの押し心地に関してPowkiddyにしてはかなり改善されていると思います。

でもショルダーボタンが押しやすいか?と聞かれたら「答えはノー」です。

L1/R1のボタンの反発具合は問題ありませんが本体をグリップした状態からショルダーボタンが押しにくいんです。

さらに正確にお伝えすると・・・

「ショルダーボタン(L1、R1)を押すときにグリップフォームを変える必要がある」

です。

RGB10S 中華ゲーム機
通常のフォーム
怪しい人

通常のフォームでショルダーボタンを押そうとすると人差し指の第二関節にあたります。

このフォームは特に問題ありません。

RGB10S 中華ゲーム機
ショルダーボタンを押すときのフォーム
TERU

ショルダーボタンを押すとき、両方の手首を外側に反らせないとショルダーボタンが指先に当たりません。

女役

大げさに感じるかもですが実際に使った人じゃないと分からない感覚です。

手が小さい子供や女性が使用するには全然問題ないとおもいますが、男性の場合フォームを変えるのにちょっと違和感を感じるかもしれません。

なのでLRをあまり多用しないゲームやそもそもショルダーボタンがなかったころのエミュレーターで遊ぶという使いかたが良いのかもしれません。

まとめ

RGB10S テトリス

RGB10Sのサイズ感が気に入っており、現状スタメンのマシンに昇格して使用しています。

もっと大画面で遊びたいという人は兄弟機種のRGB10 MAXもかなりおススメです。

肝心な動作ですがスーパーファミコン以下のゲームはサクサク動きますがそれ以上は処理落ちで起動しない物がありました。

とくにNintendo 64のエキサイトバイクやスマブラはゲームを起動してもスローリーで遊べるクオリティではありませんでした。

RK3326は3D処理が弱く次世代のSoCが渇望されています。

安易にAndroid機に置き換わるのもいいですが、中華ゲーム機はやはり独自OS、独自SoCでいい意味でのガラパゴスを目指していただきたいです。

TERU

Miyoo miniを持っている人はRGB10Sをゲットすることで両者の良さが分かり使い続けたくなること間違いありませんよ!

Whatskoで購入の際、クーポンコード「teru1122」を入力すると2%オフです!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次